CPU情報

IntelデスクトップCPUの噂。2023年にRaptor Lakeをリフレッシュ、Meteor Lakeは6+16でCore i7へ、Arrow Lakeは8+16でCore i9へ2024年にSKUを追加

投稿日:

Raptor Lake Refresh、Meteor Lake & Arrow Lakeなど、Intelの次世代デスクトップCPUラインナップに関する新しい噂が公開されました。

Intelは2023年第3四半期後半にRaptor Lake RefreshデスクトップCPUを準備、2024年にはMeteor LakeがCore i7に、Arrow LakeがCore i9にアップグレードされる。

再び、Enthusiast Citizenからの最新の噂があり、少なくとも3つの今後のIntelデスクトップCPUファミリについて話しています。

これらは、Intel Raptor Lake Refresh、Meteor Lake&Arrow Lakeが含まれています。詳細は以下の通りです。

Intel第13世代Raptor Lake RefreshデスクトップCPUラインナップ(2023年)

Intelは、2023年の大半は第13世代Raptor Lake CPUから移行することはないだろう。

実際、同社は2023年の後半、正確には第3四半期あたりにRaptor Lake Refreshファミリを投入する予定だ。

このファミリは、わずかに最適化された10ESFノードをベースに、ブルーチームがチップから100MHzまたは200MHz多く絞り出すことができるようにする予定だ。

また、同社は来年早々にフラッグシップのCore i9-13900KSを投入するが、これはRaptor Lake Refreshファミリには含まれない。

周波数のわずかな向上は目立たないかもしれませんし、AMDが2023年前半に予定している次世代X3Dパーツで提供するような利得を得ることはできません。

第13世代Raptor Lakeファミリーは、既存のIntel LGA 1700/1800ソケットと互換性があるとのことです。

インテル第14世代Meteor LakeデスクトップCPUラインナップ(2024年)

Intelの第14世代Meteor Lake-SデスクトップCPUは、一転してE-Coreの数を維持したままP-Coreの数を減らすことになる。

リークされたチャートに記載されているラインナップは5種類のSKU構成で、上位のバリエーションは6個のP-Coreと16個のE-Coreの組み合わせで最大22コアを搭載している。

Meteor Lake CPUのP-Coreは、全く新しいRedwood Coveアーキテクチャを採用し、E-CoreはCrestmont設計を利用することになる。

どちらも数週間前にCoelacanth-Dreamが報告したように、新しく改良されたアーキテクチャです。

コンフィギュレーションの全リストは以下の通り:

  • Meteor Lake-S 22 (6P + 16E) / Xeコア4 / TDP 125W
  • Meteor Lake-S 22 (6P + 16E) / Xeコア4 / TDP 65W
  • Meteor Lake-S 22(6P + 16E)/Xeコア4/ TDP 35W
  • Meteor Lake-S 14(6P + 8E)/Xeコア4/TDP 65W
  • Meteor Lake-S 14 (6P + 8E) / Xeコア4 /TDP 35W

SKUに加えて、すべてのSKUが少なくとも4つのXeコアをiGPUに搭載し、64の実行ユニットまたは512のALUを提供することもわかっている。

これは、ファミリーの最下位ディスクリートボードであるDG2搭載のArc A310グラフィックスカードより2Xeコア少ないが、これだけの能力を持つ統合GPUは、AMDのRyzen 7000 Desktop CPUのRDNA 2 iGPUと同等かそれ以上になるであろう。

トップダイ構成のみが125Wの「Unlocked」SKUレンジとなり、残りはTDP 65Wの標準「Non-K」シリーズと35Wの「T」シリーズが用意される予定だ。

ここで注意したいのは、第14世代Meteor Lake CPUは、Core i7までのパーツしか用意されず、コア数の減少によりCore i9のパーツは用意されないという点だ。

このCPUは、Intel 4(CPU) + TSMC N5(tGPU) + TSMC N6(SOC) のプロセスノードを維持することになる。

インテル第15世代Arrow LakeデスクトップCPUラインナップ(2024年)

