GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 4090グラフィックスカード用GPU「AD102 "Ada"」をこれまでに10万枚出荷

投稿日:

昨日はAMD RDNA 3の発表会に注目していましたが、たまたまNVIDIAがGeForce RTX 4090グラフィックスカード用にこれまで生産してきたAD102 GPUの総数という数字も入ってきていました。

NVIDIAのGeForce RTX 4090グラフィックスカード用に出荷されたAD102 "Ada" GPUの数は10万個である。

NVIDIA GeForce RTX 4090グラフィックスカードは、ちょうど1カ月ほど前に発売され、その後、米国で1500ドルを超える価格にもかかわらず、多くの消費者に購入されています。

しかし、我々はこれまでに出荷されたGPUの全数を把握しています。

これは、GPUの総生産数でも販売された数でもなく、RTX 4090の設計を準備するためにパートナーに出荷された数であることに注意してください。

我々の情報筋によると(そして今、Chi11eddogによってさらに確認された)、この数字は10万台で、それよりも若干多いと言われている。

新発売で10万個というのはかなり大きな数字で、それも真新しいTSMCの4Nプロセスノードで。

GeForce RTX 4090は在庫が限られると噂されていたが、どうやらそうではないようだ。

NVIDIAが生産能力の一部をサーバー用チップにシフトした可能性はありますが、完全に在庫を制限するというのは嘘としか言いようがありません。

小売店では複数のグラフィックスカードが販売されており、発売初週はスキャルピングの状況がひどかったが、現在はそのほとんどが過去のものとなっている。

NVIDIA GeForce RTX 4090の「公式」スペック

NVIDIA GeForce RTX 4090は、144個のSMのうち128個のSMを搭載し、合計16,384個のCUDAコアを搭載しています。

メモリスペックとしては、GeForce RTX 4090は24GBのGDDR6X容量を搭載し、384bitバスインターフェイスで21Gbpsの速度でクロックアップされる予定です。

これにより、最大で1TB/sの帯域幅を実現します。

これは既存のRTX 3090 Tiグラフィックスカードと同じ帯域幅で、消費電力に関しては、TBPは450Wとされている。

カードの電源は16ピンコネクタ1つで、最大600Wの電力を供給します。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ公式スペック:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080 16G
NVIDIA GeForce
RTX 4080 12G
GPU名Ada Lovelace
AD102-300
Ada Lovelace
AD103-300
Ada Lovelace
AD104-400
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4N
ダイサイズ608mm2378.6mm2294.5mm2
トランジスタ数760億459億358億
CUDAコア数16,3849,7287,680
TMU数 /
ROP数
512 / 176320 / 112240 / 80
Tensor /
RT コア数
512 / 128304 / 76240 / 60
ベース
クロック
2230 MHz2210 MHz2310 MHz
ブースト
クロック
2520 MHz2510 MHz2610 MHz
FP32演算性能83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs
RT TFLOPs191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs
Tensor-TOPs1321 TOPs780 TOPs641 TOPs
メモリ容量
・種類
24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit256-bit192-bit
メモリ速度21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps
メモリ帯域幅1008 GB/s736 GB/s504 GB/s
TBP450W320W285W
価格(希望小売
価格 / FE版)
$1599 US$1199 US$899 US
発売時期2022/10/122022/11/16キャンセル

 ソース:wccftech - NVIDIA Has Shipped 100,000 AD102 “Ada” GPUs For GeForce RTX 4090 Graphics Card So Far

 

 

 

 

解説:

nVidia、RTX4090を全世界10万台出荷

凄いですね。$1599、日本円で298,000円の高額商品が瞬く間に10万台売れるというのは驚きです。

日本にはまだ二次出荷分は入ってきていないと思いますが、もうしばらくすれば、入ってくるようになるでしょう。

10万台というのはおどろきの数字ですが、アメリカ人の感覚では1ドル100円程度でしょうから、1599ドルは日本の感覚で言うと159,800円程度でしょう。

これを言うと気分を害する人が一定数いるのですが、それだけ日本は貧しくなったということです。

円安や経済の停滞が続く日本と欧米では感覚が全く違うということになります。

Q4はクリスマスシーズンがあり、小売業の20%の売り上げをたたき出しています。

※ 欧米のクリスマス商戦はブラックフライデーと呼ばれる11月第4週からの1か月間前後を指します。

新製品を発売するときに今の時期を逃すというのはあり得ません。

RTX4070が準備されているとしたら12月中のギリギリ年内に発売される可能性も0ではないのかなと私は考えています。

RTX4070はアッパーミドルクラスの製品で売り上げが最も大きくなるモデルの一つだからです。

話をRTX4090に戻しますが、30万円近い価格にも関わらずこれだけの売り上げを上げるのは、Geforceがゲーム用のGPUのみならず、ホビーレンダリングやAI、プロ配信者などが広く求めているからでしょう。

この付加価値の高さに割って入るのは容易ではないと思います。

この牙城を突き崩せるとしたら、やはりIntelのARCだと思います。

今はまだパッとしませんが、第二世代以降で化けるのかどうか注目です。

 

 

 

 

nVidia RTX4090(Amazon検索リンク)

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/11/26 05:02:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/11/26 05:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/11/26 05:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.