CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3970X 32コア64スレッドCPUが約1200ドルにてオンラインでリストアップされ、Ryzen Threadripper 3960Xも発見されました

更新日:

AMDのRyzen Threadripper 3000シリーズプロセッサは小売店に登場し始めました。

これは、昨日報告されたように、発売が実際に近いことを意味します。

24コアのRyzen Threadripper 3960Xと32コアのRyzen Threadripper 3970Xを入手する最初のラインナップは、公式の小売り価格に近い仮の値札とともにオンラインショップでリストされています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3970XおよびThreadripper 3960Xはオンラインショップでリストされています-32コア製品価格は約$ 1200 US(仮の価格)

昨日、AMDが発表を11月5日の元の日付から少し遅らせたという更新を既に受け取りました。

これは、AMDが「Meet The Experts」ウェビナーをキャンセルしたときにさらに確認されました。

これは、スケジュールどおりに行われなかった発表の翌日(6日)に開催される予定でした。

ともかく、新しい発表日は明日である11月7日に設定されていると伝えられています

したがって、新しいAMD Ryzen Threadripperの第3世代CPUと、次世代のHEDTプロセッサラインを収容する「sTRX4」ソケットを備えたTRX40シリーズマザーボードについて、最初の公式の見解を期待しています。

 

AMD Ryzen Threadripper CPUをリストした2つの小売店は、ベトナムと南アフリカに拠点を置いています。

Wootwareとして知られる南アフリカの小売業者は両方のプロセッサーをリストしましたが、その後サイトから削除されました。

Quasar Zoneは、両方のチップのプレースホルダー仕様を含む製品ページを取得しました。

どちらの小売業者の仕様も合法ではなく、単に却下する必要があることに注意してください。

AMD Ryzen 9 3950Xは、9月30日に発売予定の別の小売店でもオンラインでリストされていましたが、どうやらそうではなかったため、AMDは主力16コアチップのNDAを改訂しました。

同様に、TRX40シリーズのマザーボードにもオンラインのリストがあります。詳細はこちらをご覧ください。

AMD第3世代Ryzen ThreadripperプロセッサーSKU(噂):

CPU名コア数スレッド数旧モデルベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュTDP価格
(USドル)
発売
AMD Ryzen
Threadripper
3990X/WX
64 Core128 ThreadAMD Ryzen
Threadripper 2990WX
(32 Core / 64 Thread)
不明不明不明-280W$2399 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3980X/WX
48 Core96 ThreadN/A不明不明不明-280W$1999 US?2020年1月
AMD Ryzen
Threadripper
3970X/WX
32 Core64 ThreadAMD Ryzen
Threadripper 2970WX
(24 Core / 48 Thread)
不明4.5GHz不明-250W$1909 US?2019年11月
AMD Ryzen
Threadripper
3960X
24 Core48 ThreadN/A不明4.5GHz不明-250W$999 US?2019年11月

興味深いのは、Ryzen Threadripper 3970Xを誤った仕様でリストしたベトナムの小売業者tinhocdaivietですが、32コア製品の仮価格を持っています。

プロセッサは、30,000,000ベトナムドンまたは約1200〜1300 USドルで販売されています。

現在、合計32コアで、価格が1799ドルである第2世代のThreadripperベースの2990WXを考えると、これは興味深いことです。

現在、これらのプレースホルダーの価格は通常実際のMSRPよりも高いため、AMDが実際に1200ドル前後を開始する予定の場合は、新しいZen 2コアと追加のPCIe 4.0レーンを提供しながら、以前の32コアチップから600ドルを探しています それは単に印象的です。

仕様と同様に、価格はまったく意味がありませんが、AMDがこのように計画しているのであれば、その後、第10世代Core Xシリーズプロセッサは深刻な問題に直面し、Intelが新しい価格設定モデルで計画していた競争力を失う可能性があります。

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「キャッスルピーク」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

ファミリは、パフォーマンスと全体的な効率の新しい透かしであることが証明されますが、新しいプラットフォーム機能は、修正されたソケットと新しいチップセットを搭載すると噂されている新しく強化されたsTRX4マザーボードに導入されます。

現在、レポートでは、愛好家とワークステーションチップ用の2つの独立したプラットフォーム、TRX40とWRX80があると述べています。

これらのプラットフォームの詳細を以下にリストします。

 

AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャンネルメモリ、チャンネルあたり2 DIMM、チャンネルあたり最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。

これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

 

AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。

このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、UDYMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートするEPYC 7002製品と同様の仕様です。

プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。

TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。

WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサは、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

 

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

ファミリー
ネーム
AMD 第一世代
Ryzen Threadripper
AMD 第二世代
Ryzen Threadripper
AMD 第三世代
Ryzen Threadripper
アーキ
テクチャー
Zen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163264?
最大CPU
スレッド数
3264128?
PCIe
サポート
PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
6464128?
最大 L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB?
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB?
ソケットTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を維持することを考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加されたクロック速度でのみ良くなる、驚くべき量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。

CPUも大きなコア増加をしますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

これまでに確認したリーカーパフォーマンスベンチマークの一部では、32個コア製品が、パフォーマンスが平均35%の既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コアチップよりも最大70%高速化されました。

AMD CEOのDr.Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流れている噂はは非常に興味深いです。Threadripperを継続しないと言ったことはないと思います。

Suは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「あなたは[Threadripper]を今後も見ることになるでしょう。それは間違いありません

メインストリームの性能が上昇している場合、Threadripperはより上昇する必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PC Worldより

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコア数を備えた新しいプロセッサーは、ほぼ同じ価格で、以前の価格から200ドルから300ドル安くなっていることがわかりました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品はまったく別の市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xの競合製品よりもはるかに安価でした。

Intelは、今後のCore-XシリーズはSkylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスを備えたはるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、実際のベンチマークとレビューはまだ確認できません。

未加工のパフォーマンス出力に関しては、新しいダイレイアウトのテストが必要ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります
AMDは間違いなく、新しいチップでLGA 2066とLGA 3647の両方のラインを目指します。

新しいCPUは11月の終わり頃に小売店での販売を目指しているので、スレッドリッパーのニュースをお届けしますのでお楽しみに!

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3970X 32 Core & 64 Thread CPU Listed Online For Around $1200 US, Ryzen Threadripper 3960X Spotted Too

 

解説:

え!32コア64スレッドが1200ドルってことは高くても13-15万円ってこと!?

衝撃のニュース。

一時フライングしたショップが出て、第三世代Threadripperの仮の価格が流出しました。

なんとその価格は32コア64スレッドの3970Xで1200ドルだったとのこと、

通常仮の価格というのは実際の価格よりは高めに設定されることが多いので、これより安くなったら衝動買いする人が出てもおかしくないですね。

私もびっくりです。

代理店のチャージが載ったとしても15万円くらいでしょうか。

3950Xが748ドルですので、倍以下ってことになります。

この価格が実際の価格をどのくらい反映しているかはわかりりませんが、AMDがここまでThreadripperを下げる気があるなら、Core-Xを完全にHEDT市場から駆逐してしまうつもりでしょう。

元々HEDT市場というのはそれほど大きなマーケットではありません。

ドイツの小売業者Mindfactoryのデータによると個数で全体の5%程度を占めるにすぎません。

しかし、実際の市場規模と比較して、マーケットのイメージリーダーとしての役割はかなり大きいですから、多少無茶してもここで圧倒的な勝利をすればIntelのブランドイメージを徹底的に破壊することができます。

その上で64コア128スレッドCPUを発売すれば、対抗製品の無いIntelはぐうの音も出ない状態に追い込まれることになります。

凄いことになってきました。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.