GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERは、次世代Ampere GPUの遅延に伴い、2020年初頭に発売すると噂されています

投稿日:

うわさでは、NVIDIAが実際にフラッグシップ2020製品であるGeForce RTX 2080 Ti SUPERに取り組んでいることを示唆しているようです。

噂は、公式に導入される前にNVIDIAのGeForce RTX SUPERおよびGeForce GTX 16シリーズのラインナップの正確な仕様を以前に報告したTwitterユーザーKopite7kimiから来ています。

それでも、この物語には大きなひねりが加えられているので、読者には割り引いて読むことをお勧めします。

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERの発売は2020年第1四半期と噂されていますが、次世代Ampere GPUは遅れていますか?

TuringベースのGeForce RTXとNVIDIAの次世代Ampere GPUの両方に関する興味深い情報がいくつかあります。

NVIDIAが新しいGeForce RTX SUPERラインナップを発表したとき、彼らはRTX 2080 Tiが最高のゲームグラフィックスカードとして存続することを明確にしました。

カードが発売されてから1年が経過しても、ハイエンドのグラフィックスカードの王であり、近日中に競合が発生することはありません。

該当のツイートはありません。念のためにリンクは張っておきます。

しかし、AMDは2020年後半に独自のハイエンドNaviグラフィックカードをリリースする予定ですが、NVIDIAのTuringまたはAmpereと競合するのでしょうか?

歴史的に、NVIDIAは常にAMDのフラッグシップ製品に対する答えを持っています。

AMDが愛好家のRadeon RX 290XグラフィックスカードをGeForce GTX 780に対してリリースしたとき、NVIDIAはまったく待たず、数週間で答えとしてGTX 780 Tiをリリースしました。

Radeon R9 Fury Xのリリース前に、NVIDIAはフラグシップのGTX 980 Tiをリリースしました。これは、Maxwell GM200 GPUの非常に優れた効率とパフォーマンスのために、AMD製品が競合するのに苦労しました。

同様に、2017年にAMDがRadeon RX Vegaシリーズのハイエンドカードを発表しようとしたとき、NVIDIAは優れたパフォーマンスを提供するGTX 1080 Tiを発表しました。

しかし、RX Vega 64がGTX 1080ライバルであることが判明したため、NVIDIAは上位の「Ti」製品の価格を引き上げ、現在は1000ドル前後の小売価格を誇っています。

しかし、Turingを使用して、NVIDIAはRTX 2080 Tiを他のラインアップとともに発表し、発売前にハイエンドのAMDリリースが発生するのを待ちませんでした。

AMDが手持ちの適切なフラッグシップカードを持っていないこと以外にも理由があります。

RTX 2080は、未加工のパフォーマンスの点でGTX 1080 Tiと非常によく似ており、RTX機能はAAAタイトルで実装されるまで数か月待たなければなりません。

Turingカードの発売前に、NVIDIAが2080 TiをTitanクラスの製品としてリリースすることを計画していたという噂さえありました。

元のRTX 2080 Tiの発売は後日、たとえばSUPERシリーズの周辺で予定されています。

しかし、現在、RTX 2080 TiとTitan RTXの両方が存在し、それらは非常に異なるカードです。

Titan RTXは、両方のリファレンスバリアントを比較する場合、間違いなくより高速なカードですが、2080 Ti SUPERが発生するスペースがまだ残っています。

しかし、Turingを使用して、NVIDIAはRTX 2080 Tiを他のラインアップとともに発表し、発売前にハイエンドのAMDリリースが発生するのを待ちませんでした。

AMDがポケットに適切な旗艦カードを持っていないこと以外にも理由があります。

RTX 2080は、未加工のパフォーマンスの点でGTX 1080 Tiと非常によく似ており、RTA機能はAAAタイトルで実装されるまで数か月待たなければなりません。

Turingカードの発売前にはNVIDIAが2080 TiをTitanクラスの製品としてリリースする予定であり、元のRTX 2080 Tiの発売は後日、たとえばSUPERシリーズの周辺で予定されているという噂さえありました

しかし、現在、RTX 2080 TiとTitan RTXの両方が存在し、それらは非常に異なるカードです。

Titan RTXは、両方のリファレンス製品を比較する場合、間違いなくより高速なカードですが、2080 Ti SUPERが発生する余地はまだ残っているように見えます。

