CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コア$1999および3960X 24コア$1399 CPU 最大4.5 GHzブースト 公式アナウンス– TRX40 プラットフォーム用の次世代HEDTチップ

更新日:

AMDは本日、Ryzen Theadripper 3970XおよびRyzen Threadripper 3960Xを含む次世代のRyzen Threadripperプロセッサーを正式に発表します。

最新のZen 2コアを搭載し、最も要求の厳しいアプリケーション向けに調整された最新のThreadrippersは、ゲームおよびマニア向けのアプリケーションワークロードの両方に対応できます。

 

AMDは、32コアのRyzen Threadripper 3970Xを1999ドルで、24コアのRyzen Threadripper 3960Xを1399ドルで公式に発表します。

Ryzen Threadripperシリーズの最初の2回の登場では、大量のコアと2倍のスレッドが詰め込まれ、衝撃と畏敬の念を抱きました。

第一世代のRyzen Threadripperシリーズは、Ryzen Threadripper 1950Xの形式の非常識な16コアと32スレッドモンスターを提供しました。

HEDT市場では見たことのないもので、Intelは18コアと36スレッドCPUであるCore i9-7980XEの形式で独自の回答をリリースしました。

しかし、Intelのコア数レースでの最初のスポットは短命であり、AMDはRyzen Threadripper 2990WXプロセッサで32コアと64スレッドを特徴とするThreadripperラインアップの第2弾をリリースしました。

繰り返しになりますが、Intelは最善を尽くそうとしましたが、AMDが提供できたコア数に追いつくことができませんでした。 Intelは、Xeon W-3175Xとして知られる28コアと56スレッドチップしか提供できませんでした。

しかし、AMDはコアカウント戦争だけでなく、32コアチップの価格がIntelの主力製品に比べて1000ドル安くなっていたため、価格競争にも勝ちました。

現在、AMDはRyzen Threadripperファミリーの第3弾を正式に発表しました。

繰り返しになりますが、AMDは、Zen +よりも最大15%優れたIPCを提供し、Romeとして知られるAMDの第2世代EPYCラインナップで最初に導入された独自のチップレットアーキテクチャを備えた7nm Zen 2コアを利用することで、Threadripper製品のパフォーマンスを高めています。

本日発表予定の2つのパーツは、Ryzen Threadripper 3970Xと3960Xです。これらの仕様の詳細は以下のとおりです。

AMDはCPUアーキテクチャに大幅な変更を加え、第1世代のZenアーキテクチャの2倍のスループットを実現しています。

主なポイントには、完全に再設計された実行パイプライン、浮動小数点レジスタを256ビットに倍増した主要な浮動小数点の進歩、ロード/ストアユニットの帯域幅の倍増などがあります。

Zen 2の主要なアップグレードの1つは、コア密度が2倍になったことです。

これは、現在、各コアコンプレックス(CCX)が2倍のコア数になっていることを意味します。

  • 改善された実行パイプライン
  • 2倍の浮動小数点(256ビット)およびロード/ストア(2倍の帯域幅)
  • 倍のコア密度
  • 操作あたりのエネルギーの半分
  • 改善された分岐予測
  • 命令の事前フェッチの改善
  • 再最適化された命令キャッシュ
  • より大きなOpキャッシュ
  • ディスパッチ/リタイア帯域幅の増加
  • すべてのモードで高スループットを維持

各Threadripperプロセッサは、第2世代Infinity Fabricを介してプロセッサの中央ハブとして機能するI / Oダイと相互接続された8つのZen 2ダイで構成されています。

各プロセッサには、パッケージ全体で合計320億個のトランジスタが搭載されており、これまでに開発された中で最も密集したチップ設計の1つとなっています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970X-32 Zen 2コア、64スレッド、1999ドル

AMD Ryzen Threadripper 3970Xは、2019年で最も強力なハイエンドコンシューマーデスクトッププロセッサーです。

32コアと64スレッド、128 MBのL3キャッシュを備えています。

プロセッサは、3.7 GHzベースおよび4.5 GHzブーストでクロックされます。

プロセッサは、先月お話しした巨大なPCHダイから直接来る64 Gen 4 PCIeレーンも備え、さまざまなメーカーの最新のTRX40マザーボードラインアップに搭載されているsTRX4ソケットでサポートされます。

