GPU情報

GALAX GeForce RTX 4090 Serious Gaming Graphics Cardの写真、クアッドファン冷却のクアッドスロット。

投稿日:

GALAX GeForce RTX 4090グラフィックスカードは、4連ファンを搭載したクアッドスロットクーラーを採用した、非常識なカスタムデザインになる予定です。

GALAX、次世代GeForce RTX 4090 Serious Gamingグラフィックスカードにクアッドスロット&クアッドファンデザインで本気を出す

Videocardzによってリークされた写真では、NVIDIAのGeForce RTX 40グラフィックスカードに組み込まれるGALAXの次期Serious Gamingデザインの最初の外観を得ることができます。

Serious Gaming または SG シリーズは、GALAX のラインアップの中でエントリーレベルのデザインであり、上位の HOF バリエーションを含むよりハイエンドなデザインに続いています。

このモデルは、その堅牢さを考えると、GeForce RTX 4090グラフィックスカード用と思われる。

カード本体を見ると、GALAXは、前世代のカードで見られたデュアルまたはトリプルスロット設計からの出発であるクアッドスロット冷却ソリューションに頼っていることがわかります。

GeForce RTX 4090 SGは、前面に3つのファンを保持し、1-Clip技術によって背面に別のファンを搭載しています。

このカードには、PCBを超えるバックプレートとシュラウドが付属しており、GALAXが前面と側面だけでなく、背面のファンにもRGB処理を施していることがわかりますが、これはいい感じです。

他の詳細については、GALAX GeForce RTX 4090 Serious Gamingは、単一の16ピン電源コネクタを揺することになります。

カード全体は実に肉厚に見え、もう1つの注目すべき点は、トップモデルにNVLINKコネクターがないことで、これは、他のリークモデルでも見られたことです。

GALAX GeForce RTX 4090 SGは、シュラウドの下に非常に印象的なヒートシンクを備えており、このカードが来週公式に公開されるときに、それを解剖するのが待ち遠しいです。

https://twitter.com/galaxyus/status/1570412605281554432?ref_src=twsrc%5Etfw

GALAXもGeForce RTX 40カードのパッケージは、RTX 4090 SGのものはイカゲームをイメージしたような感じですが、より本格的なパッケージで帰ってきていますね。

NVIDIA GeForce RTX 4090の「予想される」スペック

NVIDIA GeForce RTX 4090は、144個のSMのうち128個のSMを使用し、合計16,384個のCUDAコアを搭載する予定です。

96MBのL2キャッシュと合計384個のROPを搭載し、まさに正気の沙汰とは思えないGPUとなるが、RTX 4090がカットダウンデザインであることを考えると、L2やROP数が若干少なくなる可能性がある。

クロックはまだ確定していませんが、TSMC 4Nプロセスが採用されていることを考えると、2.0~3.0GHzのクロックが予想されます。

メモリのスペックとしては、RTX 4090は24GBのGDDR6Xを搭載し、384ビットバスインターフェースで21Gbpsの速度でクロックされると予想されています。

これは、最大1TB/sの帯域幅を提供することになります。

これは既存のRTX 3090 Tiグラフィックスカードと同じ帯域幅で、消費電力に関しては、TBPは450Wとされており、TGPはそれよりも低くなる可能性があるということです。

このカードは、最大600Wの電力を供給する1つの16ピンコネクタで駆動する予定です。

RTX 3090 Tiで見られたような500W以上のカスタム設計が登場する可能性もある。

RTX 4080とRTX 4070グラフィックスカードを含むNVIDIA GeForce RTX 40シリーズグラフィックスカードは、RTX 4090以外の最初のグラフィックスカードとして、ゲーマーに発売される予定です。

RTX 4090は、今のところ10月22日に発売される予定ですが、今月末のNVIDIAのGTCキーノートで発表されると予想されています。

各ベンダーはGeForce RTX 4090のデザインを準備しており、こちらでもすでにいくつかのGigabyteモデルのリークとリストアップを確認しました。

ソース:wccftech - GALAX GeForce RTX 4090 Serious Gaming Graphics Card Pictured, Quad-Slot With Quad-Fan Cooling

 

 

 

 

解説:

世界よ、これが4スロットだ

遂に具体的なモデルの写真が公開されるようになりました。

これが驚異の4スロットGPUです。

棚の上に置いておいて、頭の上に落ちてきたら死ぬかもしれません。

日本は地震が多いですから、購入される方は注意してください。

そのほかにも足の上にうっかり落とすと足の指を骨折して入院は確実です。

かなりの危険物なので、取り扱いには注意してください。

 

冗談はこのくらいにしておきます。

写真の時点でかなりの厚みを感じます。

実際に見ると物凄い迫力なんでしょうね。

多分買えないですが。

20万円以下なら買うかもしれませんが、まあ、まず無理でしょう。

購入される方は争奪戦頑張ってください。

RTX4000シリーズの噂が出る少し前に冗談で「今度は4スロットになるかもしれない」と書いたのですが、本当に4スロットGPUが発売されるとは当時は全く思いませんでした。

ここからはジョークです。

この調子でいくとRTX5090はTDPは1500W必要になるかもしれませんよ。(苦笑

GPUとマザーボードでそれぞれ別の電源が必要になり、ケースが電源を2つ搭載可能なExtraATX、通称ETXケースと言うのが必要になるかもしれません。

GPUは液冷前提で、液冷のプレートのみ付属で、ラジエーターは120mmのファン1個分の長さにつき、クロック何GHzとレギュレーションが決まるかもしれません。

120mmファン6個搭載の600mmラジエーターだと10GHzまで動作、とかになったら大変ですね。

まあ、冗談ですけどw。

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.