その他

AMDは10月にドイツ最大の小売業者であるMindfactory.deでチョークホールドを保持

投稿日:

ドイツ最大の小売業者であるMindfactory.deの最新データは、2019年10月にAMDの支配的地位にほとんど変化がないことを示しています。

AMDのZenアーキテクチャは、2018年のごく初期にIntelの過半数のシェアを引き継ぎ、2年以上経っても、その支配的な地位にほとんど変化はありませんでした。

販売されたCPUの数の78%のシェアで、AMDがかつてそれほど競争力のなかった時代を想像することは困難です。

 

AMD Ryzen R5 3600 6 Core / 12 Threadsプロセッサーは、Mindfactory.deで2019年10月に最も人気のあるプロセッサーでした

AMD Matisse、またはRyzen 3000シリーズプロセッサは、CPUの市場シェアを獲得するのに本当に驚異的であることが証明されています。

AMDがIntelよりも明確なプロセスの優位性を持ち、下位ノードの規模の経済が活気づいている今、デビッドは今やゴライアスになっています。

AMDは、PC DIY業界でより多くのコアを備えたハイエンド製品の市場があることを示しています。これは、Intelが間もなく登場するCascade Lake X CPUですぐに再現したいと考えているものです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

IntelのCascade Lake X CPUは2019年11月25日に発売され、Intelのコアあたりの価格が50%削減されます。

この価格設定はAMDの第2世代のプロセッサーに勝るものではありませんが、王冠を取り戻す3950Xには及ばないでしょう。

とはいえ、50%の値下げにより、IntelのHEDTラインナップは、より高いクロックにプレミアムを支払う意思のあるDIYユーザーにとって再び競争力のあるものになります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

上記のグラフを見ると、Matisseの導入によりAMDの市場シェアが本当に急上昇していることがわかります。

これはとどめを刺すものであり、そして、戦いを再び勝ち、勝ち取った勝利から、際立った勝利へと変えました。

2017年以前と2019年以降のレベルとの対比は本当に驚くべきものであり、Lisa Suのリーダーシップへのオマージュです。

マインドファクトリーの完全なレポートを以下に示します。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

私の考えでは、Intelは値引きでその位置を改善できるはずです。

それは、プレイするマージンがはるかに多いためですが、プロセスノードに追いつくことができるまで、リーダーシップの位置を取り戻すことはできません。

それまでは、既存の市場シェアを維持したい場合は、値下げに積極的に取り組み、パフォーマンス/ $ポジションを改善する必要があります。

彼らの14nmプロセスは信じられないほど成熟しており、これは武器として使用することができます-しかし、必然的に起こる10nmのクロック速度が上がらないという問題のために移行を非常に困難にします。

また、Intelの10nmデスクトップ製品の発売に関してはあいまいな点もあるようで、Intelが直接7nmに移行することを決定する可能性があるという噂(未確認の噂)があります。

7nmはEUVに基づいており、10nmを修正するよりもはるかに簡単に見えるため、多くの角度からこれは理にかなっています。

言うまでもなく、失われたリードタイムの一部を改善するのに役立ちます。

以下は、10nmデスクトップのタイミングについてIntelが言わなければならなかったことです。

 

インテルは、リリース日を明確にして出版社に連絡しました。 10nmデスクトップチップは現在開発中ですが、デスクトップ製品の具体的なタイミングはまだ発表されていません。 ITワールドカナダ

ソース:wccftech - AMD Retains Chokehold In October At Germany’s Biggest Retailer: Mindfactory.de

 

解説:

ドイツの小売業者Mindfactory.deの売上レポートが出ました。

前回に引き続き、AMDがIntelに大差をつけて引き離しています。

特徴的なのはIntrel製品の販売個数自体はRyzen3000シリーズ発売前からあまり変わっていないことです。

AMDが売り上げを上げて、割合が変化しています。

これは、Intel製品の供給量が未だにが厳しいこと、AMD製品のコア数とスレッド数、そしてマルチスレッド性能が高く評価され、今まで購入していなかった層が購入しているのが主な理由だと思われます。

前回のレポートの時にもはっきり書きましたが、これは如何にIntel製品が市場を停滞させてきたかの証明となるものでしょう。

市場にはIntel製品でなければダメだという層が一定数いて、それらの層は何があってもAMD製品は購入しないと思います。

しかし、にもかかわらず、シェアでこれだけの差がつくのは、PC市場から離れていた人たちが購入しているとしか考えられません。

今までintelは自社の製品が市場の望むものとして商品展開を行ってきました。

AMDのRyzen3000シリーズはそれが間違いであったことを証明したことになります。

やはり、一強独裁というのは良い結果を生みません。

AMDが強力な商品を発売することによって自作PC市場そのものが膨らんだことが今回確認できたのですから、PCにかかわるすべての人たちにとってRyzen3000シリーズの発売は福音であったと思います。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.