プロセッサは280WのTDPを搭載し、11月25日に1999ドルの価格で発売されます。

AMD Ryzen Threadripper 3970Xのスレッド数はThreadripper 2990WXと同じですが、新しいCPUは7nm Zen 2コアアーキテクチャに基づいており、シングルコアに最適化されたワークロードだけでなく、マルチスレッドアプリケーションでも大きなメリットが期待されます

プロセッサは多くのパワーを1つのチップに積み重ねた独自のモンスターであり、多くのメガタスク愛好家が興奮するはずのセミプロPC /ワークステーションのビルドを真に実現します。

 

AMD Ryzen Threadripper 3960X-24 Zen 2コア、48スレッド、1399ドル

AMD Ryzen Threadripper 3960Xは、最初のRyzen Threadripper CPUラインアップの一部である2つのチップの2番目です。

プロセッサは24コアと48スレッドを備えています。

このチップは、3970Xと同様に、128 MBのキャッシュ、128個のPCIe Gen 4.0レーン、280WのTDPを備えています。

クロック速度の定格は、3.8 GHzベースおよび4.5 GHzブーストです。

Ryzen Threadripper 3960Xは、Ryzen Threadripper 2970WXを以前のチップよりも100ドル高い1399ドルの価格で置き換えますが、シングルおよびマルチスレッドアプリケーションでより多くのパフォーマンスを提供します。

AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):

CPU名コア数スレッド数旧モデルベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
(USドル)
発売
AMD Ryzen
Threadripper
3990X/WX
64 Core128 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2990WX
(32 Core /
64 Thread)
不明不明不明-280W$2399 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3980X/WX
48 Core96 ThreadN/A不明不明不明-280W$1999 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3970X/WX
32 Core64 ThreadAMD Ryzen
Threadripper
2970WX
(24 Core /
48 Thread)
3.7GHz4.5GHzL2 16MB
+L3 128MB
-250W$1999 US2019年11月25日
AMD Ryzen
Threadripper
3960X
24 Core48 ThreadN/A3.8GHz4.5GHzL2 12MB
+L3 128MB
-250W$1399 US2019年11月25日

AMD sTRX4ソケットおよびTRX40マザーボードプラットフォーム

すべての第3世代Ryzen Threadripperプロセッサーには、TRX40として知られる新しいプラットフォームが付属します。

このプラットフォームは、TR4ソケットの改訂版である新しいsTRX4ソケットに基づいていますが、第3世代のThreadripperラインアップのみをサポートするための新しい電気ピン管理が追加されています。

TRX40 HEDTプラットフォームは、クアッドチャネルメモリ、チャネルごとに2つのDIMM、最大256 GB(EEC)の容量のUDIMMメモリをサポートします。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

それぞれのTRX40マザーボードの詳細については、こちらのまとめをご覧ください!

未加工のパフォーマンス出力に関しては、新しいダイレイアウトのテストが必要ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります

AMDは間違いなく、新しいチップでLGA 2066とLGA 3647の両方のラインを目指しています。

新しいCPUは11月25日に小売販売を目指しているので、第3世代Threadripperファミリーの詳細情報とパフォーマンスプレビューを掲載していますので、ご期待ください。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3970X 32 Core $1999 & 3960X 24 Core $1399 CPUs Official – Next-Gen HEDT Chips For TRX40 Platform, Up To 4.5 GHz Boost

 

解説:

正式発表前にすべて確定(笑

第三世代Threadripper3970Xと3960Xの価格・仕様が全て確定しました。

発売日はかねてから言われていた通り11月25日です。

この日に発売延期になっていた3950Xも発売されます。

ブーストクロックは4.5GHzという残念仕様ですが、PBOを使えば冷却能力の分だけOCしてくれるんでしょうね。

価格はやはり20万越え、3970Xで日本価格は25万円くらいだと思います。

64コア128スレッドは安くとも32万円程度、多分40万円以上になると思います。

もはや人外の領域ですね(笑

この価格でもライバルがいないので求める人はいるでしょうね。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.