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER-期待すること

噂が事実であり、NVIDIAがGeForce RTX 2080 TiのSUPERバリアントを発売することを実際に計画している場合、カードから期待できるいくつかのことがあります。 まず、2018年9月に発売された2080 Tiは、導入から1年以上が経過したことを意味します。

最高のゲーミングカードとして存続しますが、消費者は常により多くを求めます。

SUPER RTXラインナップにより、ユーザーは同じ価格で優れたパフォーマンスバンプを得ることができ、RTXカードの購入を差し控えていたユーザーは、それを入手するより多くの理由がわかりました。

GTX 1080およびGTX 1080 Tiグラフィックスカードを使用している多くのゲーマーもいます。

RTX 2080 Tiのパフォーマンスアップグレードを購入するのに十分な理由とは考えていませんが、NVIDIAがRTX 2080 Ti SUPERをプッシュすることは非常に理にかなっています。

まず第一に、RTX 2080 Ti SUPERの仕様には、Titan RTXに搭載されているフルTuring TU102 GPUコアが搭載されています。

RTX 2080 Tiよりも高いクロックとわずかに高いTDPが付属します。

メモリは、両方のカードの主な差別化要因になります。 Titan RTXは、384ビットバスに沿って14 Gbpsでクロックされる24 GBのGDDR6メモリを備えています。

RTX 2080 Ti SUPERは、16 Gbpsで384ビットのバスに沿って実行される12 GBのGDDR6メモリ、または352ビットのバスインターフェイスに沿って実行される11 GBのGDDR6メモリの2つのルートを使用できます。

最上位のGeForceカードはしばらくの間メモリバスの削減を特徴としてきたため、後者の方がより妥当であるように思われますが、384ビットが発生する場合、それは確かにスーパーアップグレードになります。

GeForce RTX 2080 SUPERは完全な16 Gbpsダイをサポートしていませんでした。これは、AIBに余分な費用がかかるPCBの修正が必要だったためです。

購入者が新しいカードを購入する前に、カードの価格設定が重要な考慮事項になります。

NVIDIAは、SUPERラインナップで行ったことを行うと信じています。

ファウンダーズエディションの税(価格上昇)を排除し、RTX 2080 Tiの場合は999ドルであった一種類の小売価格にします。

NVIDIAは、Turingが1年以上生産されており、Turingカードに影響を与えるグラフィックユニットの供給制約がないため、それを購入する余裕があります。

NVIDIA GeForce RTX 20 SUPERラインアップ・仕様:

GPU
製品名
NVIDIA
GeForce
RTX 2060
NVIDIA
GeForce RTX
2060 SUPER
NVIDIA
GeForce
RTX 2070
NVIDIA
GeForce RTX
2070 SUPER
NVIDIA
GeForce
RTX 2080
NVIDIA
GeForce RTX
2080 SUPER
NVIDIA
GeForce
RTX 2080 Ti
アーキ
テクチャー
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU102)
製造
プロセス
12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイ
サイズ
445mm2445mm2445mm2545mm2545mm2545mm2754mm2
トラン
ジスタ数
106億106億106億136億136億136億186億
CUDA
コア数
1920 Cores2176 Cores2304 Cores2560 Cores2944 Cores3072 Cores4352 Cores
TMUs/ROPs120/48136/64144/64184/64192/64192/64288/96
GigaRays5GigaRays/s6GigaRays/s6GigaRays/s7GigaRays/s8GigaRays/s8GigaRays/s10GigaRays/s
キャッシュ4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
6 MB
L2 Cache
ベース
クロック
1365 MHz1470 MHz1410 MHz1605 MHz1515 MHz1650 MHz1350 MHz
ブースト
クロック
1680 MHz1650 MHz1620 MHz
1710 MHz OC
1770 MHz1710 MHz
1800 MHz OC
1815 MHz1545 MHz
1635 MHz OC
演算能力6.5 TFLOPs7.5 TFLOPs7.5 TFLOPs9.1 TFLOPs10.1 TFLOPs11.1 TFLOPs13.4 TFLOPs
搭載メモリ
種類・容量
6 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
11 GB
GDDR6
メモリ速度14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps15.50 Gbps14.00 Gbps
メモリ
バス幅
192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit352-bit
メモリ
帯域幅
336 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s496 GB/s616 GB/s
補助電源
端子
8 Pin8 Pin8 Pin8+6 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
TDP160W175W185W
(Founders)
175W
(Reference)
215W225W
(Founders)
215W
(Reference)
250W260W
(Founders)
250W
(Reference)
発売時
価格
$349 US$399 US$499 US$499 US$699 US$699 US$999 US
価格
(Founder’s Edition)
$349 US$399 US$599 US$499 US$699 US$699 US$1,199 US
発売2019年1月2019年7月2018年10月2019年7月2018年10月2019年7月2018年9月

