GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6 GB GDDR6グラフィックスカードのレビュー–メインストリームTuringが激増!

投稿日:

※ wccftechのGTX1660SUPERレビュー記事の翻訳です。試用カードはメーカーさんから提供を受けたと思われるMSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xで、記事の構成上、一部を割愛させていただいております。

 

 

紹介

NVIDIAは昨年、Turing GPUアーキテクチャを導入し、従来のGPU設計から完全に脱却し、次世代の没入型ゲーム体験を強化するさまざまな新技術を含むハイブリッドアーキテクチャを作成しました。

新しいQuadro RTXブランドのQuadroラインナップで最初に発表されましたが、私たちは皆、TuringアーキテクチャがGeForceラインナップに来ることを知っていました。

数か月後、新しいGeForce RTXブランドでGeForceラインナップに登場しました。

これはGeForce GTXの20年にわたるNVIDIAの最初の大きな命名の出発です。

GeForce RTX 20シリーズは、リアルタイムのレイトレーシングを可能にしました。これは、グラフィックスの究極の目標であり、NVIDIAが10年かけて完成させたものです。

NVIDIAは、レイトレーシングに加えて、DLSSすなわちディープラーニングスーパーサンプリングなどの機能を強化する上で重要な役割を果たすAIにベットをすることも目指しています。

NVIDIAは、GeForce RTX 20シリーズファミリー、フラッグシップのGeForce RTX 2080 Ti、Enthusiast GeForce RTX 2080、高性能GeForce RTX 2070およびメインストリームGeForce RTX 2060のカード向けに発表しました。

現在、NVIDIAは、Turingをよりリーズナブルな価格で提供することを目指しているため、古き良きGeForce GTXブランドに戻ることも、正しいと言えるでしょう。

この世代ではGeForce RTXとGeForce GTXが共存しますが、GeForce GTXのラインナップは、その名前が示すように、RTXカードのみがサポートするグラフィックを多用するRTX機能よりも優れた実際のパフォーマンスを目指しています。

数か月前、私はTuring GPUアーキテクチャ、GeForce GTX 1660 TiおよびGeForce GTX 1660に基づいた新しいGeForce 16シリーズカードを調べました。

本日、NVIDIAは、GeForce RTXラインナップだけでなく、GeForce GTXラインナップも過給していることをついに明らかにしました。

そのため、NVIDIAはスタートとして、GeForce GTX 1660 SUPERに続いて来月発売されるGeForce GTX 1650 SUPERを発売します。

価格設定に関して言えば、GeForce RTX 20シリーズは、NVIDIAが消費者に提供した最も高価なカードの一部です。

一方、GeForce GTX 1660 TiとGeForce GTX 1660は、価格が249ドルという理由でSteamで人気のあるゲームカードになったGeForce GTX 1060に近い価格を提供することで、予算とより多くの主流の視聴者を念頭に置いています。

GeForce GTX 16 SUPERシリーズは、同じ価格帯でより高い性能を導入する傾向を継続します。

以下は、前世代と比較したNVIDIAチューリングラインアップ全体の現在のセグメントごとの価格構造です。

 

NVIDIA GeForce GPUセグメント/ティアの価格

GPU
セグメント
2014-20152015-20162016-20172017-20182018-2019
Titan
グレード
Titan X
(Maxwell)
Titan X
(Pascal)
Titan Xp
(Pascal)
Titan V
(Volta)
Titan RTX
(Turing)
価格
(USドル)
$999 US$1199 US$1199 US$2999 US$2499 US
ウルトラエンスー
グレード
GeForce
GTX 980 Ti
GeForce
GTX 980 Ti
GeForce
GTX 1080 Ti
GeForce
RTX 2080 Ti
GeForce
RTX 2080 Ti
価格
(USドル)
$649 US$649 US$699 US$999 US$999 US
エンスー
グレード
GeForce
GTX 980
GeForce
GTX 1080
GeForce
GTX 1080
GeForce
RTX 2080
GeForce
RTX 2080 SUPER
価格
(USドル)
$549 US$549 US$549 US$699 US$699 US
ハイエンド
グレード
GeForce
GTX 970
GeForce
GTX 1070
GeForce
GTX 1070
GeForce
RTX 2070
GeForce
RTX 2070 SUPER
価格
(USドル)
$329 US$379 US$379 US$499 US$499 US
メインストリーム
グレード
GeForce
GTX 960
GeForce
GTX 1060
GeForce
GTX 1060
GeForce
GTX 1060
GeForce
RTX 2060 SUPER
GeForce
RTX 2060
GeForce
GTX 1660 Ti
GeForce
GTX 1660 SUPER
GeForce
GTX 1660
価格
(USドル)
$199 US$249 US$249 US$249 US$399 US
$349 US
$279 US
$229 US
$219 US
エントリー
グレード
GTX 750 Ti
GTX 750
GTX 950GTX 1050 Ti
GTX 1050
GTX 1050 Ti
GTX 1050
GTX 1650
価格
(USドル)
$149 US
$119 US
$149 US$139 US
$109 US
$139 US
$109 US
$149 US