Intel第15世代Arrow Lake-SデスクトップCPUは、現在のRaptor Lake CPUに搭載されている24コアを復活させる予定だ。

Arrow Lake-Sのトップダイは、8個のパフォーマンスコアと16個のエフィシェンシーコアの組み合わせで、最大24個のコアを利用することになるという。

Enthusiast Citizenによれば、ラインナップはCore i7とCore i9のみとなる。

CPUはIntel 4(CPU)+TSMC N3(GPU) SKUノードのレイアウトを踏襲する。

20Aノードはデスクトップのラインナップには登場しないと噂されています。

以下は、このラインアップから期待されるSKUの全リストである。

  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xeコア / 125W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xeコア / 65W TDP
  • Arrow Lake-S 24 (8P + 16E) / 4 Xeコア / 35W TDP

インテルデスクトップCPUコア数プログレッション:

ファミリー名全コア数全スレッド数Pコア数Eコア数発売年
Sandy Bridge48N/AN/A2011
Ivy Bridge48N/AN/A2012
Haswell48N/AN/A2013
Broadwell48N/AN/A2014
Skylake48N/AN/A2015
Kaby Lake48N/AN/A2017
Coffee Lake612N/AN/A2017
Coffee Lake Refresh816N/AN/A2018
Comet Lake1020N/AN/A2020
Rocket Lake816N/AN/A2021
Alder Lake1624882021
Raptor Lake24328162022
Meteor Lake2228616~2023
Arrow Lake2432816~2024

Arrow Lake-Sのラインナップとの違いは、すべての構成にトップ24コアのダイが採用されており、違いはTDPそのものだけであることだ。

このダイから、よりコア数の少ないSKUが派生していく可能性が高い。

また、IntelはMeteor Lakeのラインナップから4つのXeコアを継承しているようだが、これらには全く新しいArcグラフィックスアーキテクチャが搭載されると予想される。

第14世代のMeteor LakeチップはTSMCの5nm GPUアーキテクチャを採用しているが、第15世代のArrow Lake CPUはTSMCの3nmグラフィックスアーキテクチャを利用することは、こちらでお伝えした通りだ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Intelが将来の統合GPUで、既存のAlchemistチップと同じ数のALUとEUを維持するかどうかは断言できないが、Arrow Lake-Pパーツは最大2560 Xe Coresを提供する見込みで、デスクトップパーツの統合GPUの5倍増となる。

Intelは、少なくとも2世代のデスクトップCPUであるMeteor Lake-SとArrow Lake-Sをサポートする「V」と呼ばれる新しいソケットを準備していることが、これまでの報道からわかっている。

このLGA 1851ソケットは、既存のLGA 1700/1800ソケットと寸法が非常に似ているが、ピンが増え、新機能/拡張機能のサポートが追加されることになる。

Intelは、先日の投資家向け電話会議で、Intel 4とIntel 3製品について、非常に順調に進んでいると述べている。

第14世代Meteor Lakeの生産ステップは、2023年にボリュームランプで今四半期に配信される予定であり、Intel 3も2023年末までに初期の生産段階に入ることが期待されます。