現在、このニュースを聞いている主な理由は、業界のインサイダーと専門家が、NVIDIAの次世代Ampere GPUが2020年末または2021年初頭までに発売されないと予想しているためです。

これは、NVIDIAが2020年の新しい主要な発売予定製品を持たないため、AMDがハイエンド側でリリースしなければならないものに対応するために、スーパーチャージされたRTX 2080 Tiを提供する可能性があることを意味します。

RX 5700 XTとGeForce RTX 2080 Tiのパフォーマンスの違いはすでに非常に大きいことを考えると、ハイエンドのNaviカードは、RTX 2080 SUPERと競合するのに苦労することさえあります。

該当のツイートはありません。念のためにリンクは張っておきます。

同じソースはまた、GA101として知られるNVIDIAのAmpereベースのGPUの1つがキャンセルされたと主張しています。

このGPUの詳細はわかりませんが、ソースは先に、それがトップGA100 GPUコアの小さなバリアントであると述べています。

GA100の半分と言われており、伝えられるところでは、3072ビットのバスインターフェイスと、550億個のトランジスタ、6スタックのHBMからの2304 Gbpsの帯域幅速度、約800mm2のダイサイズがあると噂されているGA100と比較して、はるかに小さいダイを備えています。

また、Ascii.jpの上級編集者である大原雄介は、Ampereのリリースについて独自の理由を提供しています。

NVIDIAがどの半導体企業を選択するかを特定することはできませんが、サムスンとTSMCの両方とは良好な関係があります。

最近のレポートは、NVIDIAがSamsungに移行し、Ampere GPUに高度な5LPE EUVプロセスを使用する計画を持っていることを指摘していますが、それはまだ見られません。

 

 

サムスンの最新の5nm製品のテープアウトロードマップでは、ネットワーキング/コンピューティングセグメントでテープアウトが1つだけ発生したことが示されています。

これは確かにNVIDIA Ampereかもしれませんが、2020年にもいくつかのテープアウトが計画されています。

Ampereの全体的な状況は明確ではありませんが、すぐに発売されることを期待しないでください。

来年GTC 2020でAmpereのアップデートを入手するかもしれませんが、それは私たちがこれまでに知っているすべてです。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER Rumored To Launch In Early 2020 As Next-Gen Ampere GPUs Delayed

 

解説:

RTX2080Ti Superはあるのか?

私が主に翻訳しているソースとしてTechpowerupは無い派、wccftechは有る派です。

私自身はRTX2080Ti Superは無い派です。

そう思う理由は30万円以上するするTitanRTX以上の仕様のGPUをRTX2080Ti Superとして出すのは無理がありすぎると思うからです。

30万以上するGPUより上の仕様のGPUを高くても18万程度で発売するのは、さすがに問題があるのではないかと思います。

ただし、来年のNavi12は私の予想では4096SPであり、またNavi20系列も控えている上に、intelもGPUを出します。

ここでnVidiaが全く何もしないというのはあり得ないでしょう。

訳文中にリンクを貼ってあるアスキーの記事はRTX3000シリーズは2021年になるとされており、2020H1に出るAmpereはNext Voltaではないかと推測しています。

日本のメディアは情報があまり早いとは言えないですが、海外のメディアと比較すると信ぴょう性はそれなりに高いですので、こちらが正解なのかなとも思います。

また、文中のツイートはすべて消されており、やはりこのRTX2080Ti Superに関しては疑わしいと言わざるを得ないです。

RTX2080Tiに関してはゲーム向けGPUとして、同等以上の性能のGPUは今のところありません。

Navi12の4096SPも私が勝手に予想しているだけです。

よって無理矢理新しいGPUを出す必要があるのかなとも思います。

もし、2020年Q1にRTX2080Ti Superがあるならば、来年1月頭のCESで発表があると思います。

それまでは確定できませんね。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.