CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3970Xおよび3960Xの小売価格が確定、1907ドルで32コア、1340ドルで24コア–最大4.5 GHzのブースト、280W TDP、128 MBキャッシュ

投稿日:

AMD Ryzen Threadripper 3970Xおよび3960Xの最初の公式価格は、情報源から直接確認されています。

価格は小売業者および卸売業者に固有のものであるため、AMDのMSRPを代表するものではありませんが、新しいThreadripperの価格が発売される時点でのアイデアを提供します。

価格に加えて、インテルのXシリーズのラインナップに対して理想的な位置にあると思われる両方のチップの仕様についても確認を受けました。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コアが1907ドル、Ryzen Threadripper 3960Xが1340ドル、小売業者固有の価格が流出

彼は最初の公式AMD Ryzen Threadripper 3970Xおよび3960Xの価格を当社の情報源から直接確認しています。

価格は小売業者および卸売業者に固有のものであるため、AMDの小売価格を代表するものではありませんが、新しいThreadripperの価格が発売される時点での考慮するポイントを提供します。

価格に加えて、インテルのXシリーズのラインナップに対して理想的な位置にあると思われる両方のチップの仕様についても確認を受けました。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コアが1907ドル、Ryzen Threadripper 3960Xが1340ドル、小売業者固有の価格が流出

公式データから始めるために、第3世代AMD Ryzen Threadripper CPUが本日発表されていることを確認できます。

Ryzen Threadripper 3000シリーズとそれぞれのTRX40マザーボードが公開されると、禁輸措置は午前9時(EST)に数時間で解除されます。

これは発表であるため、情報と製品写真のみがリリースされます。

実際の「店頭販売」は、11月25日の午前9時(EST)に解禁されます。

これにより、消費者は新しいAMD Ryzen ThreadripperとTRX40シリーズのマザーボードの両方を小売店で購入できるようになります。

繰り返しになりますが、以前の禁輸措置のリークが詳細であったように、Ryzen Threadripper CPUの最初のラインアップには、Ryzen Threadripper 3970XとRyzen Threadripper 3960Xが含まれます。

AMDの第3世代Ryzen Threadripperパッケージは本日よりVideocardzによってリークされ、次世代のHEDT CPUの別の素晴らしいデザインが明らかになりました。 (画像クレジット:Videocardz)

両方のプロセッサが本日発表されますが、Ryzen Threadripper 3990Xの覆面広告もリリースされます。

ラインナップのフラッグシップは、2020年1月まで適切な発表はありませんが、32コア以上を必要とする人は、AMDのCPUの性能が後日向上することに気付くでしょう。

昨日見た小売パッケージには、ヒートシンクファンはありません。 AMD Ryzen Threadripper 3970X(AMD 100-100000011WOF)およびRyzen Threadripper 3960X(AMD 100-100000010WOF)の詳細はすべて説明します。

仕様に関しては、Ryzen Threadripper 3970Xは32コア、64スレッド、128 MBのL3キャッシュ、280 WのTDPを備えています。

プロセッサには最大4.5 GHz(シングルコア)のブーストクロックがあります。

同様に、AMD Ryzen Threadripper 3960Xは、24コア、48スレッド、128 MBのL3キャッシュ、280 WのTDPを備えています。

3960Xの最大クロック速度は4.5 GHz(シングルコア)です。

基本周波数はまだ詳細に説明されていませんが、近々それらについても知ることができます。

両方のプロセッサーは、sTRX4ソケットTRX40マザーボードでのサポートを特長とし、最大128の第4世代PCIeレーンも可能にします。

AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):

CPU名コア数スレッド数旧モデルベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
(USドル)
発売
AMD Ryzen
Threadripper
3990X/WX
64 Core128 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2990WX
(32 Core /
64 Thread)
不明不明不明-280W$2399 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3980X/WX
48 Core96 ThreadN/A不明不明不明-280W$1999 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3970X/WX
32 Core64 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2970WX
(24 Core /
48 Thread)
不明不明不明-250W$1499 US?2019年11月
AMD Ryzen
Threadripper
3960X
24 Core48 ThreadN/A不明不明不明-250W$1340 US?2019年11月

 

価格については、Ryzen Threadripper 3970Xの価格は1907 USドル、Ryzen Threadripper 3960Xの価格は1340 USドルです。

これらの卸売価格は通常小売価格よりわずかに高いですが、実際の価格にかなり近いため、3960Xの価格は1300ドル前後になり、3970Xの価格は1900ドル前後になります。