このレビューでは、259ドルで販売されるカスタムグラフィックカードであるMSIのGeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xを見ていきます。

リファレンスカードの価格は229ドルなので、30ドルのプレミアム価格を探していますが、デュアルファンクーラー、カスタムPCB、工場出荷時のオーバークロックを備えています。

リファレンスモデルよりわずか数ドルの価格上昇で、カスタムモデルは、デュアルファンクーラー、優れたヒートシンク、カスタムプリント基板などのさまざまな機能を提供し、それぞれのブーストクロックでの放熱性、エアフロー、オーバークロック性能、クロック安定性を向上させ、リファレンスモデルとと比較して高くなっています

Turing GPUでのオーバークロックの主な障壁は、電力の限界であり、箱から出して最高の電力の限界を提供するものは、一般的に最高のオーバークロックの可能性とパフォーマンス出力を備えています。

 

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERおよびTuring TU116 GPU

チューリングGPUアーキテクチャについては既に詳しく説明しましたが、TU116 GPUは、チューリングアーキテクチャと同じDNAを共有している一方で、GeForce RTX 20シリーズカードで見られたものに大きな変更があることを指摘しておく必要があります。

第12世代のTuring GPUアーキテクチャに基づいて、GeForce GTX 1660 Ti、GeForce GTX 1660 SUPER、GeForce GTX 1660、およびGeForce GTX 1650 SUPERに搭載されているTU116 GPUは、Turingで導入されたものと同じシェーダーイノベーションを備えていますが、 消費電力、コスト、パフォーマンスの観点から、いくつかの調整が必要でした。

これは、Turingアーキテクチャを備えたGeForce GTXカードのRTコアとTensorコアを除外することで実現されます。

GeForce GTXのTuringアーキテクチャは、浮動小数点演算と整数演算の同時実行をサポートしながら、前世代に比べてパフォーマンスと効率が向上していることが指摘されています。

それでは、Turing TU116のバランスの取れたアーキテクチャ設計と、Pascalベースの先行モデルをどのように改善するかについてお話ししましょう。

最初に言及するのは、Turing SMの3つの大きな変更です。

Turing TU116 SMの改良された構造により、SM内の専用コアを使用することで、FP32とINTの操作を同時に処理できます。

Turing TU116 GPUがPascal GP106に追加する機能のリストは次のとおりです。:

  • FPおよびINTの同時操作
  • 可変レートシェーディング
  • 統合キャッシュアーキテクチャ
  • GDDR6メモリサブシステム
  • 専用FP16コア
  • Turing NVENCサポート

Turing SMは、FP32の2倍のレートでFP16操作を実行することもできます。

Turing TU116 GPUの定格は11 TOP(FP + INT)、11 TFLOP FP16であり、Pascal GP106 GPUのわずか480 KBと比較して1.5 MBの高いキャッシュサイズの結果として帯域幅が改善されています。

いくつかの最新のゲームタイトルを見ると、開発者が浮動小数点演算と整数命令を広く組み合わせていることがわかります。

たとえば、シャドウオブザトゥームレイダーの100命令ごとに、平均で62が浮動小数点で38の整数です。

以前のGPUでは、SMの浮動小数点演算データパスは、これらの非FP演算のいずれかが実行されるたびに無秩序に座っていました。

Turingは、2番目の並列整数実行ユニットを、これらの命令を浮動小数点演算と並列に実行するCUDAコアに追加しません。

これにより、GeForce GTX 1660 SUPERグラフィックスカードは、GeForce GTX 1060 6 GBに比べて最大1.5倍のパフォーマンス向上を実現できます。

