CPU情報 マザーボード関係

第3世代AMD Ryzen Threadripper用ASUS TRX40マザーボードがリストされています– ROG Zenith II Extremeは約900ドル、Prime TRX40-Proは約500ドル

投稿日:

第3世代AMD Ryzen Threadripperプロセッサ用の2つのASUS TRX40チップセットベースのマザーボードが、複数の小売店でリストされています。

新しいHEDTラインアップ用に設計されたマザーボードは間もなく発売されるため、発売前に小売店にリストされることが期待されますが、興味深いのは、同じ小売業者が新製品の価格についても言及していることです。

第3世代AMD Ryzen Threadripper HEDT CPU用のASUS TRX40マザーボードがリストされています-X399または単なるプレースホルダーを超える大幅な価格の上昇?

リストされている2つのマザーボードには、ASUS ROG Zenith II ExtremeとASUS PRIME TRX40-Proが含まれます。

これらのマザーボードは両方とも、価格とともにリストされており、その価格は前任者に比べて大幅に増加しています。

たとえば、ROG Zenith II Extremeの定価は1343.52ドル(AUD)で、約900USドルです。

PRIME TRX40-Proは、833ドル(AUD)または約500ドルの米国でリストされています。

 

X399チップセットをベースにしたROG Zenith Extreme Alphaは現在599.99ドルで、PRIME X399-Aは299.99ドルで入手できることを考えると、これは大きな価格上昇のようです。

現在、2つのことがあります。X570マザーボードの価格は、X470およびX370の前身よりも高いことがわかりました。

設計の選択と機能セット、および高度な冷却方法は、間違いなく全体のコストを増加させます。

ただし、TRX40シリーズは、前モデルのX399と比べて約2倍の価格上昇があります。

TRX40マザーボードの価格は、同じセグメントのX399の先行モデルよりも高くなりますが、事前に記載されている価格ほど高くはない可能性が高くなります。

すべての初期リストと同様に、実際の価格が確認されるまで、これらは多かれ少なかれプレースホルダーです。

現在、発売時の可用性が大きな問題であるため、これらの価格でマザーボードを事前注文する人もいますが、プレースホルダーではなく、それぞれのMSRPとともに製品が公式に発表されるまで待つように個人的にお勧めします。


AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「Castle Peak」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率性の新たな透かしであることが証明されますが、新しいプラットフォーム機能は、改訂されたソケットと新しいチップセットを搭載すると噂されている新しいTR4 +マザーボードに導入されます

現在、レポートでは、愛好家とワークステーションチップ用の2つの独立したプラットフォーム、TRX40とWRX80があると述べています。

これらのプラットフォームの詳細を以下にリストします。

 

AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャンネルメモリ、チャンネルあたり2 DIMM、チャンネルあたり最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。

これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。 SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

 

AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。 このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、EPDIC 7002バリアントと同様の仕様であり、UDIMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートしています。

プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。

TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。

WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサも、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

 

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

ファミリー
ネーム
AMD 第一世代
Ryzen Threadripper
AMD 第二世代
Ryzen Threadripper
AMD 第三世代
Ryzen Threadripper
アーキ
テクチャー
Zen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163264?
最大CPU
スレッド数
3264128?
PCIe
サポート
PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
6464128?
最大 L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB?
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB?
ソケットTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を維持することを考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加されたクロック速度でのみ良くなる、驚くべき量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。

CPUも大きなコアバンプを獲得しますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

これまでに確認したリーカーパフォーマンスベンチマークの一部では、32個コア製品が、パフォーマンスが平均35%の既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コアチップよりも最大70%高速化されました。

AMD CEOのDr.Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流れている噂はは非常に興味深いです。Threadripperを継続しないと言ったことはないと思います。

Suは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「あなたは[Threadripper]を今後も見ることになるでしょう。それは間違いありません

メインストリームの性能が上昇している場合、Threadripperはより上昇する必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PC Worldより

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコアパリティを備えた新しいプロセッサーは、ほぼ同じ価格で、以前の価格から200ドルから300ドル削り取られていることがわかりました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品はまったく別の市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xの競合製品よりもはるかに安価でした。

Intelは、今後のCore-XシリーズはSkylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスを備えたはるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、実際のベンチマークとレビューはまだ確認できません。

ソース:wccftech - ASUS TRX40 Motherboards For 3rd Gen AMD Ryzen Threadripper Listed – ROG Zenith II Extreme Around $900 US, Prime TRX40-Pro Around $500 US

 

解説:

第三世代Threadripper用のTRX40マザーボードの価格がオーストラリアのオンラインショップでリストされました。

既にツイッターのアカウントではリツイートしてありますので、当サイト広報係Lisaちゃんのアカウントをフォローされている方はご存知のことと思います。

この価格は当初USドルだと思っていたので、「随分高くなったな」と思ったのですが、どうもオーストラリアドルだったようで、USドルに直すとUS$500-US$900程度となり、日本円にすると6万円から10.8万円程度になるのではないかとおもいます。

これでも随分高いですが、当初言われていた価格と比較すると随分マシです。

ただ、64コア128スレッドが出るのは来年ですが、32コア64スレッドのThreadripperと組み合わせるとCPU+マザーボードで30万-40万コースがほぼ確定しているといってよいのではないかと思います。

相変わらず一見さんお断りの世界となっています。

ただし、PCI Express4.0のレーン数が64とも128ともいわれていますので、PC史上初の前人未到のI/O性能を誇ると言っても良いです。

Zen2コアのシングルスレッド性能と合わせると、もやは世界でも匹敵するものがいないスーパー個人向けワークステーションという表現がぴったりのPCになりそうです。

NVMe Gen4 SSDを4発積んでRAIDでもなんでもできます。

私はちょっと手が出ないですが、資金力のある方、世界最強のPCをおひとついかがでしょうか(笑。

私はいくらAMDが勝っていても

「実績があるけれども高価でお金がある人向けのIntel Core」、

「実績がないけれども安くお金が無い低所得者向けのAMD Ryzen」といった従来からのIntelとAMDの構図は今回も当てはまることになってしまいました。

のような下品なことは言いませんが、I/O性能も含めた総合的な性能は当面Intelが追い付けないレベルと言ってよいでしょう。

このレベルに追いつけるのはデスクトップの10nm製品が出ると目される2021年半ば以降になると思います。

IntelはどうもPCI Express4.0はスキップするようですので、次にI/O性能をアップグレードするとすればいきなりPCI Express5.0になると思います。

次はIntelも打倒Threadripperを旗頭に最強のHEDTを作りこんでくると思いますので、IntelのHEDTが面白くなるのは次(10nm以降)からだと思います。

私はIntelも嫌いではありませんので、ぜひ頑張って宿命のライバル同士の対決を演出してほしいですね(笑

まあ、現実にはCore-Xの方は大幅に価格が下げられてしまい、Threadripperの方はプラットフォーム価格は上の通りかなり上がる見込みです。

AMDの場合はブランドがIntelよりはるかに低いので、コストの上昇分がダイレクトに出ているだけだと思いますが、少なくとも低所得者が購入できるような価格にはなりそうにないです(笑

購入される予定の方は覚悟しておきましょう。

 

-CPU情報, マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.