Ryzen Threadripper 3rd Genシリーズの公式ローンチポストとTRX40マザーボードのまとめについては、本日後半に必ずお知らせします。

AMDが16コアのRyzen 9 3950Xを749ドルで価格設定していることを考えると、価格設定は昨日流出したものよりも意味があります。

インテルの14コアと18コアの第10世代Xシリーズの部品と競合する理想的な位置にあるため、手元でより多くのパフォーマンスを提供するRyzen Threadripperシリーズにも価格を設定する必要があります。

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「CastlePeak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

ファミリは、パフォーマンスと全体的な効率の新しい透かしであることが証明されますが、新しいプラットフォーム機能は、修正されたソケットと新しいチップセットを搭載すると噂されている新しく強化されたsTRX4マザーボードに導入されます。

現在、レポートでは、愛好家とワークステーションチップ用の2つの独立したプラットフォーム、TRX40とWRX80があると述べています。

これらのプラットフォームの詳細を以下にリストします。

AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャンネルメモリ、チャンネルあたり2 DIMM、チャンネルあたり最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。

これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

 

AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。

このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、UDYMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートするEPYC 7002製品と同様の仕様です。

プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。

TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。

WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサは、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

 

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

ファミリー
ネーム
AMD 第一世代
Ryzen Threadripper
AMD 第二世代
Ryzen Threadripper
AMD 第三世代
Ryzen Threadripper
アーキ
テクチャー
Zen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163264?
最大CPU
スレッド数
3264128?
PCIe
サポート
PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
6464128?
最大 L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB?
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB?
ソケットTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を維持することを考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加されたクロック速度でのみ良くなる、驚くべき量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。

CPUも大きなコア増加をしますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

これまでに確認したリーカーパフォーマンスベンチマークの一部では、32個コア製品が、パフォーマンスが平均35%の既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コアチップよりも最大70%高速化されました。

AMD CEOのDr.Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流れている噂はは非常に興味深いです。Threadripperを継続しないと言ったことはないと思います。

Suは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「あなたは[Threadripper]を今後も見ることになるでしょう。それは間違いありません

メインストリームの性能が上昇している場合、Threadripperはより上昇する必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PC Worldより

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコア数を備えた新しいプロセッサーは、ほぼ同じ価格で、以前の価格から200ドルから300ドル安くなっていることがわかりました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品はまったく別の市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xの競合製品よりもはるかに安価でした。

Intelは、今後のCore-XシリーズはSkylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスを備えたはるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、実際のベンチマークとレビューはまだ確認できません。

未加工のパフォーマンス出力に関しては、新しいダイレイアウトのテストが必要ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります
AMDは間違いなく、新しいチップでLGA 2066とLGA 3647の両方のラインを目指します。

新しいCPUは11月の終わり頃に小売店での販売を目指しているので、スレッドリッパーのニュースをお届けしますのでお楽しみに!

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3970X & 3960X Retailer Prices Confirmed, 32 Core For $1907 & 24 Core For $1340 US – Up To 4.5 GHz Boost, 280W TDP, 128 MB Cache

 

解説:

32コア64スレッドが1200ドル・・・なわけないよねー(笑

かなり信ぴょう性の高い価格のリークが出ました。

まあ、本日の23時になると解禁されるので今からのリークはあまり意味がありませんがここまで追っかけてきましたので一応記事にします。

32コア64スレッドの 3970Xが$1907 1ドル110円換算で209770円(税抜き) 1ドル130円(3900X相当)で247910円(税抜き)

24コア48スレッドの 3960Xが$1340 1ドル110円換算で147400円(税抜き) 1ドル130円(3900X相当)で1740200円(税抜き)

です。

極めてまっとうな価格で波乱は起きませんでしたねー(笑

Intelにはこの仕様に対応するモデルがありませんので仕方ないと言えば仕方ありませんが、あまりに順当すぎる価格で前回のリークで少し興奮した熱が冷めてしまいました(笑

また、ブーストクロックが4.5GHzとなっているのですが、Threadripperは伝統的にノーマルRyzenの+100MHzブーストクロックなので、4.8GHzではないのかなと思います。

コア数が多いのでクロックが下がったのですかね。だとしたらがっかりです。

基本的にThreadripperに使われているダイは選別品中の選別品ですから、もうちょっと頑張ってほしかったというところです。

AMDは省電力周りがIntelと比較すると弱いです。

旧Threadripperのアイドル時消費電力もかなり高いので、大食らいの特性は変わってないんですかね。

基本的につけっばにする用途にThreadripperは向いてませんでした。

新型はどうなりますかね。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.