GeForce GTX 1660 SUPERグラフィックスカードの生の仕様に来ています。

TU116 GPUは、TSMCの12nm FFN(FinFET NVIDIA)プロセスノードで製造されています。

3つのGPC、12のTPC、および22のチューリングSMを備えています。

各SMには64個のコアが含まれており、合計で1408個のCUDAコアに相当します。

カードには88のテクスチャユニットと48のラスターオペレーションユニットもあります。

基本クロックは1530 MHzに維持され、ブーストクロックは1785 MHzに維持されます。

仕様から、GTX 1660 SUPERは技術的には標準のGeForce GTX 1660と同じチップであることがわかります。

このカードは、192ビットのバスインターフェイスに沿って動作する6 GBのGDDR6 VRAMを備えています。

メモリシステムは14.0 Gbpsでクロックされ、336 GB / sの有効帯域幅を提供します。

したがって、このメモリの大きな変更により、SUPERバリアントではTiモデルよりもさらに多くの帯域幅が可能になります。

このカードは、起動する単一の8ピンコネクタを備え、125WのTDPを備えています。

ディスプレイ出力には、単一のDisplayPort、単一のDVI-D、およびHDMIコネクタが含まれます。

 

NVIDIA GeForce RTX 「Turing」ファミリー:

Graphics Card
Name
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
RTX 2060
SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
RTX 2070
SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080
NVIDIA GeForce
RTX 2080
SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
アーキ
テクチャー
及び
チップ型番
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU106)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU104)
Turing GPU
(TU102)
製造
プロセス
12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイ面積445mm2445mm2445mm2545mm2545mm2545mm2754mm2
トランジスタ
106億106億106億136億136億136億186億
CUDA
コア数
1920 Cores2176 Cores2304 Cores2560 Cores2944 Cores3072 Cores4352 Cores
TMUs
/ROPs
120/48136/64144/64184/64192/64192/64288/96
Giga
Rays
5 GigaRays/s6 GigaRays/s6 GigaRays/s7 GigaRays/s8 GigaRays/s8 GigaRays/s10GigaRays/s
キャッシュ
容量
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
4 MB
L2 Cache
6 MB
L2 Cache
ベース
クロック
1365 MHz1470 MHz1410 MHz1605 MHz1515 MHz1650 MHz1350 MHz
ブースト
クロック
1680 MHz1650 MHz1620 MHz
1710 MHz OC
1770 MHz1710 MHz
1800 MHz OC
1815 MHz1545 MHz
1635 MHz OC
演算性能6.5 TFLOPs7.5 TFLOPs7.5 TFLOPs9.1 TFLOPs10.1 TFLOPs11.1 TFLOPs13.4 TFLOPs
メモリ容量
・種類
6 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
11 GB GDDR6
メモリ
速度
14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps15.50 Gbps14.00 Gbps
メモリ
バス幅
192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit352-bit
メモリ帯
域幅
336 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s496 GB/s616 GB/s
補助電源
端子
8 Pin8 Pin8 Pin8+6 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
TDP160W175W185W
(Founders)
175W
(Reference)
215W225W
(Founders)
215W
(Reference)
250W260W
(Founders)
250W
(Reference)
発売時
価格
$349 US$399 US$499 US$499 US$699 US$699 US$999 US
ファウンダーズ
エディション
価格
$349 US$399 US$599 US$499 US$699 US$699 US$1,199 US
発売時期2019年1月2019年7月2018年10月2019年7月2018年9月2019年7月2018年9月

 

NVIDIA GeForce GTX 「Turing」ファミリー:

Graphics Card
Name
NVIDIA GeForce
GTX 1650
NVIDIA GeForce
GTX 1650
SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1660
NVIDIA GeForce
GTX 1660
SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1660 Ti
アーキ
テクチャー
及び
チップ型番
Turing GPU
(TU117)
Turing GPU
(TU116)
Turing GPU
(TU116)
Turing GPU
(TU116)
Turing GPU
(TU116)
製造
プロセス
12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイ面積200mm2284mm2284mm2284mm2284mm2
トランジスタ
47億66億66億66億66億
CUDA
コア数
896 Cores1280 Cores1408 Cores1408 Cores1536 Cores
TMUs
/ROPs
56/3280/3288/4888/4896/48
Giga
Rays
N/AN/AN/AN/AN/A
キャッシュ
容量
1.5 MB L2 Cache1.5 MB L2 Cache1.5 MB L2 Cache1.5 MB L2 Cache1.5 MB L2 Cache
ベース
クロック
1485 MHz1530 MHz1530 MHz1530 MHz1500 MHz
ブースト
クロック
1665 MHz1725MHz1785 MHz1785 MHz1770 MHz
演算性能3.0 TFLOPs4.5 TFLOPS5.0 TFLOPs5.0 TFLOPs5.5 TFLOPs
メモリ容量
・種類
4 GB GDDR54GB
GDDR6
6 GB GDDR56 GB GDDR66 GB GDDR6
メモリ
速度
8.00 Gbps12.00 Gbps8.00 Gbps14.00 Gbps12.00 Gbps
メモリ
バス幅
128-bit128-bit192-bit192-bit192-bit
メモリ帯
域幅
128 GB/s192/GB/s192 GB/s336 GB/s288 GB/s
補助電源
端子
N/A不明8 Pin8 Pin8 Pin
TDP75W100W120W125W120W
発売時
価格
$149 US不明$219 US$229 US$279 US
ファウンダーズ
エディション
価格
$149 US無し$219 US$229 US$279 US
発売時期2019年4月2019年11月予定2019年3月2019年10月2019年2月

 

テスト設定

異なるグラフィックカード間の比較には、次のテストシステムを使用しました。

テスト時に使用可能であった最新のドライバーは、Windows 10の更新バージョンでAMDおよびNVIDIAから使用されました。

テストされたすべてのゲームは、NVIDIAおよびAMD GPUのパフォーマンス最適化のために最新バージョンにパッチが適用されました。

 

GPUテストベンチ2019(GTX 1660 SUPER):

CPUIntel Core i9-9900K @ 4.70 GHz
MotherboardAORUS Z390 Master
Video CardsMSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming X
MSI GeForce GTX 1660 Gaming X
MSI GeForce GTX 1660 Ventus XS
MSI GeForce GTX 1660 Ti Gaming X
MSI GeForce GTX 1660 Ti Ventus XS
MSI GeForce GTX 1650 Gaming OC
MSI GeForce GTX 1070 Ti Titanium
MSI GeForce GTX 1070 Armor X OC
MSI GeForce GTX 980 Ti Lightning
Gigabyte GeForce GTX 1650 Gaming OC
Gigabyte Radeon RX Vega 56
ASUS ROG STRIX Radeon RX 580 OC
XFX Radeon R9 Fury X Liquid Cooled
MemoryG.SKILL
Trident Z RGB Series
32GB (4 X 8GB)
CL16 3600 MHz
StorageSamsung
SSD 960 EVO
M.2 (512 GB)
Power SupplyASUS
ROG THOR
1200W PSU
OSWindows 10 64-bit

すべてのゲームは、2560×1440(2K)および3840×2160(4K)の解像度でテストされました。

以下のスクリーンショットでは、画質とグラフィック構成が提供されています。

「リファレンス」カードは定格構成で、「オーバークロック」カードはさまざまなAIBパートナーから提供されたファクトリー・オーバークロックされた構成です。

 

MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xベンチマーク(VULKAN)

DOOM

2016年、IdはついにDOOMをリリースしました。

このタイトルを含めないと、私のテストは完了しません。

すべてのカードは、ナイトメア設定を使用して1440p解像度で十分なフレームレートを提供できるため、4Kに焦点を合わせました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

WolfensteinII:The New Colossus

WolfensteinがThe New Colossusに戻ってきて、これまでで最もペースの速い、残忍で凶悪なFPSアクションを特徴としています!