これらは初期のチャートであり、Meteor LakeとArrow Lake CPUの発売はまだ数年先であることに注意してほしい。

Intel メインストリームCPU世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造プロセスアーキテクチャーコア数/
スレッド数(最大)
TDPチップセットプラット
フォーム
サポート
メモリ
PCIeサポート発売年
Sandy Bridge
(第二世代)
32nmSandy Bridge4/835-95W6シリーズLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge
(第三世代)
22nmIvy Bridge4/835-77W7シリーズLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell
(第四世代)
22nmHaswell4/835-84W8シリーズLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell
(第五世代)
14nmBroadwell4/865-65W9シリーズLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake
(第六世代)
14nmSkylake4/835-91W100シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02015
Kaby Lake
(第七世代)
14nmSkylake4/835-91W200シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第八世代)
14nmSkylake6/1235-95W300シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake
(第九世代)
14nmSkylake8/1635-95W300シリーズLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake
(第十世代)
14nmSkylake10/2035-125W400シリーズLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake
(第十一世代)
14nmCypress Cove8/1635-125W500シリーズLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake
(第十二世代)
Intel 7Golden Cove
(P-Core)
Gracemont
(E-Core)
16/2435-125W600シリーズLGA 1700/1800DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02021
Raptor Lake
(第十三世代)
Intel 7Raptor Cove
(P-Core)
Gracemont
(E-Core)
24/3235-125W700シリーズLGA 1700/1800DDR5 / DDR4PCIe Gen 5.02022
Meteor Lake
(第十四世代)
Intel 4Redwood Cove
(P-Core)
Crestmont
(E-Core)
22/2835-125W800シリーズ?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.02023
Arrow Lake
(第十五世代)
Intel 20ALion Cove
(P-Core)
Skymont
(E-Core)
24/32未確認900シリーズ?LGA 1851DDR5PCIe Gen 5.02024
Lunar Lake
(第十六世代)
Intel 18A不明未確認未確認1000シリーズ?未確認DDR5PCIe Gen 5.0?2025
Nova Lake
(第十七世代)
Intel 18A不明未確認未確認2000シリーズ?未確認DDR5?PCIe Gen 6.0?2026

ソース:wccftech - Intel Desktop CPU Rumors: Raptor Lake Refresh In 2023, Meteor Lake Up To Core i7 With 6+16, Arrow Lake Up To Core i9 With 8+16 SKUs In 2024

 

 

 

 

 

解説:

Meteorlakeはモバイルだけ?デスクトップはRaptorLake Reflesh

これは良くない傾向だと私は思います。

Intelの対外的なアナウンスは問題ないとされるはずですが、経験上これは良くない傾向です。

過去にもBraodwelとHaswell Refreshの関係などIntelが調子を落としていくときはモバイルが優先され、デスクトップが別になったり、それが進むとCannonLakeのようにキャンセルされてきました。

こういった、モバイルでのみ進んだモデルが出るのはハッキリ良くない傾向です。

Intelは毎年モデルチェンジを果たしていますので、それを考えると全くダメではありませんが、あまり良い形ではないとだけは言っておきます。

逆に言えば、Zen4X3DのマッチアップはRaptorlake RefleshになるわけでAMD的にはラッキーでしょうね。

MeteorLakeはPコアが6になるということなので、これがそのままデスクトップに投入されるとしたら、8÷6=1.3333・・・で最低33%以上、明確に性能をアピールするならば50%以上をシングルスレッド性能(IPCではなく)を向上させる必要があるのですが、Raptorlakeから33%以上もシングルスレッド性能が向上させられるものかどうか疑問でした。

残念ながら、そうではなかったようです。

トランジスタ密度が不足して6コアまでしか出せなかったのか?

それとも、プロセスの最適化が遅れ、クロックが思ったように上がらなかったのか?

後者であれば同じ形で調子を崩していったのがSkylakeから始まるSkylakeアーキテクチャー時代でしたから、そのため、「良くない傾向」であると断言できます。

Intel幹部の発言は株価に直結していますので、対外的には不利な材料は話せないはずです。

大本営発表と言うのはよくも悪くも本音ではありませんので、その辺は割り引いて考えておくのが正しく分析するコツです。

Intel信者さんたちの言うことが間違っている(ことが多い)のは株価対策のリップサービスを予言者の神託のように絶対視してしまうことも理由の一つですね。

信仰とは理解からは一番遠い距離にあるものです。

宗教的に信仰すればするほど本質からは離れて行ってしまうのは皮肉としか言いようがないですね。

レビュワーなどの客観視が必要とされる方は大本営発表がどういうものなのか理解しておいた方が良いと思います。

かくいう私も昔からゲーム企業やテック企業の役員のビッグマウスや大本営発表に何度も何度も騙されて振り回されてきた口です。

こういう苦い経験を経て、大企業の役員の発言とはどういうものなのか学習してきました。

経験から出ている言葉ですから、参考になると思いますよ。(苦笑。

 

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.