CPU情報

AMDのRyzen 5000 "Zen 3 "デスクトップCPUは、メモリのオーバークロックのためにギアード、リークされたスライドのスイートスポットとしてDDR4-4000を推奨します。

投稿日:

AMDのRyzen 5000 "Zen 3 "デスクトップCPUは、発売まで1ヶ月を切っており、リークされたスライドによると、メモリのオーバークロックをサポートするように設計されています。

Technopatで公開されたスライドでは、Ryzen 5000 CPUの購入を計画しているユーザーは、ハイスペックなDDR4メモリキットを使用することで、さらに高いパフォーマンスを発揮することができるようです。

AMD Ryzen 5000 "Zen 3 "デスクトップCPUは、偉大なメモリオーバークロック機能を提供し、スイートスポットとしてDDR4-4000 MHzを推奨しています。

このスライドは、AMD Ryzen 5000 CPUのNDAの一部であり、厳しい禁輸下で報道陣と共有されていますが、誰かがリークして、メモリのオーバークロックになると何が期待できるかを垣間見ることにしました。

スライドは、我々がすでに知っている詳細から始まります&それは、AMD Ryzenデスクトッププロセッサがサポートしているコア周波数を超えて3つのクロック速度です。ちょうど要約すると、彼らは次のようになります。

  • Infinity Fabric Clock (FCLK)。CPUコアがCPUダイ間およびSOCコントローラ(PCIe、SATA、USBなど)との通信速度を管理します。
  • メモリコントローラ(UCLK)。メモリ コントローラーがRAMからコマンドをインジェスト/エグ ゼストする速度を制御します。
  • メモリ クロック (MCLK)。メイン システム メモリの周波数。

3 つのクロックはすべて 1:1:1:1 の関係で設定され、システムに搭載されているメモリ速度に基づいて設定されます。

例えば、メモリがDDR4-3600MHzの速度を特徴としている場合、FCLK、UCLK、MCLKはこれらのクロックが1800MHzに設定されます。しかし、標準的なRyzenデスクトップCPUはチップレット設計に頼っているのに対し、RyzenデスクトップAPUはモノリシック設計で、基本的なコアは基本的に同じであってもチップ階層が大きく異なるのが特徴です。

AMDによると、システムをオーバークロックしたり、微調整したりしたいユーザーにとって、メモリ/ファブリックが最大の投資回収率になるという。

その点、AMDはDDR4-4000 MHzがすべてのAMD Ryzen 5000シリーズ「Zen 3」デスクトップCPUのスイートスポットとなり、DDR4-3800 MHzがすべてのAMD Ryzen 3000シリーズ「Zen 2」デスクトップCPUのスイートスポットとなることを示唆しています。

DDR4-4000キットを実行しているユーザーは、Vermeer CPUを実行することで、優れたパフォーマンスとさらに高いオーバークロック能力を期待することができます。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP価格
(米ドル)
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB未確認105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB未確認105W$549 US
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB未確認105W$449 US
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB未確認65W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
6/12未確認未確認32 MB未確認65W$219 US?

AMDのデスクトップCPU「Ryzen 5000」のコードネーム「Vermeer」が11月5日に発売される。発売ラインナップは、16コアのRyzen 9 5950X、12コアのRyzen 9 5900X、8コアのRyzen 7 5800X、6コアのRyzen 5 5600Xとなる。

これらのSKUについての詳細はこちらをご覧ください。すべての500シリーズマザーボード(X570/B550)は、次世代ラインナップをサポートするためのBIOSアップデートを受けることになるので、もし発売時にRyzen 5000 CPUを手に入れようと思っているなら、このリンクにアクセスして、マザーボードに対応したものを手に入れた方がいいだろう(400シリーズのサポートは2021年1月頃になることに注意)。

ソース:wccftech - AMD’s Ryzen 5000 “Zen 3” Desktop CPUs Geared For Memory Overclocking, Recommends DDR4-4000 As The Sweet-Spot In Leaked Slide

 

解説:

Ryzenは性能が上がるごとに高速なメモリが要求されてきましたが、今回のリークもZen3のメモリのスイートスポット(性能が一番高くなる値)はDDR4-4000になるというものです。

演算を行うには演算するためのデータを大量に転送する必要があるので、メモリの転送速度は演算性能に見合った値である必要はあるのですが、それに加えてRyzenはメモリのクロックがInfinity Fabricと呼ばれるCCX間の接続に使われているバスの速度に影響を与えるため、IntelのCPUよりその傾向が強く出ます。

そのため、世代を追うごとに高速なメモリが推奨されてきました。

メモリメーカーにとっては良いことなのでしょうがユーザーにとってはやや負担ですね。

Ryzen使いにとっては常識ともいえることですが、こだわり派のユーザーにとってはメモリの高速化も必須と言えるでしょう。

 

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/21 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/21 20:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/21 20:07:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/21 20:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.