このゲームは、BJ Blazkowiczとして再びナチス支配の世界に私たちを連れ戻します。

ナチスが世界大戦に勝ったという別の未来に設定されたこのゲームは、それが楽しく、プレイヤーと敵にとっても残忍になる可能性があることを示しています。

新しいタイトルの原動力となったのは、DOOMが成功したことで非常に高く評価されているid Tech 6です。

ある意味で、IDは輝かしいFPSのルーツを取り戻し、すべての新しいタイトルで虐殺しています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

Ultra HQ-AF、Vulkan、Async Compute On *利用可能な場合、遅延レンダリングとGPUカリングはオフになります。

標準のVulkan APIの下で、ウルトラ設定でゲームをテストしました。

非同期レンダリングは、遅延レンダリングとGPUカリングが無効になっている間、それをサポートするグラフィックカードで有効になります。

 

 

MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xベンチマーク(DirectX 12)

Battlefield V

Battlefield Vは、第二次世界大戦のシューティングゲームのジャンルのアクションを復活させます。

最新のFrostbite技術を使用して、このゲームは可能な限りのゴージャスな見た目を実現しています。

オープンワールドの環境から強烈で衝撃的なアクションまで、このマルチプレイヤーおよびシングルプレイヤーFPSタイトルは、これまでで最高のグラフィックスのBattlefieldの1つです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

 

Deus Ex: Mankind Divided

人類はそれ自体と戦争状態にあり、複数の派閥に分かれています。

一方は人体を機械化して改造したものですが、もう一方は人体の機械化を危険視し、生まれたままの純粋な状態を良しとするものです。

それがアダム・ジェンセンが住んでいる世界であり、これがDeus Ex: Mankind Dividedの世界です。

このゲームでは、Glacier 2エンジンの基盤でIOインタラクティブによって作成された次世代のDawn Engineを使用しています。

このゲームはDirectX 12 APIのサポートを備えており、GPUに大きな負担をかける最もビジュアルに力が入ったタイトルの1つです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Hitman 2

Hitman 2は、2016年の絶賛されたHitmanの続編であり、ゲームのデザインを一から作り直しました。

さまざまなミッションを通じてステルスゲームプレイに重点を置いたこのゲームでは、再び謎のシャドウクライアントを追い詰めるミッションに乗り出すエージェント47としてプレイします。

ゲームはIOのInteractiveのGlacier 2エンジンで実行され、DirectX 12 APIを使用しながら各レベルで素晴らしいビジュアルと環境を提供するように更新されています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

 

MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xベンチマーク(DirectX 11)

Assassins Creed:Origins

Assassins Creed:Originsは、Assassins Creed IV:Black Flagを作ったのと同じチームによって制作されました。

彼らはアサシンクリードの物語のデザインとゲーム哲学を再発明したことで知られており、最新のタイトルはそれを示しています。

エジプトに拠点を置くオープンワールドアクションRPGは、あらゆる場所でグラフィックの強みを発揮します。

AnvilNext 2.0エンジンを使用して、描画距離の範囲を拡大し、非常に印象的なグラフィック表示を提供します。

TAAを有効にし、16x AFを使用して、ゲームを最大設定でテストしました。

このゲームは市場で最も要求の厳しいタイトルの1つであり、調整やパフォーマンスの問題が修正されていることに注意してください。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Far Cry 5

Far Cry 5は、前作の単独の後継であり、モンタナの架空の地域であるホープ郡で開催されます。

メインストーリーは、エデンの門でのプロジェクトとそのカリスマ的な指導者ジョセフシードの終末思想崇拝を中心に展開します。

強化されたDuniaエンジンを使用します。Duniaエンジン自体は、CrytekのCryEngineの修正バージョンです。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Grand Theft Auto V

GTA Vは、PC用に作成された最も最適化されたゲームタイトルです。

非常に最適化されており、中程度の設定と低い設定の組み合わせでスムーズなFPS実現し、がらくたGT 840Mベースのラップトップでも動作します。

これはどういうことでしょうか?

最適化されていることを除けば、GTA Vは素晴らしいゲームです。

それは2013年のゲームオブザイヤーでした。

1440pのウルトラ品質で、テストされたすべてのカードでスムーズなフレームが得られました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Ghost Recon:Wildlands

Ubisoftモントリオールが開発した新しいAnvil Nextエンジンを使用して、Ghost Recon:Wildlandsは、ボリビアだけのオープンワールド環境でワイルドで壮大になります。

このゲームは戦術的な3人称シューティングゲームであり、トムクランシーの「division」と非常によく似ています。 ゲームはきれいに見え、ボリビアの大規模な地域はいつでも素敵に見えます(デイ/ナイトサイクル)。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

The Witcher 3 Game of The Year Edition

ウィッチャー3は、私たちの時代の最高のファンタジーRPGです。

素晴らしいストーリー、優れたゲームプレイメカニクス、豪華なグラフィックがあります。

これは、実際に4Kで安定したFPSを取得したかった唯一のゲームです。

GameWorksを無効にすると、すべてのハイエンドカードにその力を発揮する能力が与えられました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Middle Earth: Shadow of War

2014年の叙事詩「Shadow of Mordor」、「Shadow of War」の後継者は、前のゲームの続編となり、レンジャーのタリオンと、タリオンの体を共有し、サウロンと戦うために軍隊を結集するために新しい力の指輪を偽造します。

このゲームは、Monolith Productionsが開発した最新のFirebird Engineを使用しており、最新のグラフィックカードでも非常に強力です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming X温度テスト

温度と熱負荷を評価しないと、グラフィックカードのレビューは完了しません。

私がテストした両方のグラフィックカードは、サイレントおよびパフォーマンスプロファイルが付属する高度なカスタム冷却ソリューションを使用しています。

カードは、性能プロファイルを使用してテストされ、その潜在能力を最大限に発揮しました。

MSIの両方のカードはデュアルファンクーラーデザインを使用していますが、Gaming Xは新しいTorx 3.0ファンを備え、Ventus XS OCはTorx 2.0ファンに依存しています。

どちらのカードにも、PC内の最も過酷な環境でカードを頑丈で耐久性のある状態に保つPWM冷却と曲がり防止プレートが付属しています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xの消費電力

カードがゲームを実行しているときに、各カードをアイドルおよび完全なストレス下でテストすることにより、消費電力の結果をまとめました。

各グラフィックスカードの製造元は、カードのデフォルトのTDPを設定します。これは、カスタムカードにプラグインする追加のクロックまたはボード機能に応じて、ベンダーごとに異なる場合があります。

GTX 1660 SUPERのデフォルトのTDPは125W(リファレンス)ですが、テストしたカードはより良い電力供給のカスタムPCBを備えています。

これにより、カードのTDPは、120WのGeForce GTX 1060およびGeForce GTX 1660と同じレベルになります。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

また、TSMCの12nm FFNプロセスは、16nm FFノードの改良版であることに注意してください。

NVIDIAは、以前のカードよりもさらに多くのトランジスタとコアを詰め込んでおり、これまでに製造された最も高密度のチップの1つになっています。

多くの電力を消費する可能性が高く、結果はそれを反映しています。

 

結論-メインストリームユーザー向けのスーパーチャージされたTuring

今日、私はTuringベースのGeForce 16シリーズファミリー内の3番目のカードと、ファミリーの最初のスーパーチャージされた製品をテストすることができました。

GeForce GTXラインナップはこれまで省略されていましたが、GeForce RTXラインナップはスーパーチャージされた製品を受け取りました!

GeForce GTX 1660 SUPERとは、基本的に、より良いメモリを搭載したGeForce GTX 1660です。

実際、そのメモリは、12 Gbpsの1660 Tiよりも高速ですが、SUPER製品には、RTXカードで使用されるものと同じ14 Gbpsのメモリチップが使われています。

これにより、GeForce GTX 1660 SUPERのパフォーマンスは192 GB /sから336 GB /sに向上します。

カードの残りの部分は、前にテストしたGTX 1660 SUPERと同じですが、MSIはカードに独自のカスタムタッチを使用して、見事なクーラー、非リファレンスPCB、ファクトリーオーバークロックを提供します。

参考価格は229米ドルですが、フラッグシップ製品であるMSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xは約259米ドルでグラフィックスカードの見栄えが良く、性能も優れています。

価格については、これは250ドルの米国価格帯の2番目のカードです。

230ドル(参考)で、これは今すぐ購入できる最も安価なチューリンググラフィックスカードの1つであり、ハイエンドカード(RTX)の機能を詰め込んでいない場合もありますが、与えられた多くのパフォーマンスを詰め込みます その価値。

丸みのある1080pカードであり、1440pの解像度で多くのAAAタイトルを再生することもできます。これは、この価格帯のカードとしてはかなりまともです。

eSportsタイトルは、1080pで100 FPSを超えて実行でき、G-SyncまたはG-Sync互換ディスプレイと一緒に使用して、バターのように滑らかなゲーム体験を提供できます。

まず第一に、GeForce GTX 1660 SUPERはRadeon RX 590に真正面から挑戦し、AMDのメインストリーム製品よりもはるかに優れたパフォーマンスを提供します。

パフォーマンスの違いにより、実際にはGTX 1660 SUPERはRX 590を上回っている性能がこの特定の価格セグメントで明らかであるため、より良い買い物になるでしょう。

GeForce GTX 1060 6 GBモデルと比較すると、GTX 1070よりも高速なパフォーマンスで大きなリードを得ています。

また、このカードは、私が気づいたTuring GPUにとって最高の効率を備えています。

これは、すべてのGeForce 16シリーズカード(GTX 1660 Ti、GeForce GTX 1660 SUPERおよびGeForce GTX 1660)に当てはまります。

125Wでは、効率部門で輝き、7nm GPUが登場することを示しています。NVIDIAは、より多くのコア、より多くのRTX、およびより多くの電力を備えた小さなダイでいくつかの印象的な数字をかき立てることができます。

両方のカードが優れた性能を発揮し、両方のバリアントのTORXファンが低ノイズレベルを提供しているため、冷却とサーマルも優れていました。

このグラフィックスカードを購入する最大の理由の1つは、その価格と性能であり、現時点では明らかに無敵だと思います。

230ドルで、GTX 1660 SUPERおよびカスタムモデル、特に260ドルのわずかなプレミアムで販売されるMSI GeForce GTX 1660 Ventus XSは、今すぐ購入できる最高の予算オプションの1つです。

あなたがストリーマーであり、複数のバトルロワイヤルまたはeスポーツのタイトルでいくつかのロッキングパフォーマンスが必要な場合、GTX 1660はあなたがお山の大将なるために必要なすべてのパフォーマンスを備えているので、もう探す必要はありません。

一方、MSI GeForce GTX 1660 SUPER Gaming Xは、どのPCビルドでも非常に見栄えの良い素晴らしいデザインスキームで、より良い冷却とわずかに優れたゲームパフォーマンスを提供します。

 

解説:

GTX1660SUPERが出ました。

種類が多くなりすぎてよくわからなくなっている人もいると思いますが基本的にGTX1660を置き換えるものと考えて差し支えありません。

CUDAコア数はGTX1660と全く同じで、メモリのみGDDR6となったモデルです。

これが何を意味しているかと言うとGTX1660は元々GTX1660SUPERと同じだけのポテンシャルを持っていたにも関わらず、GTX1660Tiと差をつけるためだけにGDDR5を搭載し、あえて性能を落とされていたということです。

※ こういったわざと性能を落とすものを兵器の世界では「モンキーモデル」と呼ばれているので、それに倣って私も「モンキーモデル」と呼んでいます。(笑

GTX1660とSUPERはUS価格では$10ほどしか差がないため、発売直後のご祝儀価格が終わるとGTX1660に近い価格のモデルが出ると思います。

たった$10の値上げで出せるなら最初から出してほしかったというのはほとんどの人の感想ではないでしょうか。

まあ、言ってみればGTX1660は元々持っていたポテンシャルをラインナップの整合性を取るため「だけ」に、仕様上殺されて世間に出されたモデルということができると思います。

慣れてる人がスペックを見ればこういったことはすぐにわかるのですが、この説明を聞くとたいていの人は良いイメージ湧かないと思います。

私自身も仕様を見た瞬間にもそう思いました。

こういったものは見ていてあまり気持ちの良いものではありませんので、私はあまり他人には勧めません。

こういったモデルは新モデルが出ると真っ先に意味がなくなってしまうため、購入するときは注意した方が良いでしょう。

またGTX1660SUPERはRX5500/XTがもうすぐ発売されますので、その対策としても用意されたのだと思います。

RTX2070は値下げして復活するようですが、GTX1660SUPERと価格がかなり近い(いずれ近くなると思われる)GTX1660はEOL(終売)でしょう。

公式の刺客みたいなものですからね。

また来月にはさらに性能が近いGTX1650SUPERが出ます。

もう本当に居場所がないという感じですね。

購入された方はお気の毒としか言いようがないです。

 

 

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6 GB GDDR6 Graphics Card Review – Mainstream Turing Gets Supercharged!

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.