GPU情報

Radeon RX 5700XTのTimeSpy Score がリーク。GeForce RTX 2070とほぼ同じ

更新日:

さて、Radeon RX 5700XTは実際にレビュー担当者の手に渡り、これを読んでいるうちにテストを受けているようです。

Radeon RX 5700XTは、GeForce RTX 2070をアンダーカットし、449ドルで市場に出回ることで、GeForce RTX 2070の性能と価格で競合他社よりも少し高い性能をもたらすと主張しています。

これまでのところ、私たちはパフォーマンスの数値を出すためにAMDからのスライドしか持っていませんでした

しかし、3DMark Result Tickerとユーザー[編集ユーザー名]のおかげで、Radeon RX 5700XTがDX12で3DMark Time Spyを使用して実行できることを垣間見ることができ、それはまったく悪くありませんでした。

新しいGPUが起動し、Futuremarkでデータベースに正しく追加される前は、Generic VGAとして表示されていて、実際にはほとんど実際の情報が添付されていないことが多くありました。

これらの詳細の1つは、それがAdvanced Micro Devices Inc.のベンダーであることを非常に明確にしていることです。

もう1つは、コアクロックが報告される可能性がある範囲内に収まることです。たとえばRTX 2060 FEは1920MHzのクロックを実際よりもはるかに高い値で報告するため、クロックの報告は読み取りにかかる時間によって若干ずれます。

8GBのメモリ容量は正確ですが、メモリクロックのレポートは本来あるべきものよりも少なくなっており、3DMark自体による早期の検出エラーには限界がある可能性があります。

以下は、私が結果を撮って詳細まで掘り下げたスクリーンショットです。

これを書いている間、ベンチマーク担当者はVR Blue Roomの結果を示すライブティッカーについて報告し続けましたが、それらの結果は何らかの問題を起こしたように見えますが、リンクはその冒険に十分追いつくためにここにあります。

8719のグラフィックススコアは、GeForce RTX 2070 Founders Editionのスコアおよび歴史的にRadeonカードがTuringベースのRTXラインナップをかなり上回っていることと一致しています。

しかし、それは必ずしもゲームにうまく対応できるわけではありませんが、Radeon RX 5700シリーズが競合他社に来る場合、それはかなりの見込みを示しています。

この単純なグラフを編集して、Radeon RX 5700XTの上記の結果がどこに表示されるかを確認するために、テストベンチで最近行ったベンチマークの一部からのグラフィックスコアだけを含めました。

 以下の結果は、16GBのG.Skill Trident Z DDR4 3200CL16を搭載したEVGA Z370マザーボードで5GHz(AVXオフセットなし)のCore i9-9900Kを実行しているテストベンチでの結果です。

RX 5700XTは同環境で実行されているように見えますがメモリ速度は匹敵するように思えるCore i7-8700Kを使用していました。

それで、抜け出した最初の結果についてそれがあります、そしてそれは最も包括的な結果のセットではありませんが、それは私達が早くこれをキャッチして起動するための事前起動ドライバーで予想する以上です。

7月7日に物事がどう振る舞うのかを待っている人たちにとって、これはワクワクします。

編集:彼らが査読者の手の届くものであることを証明する必要があります。Hardware Canucksが彼らのビデオを引っ張ってくるまで、証拠がありました。

AMD Radeon RX 5700 '7nm Navi RDNA' GPU Lineup Specs:

Graphics CardRadeon RX 5700 XT 50th AnniversaryRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA第一世代)7nm Navi(RDNA第一世代)7nm Navi (RDNA第一世代)
Stream Processors2560 SPs2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64
ベースクロック1680 MHz1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1980 MHz1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1830 MHz1755 MHz1625 MHz
演算能力10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
VRAM容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅448 GB/s448 GB/s448 GB/s
消費電力(TBP)235W225W180W
価格$499 US$449 US$379 US
発売7th July 20197th July 20197th July 2019

ソース:wccftech - Radeon RX 5700XT Time Spy Leak Matches GeForce RTX 2070

 

解説:

元の結果はこちらにあったようなのですが、残念ですが、すぐに削除されてしまったようです。

元の結果のSSが見たい方は元記事のSSで確認してください。

さて、RX5700XTのTimeSpyの結果がリークしました。

RTX2070より10%性能が上とのことでしたが、残念ながら、TimeSpyにおいてはやや下ということです。

RTX2000シリーズはRX400/500シリーズもそうでしたが、DirectX12に極端に強いチューニングがなされており、演算能力の割にはTimeSpyのスコアが伸びる傾向にあります。

※ RTX2070の演算性能は7.465TFLOPSです。

現在のゲームの主流はやはりDirectX11です。

AMDの大本営発表で比較対象に使われたソフトウェアでは10%上回っていたのかもしれませんがGTX1080相当といわれるRX5700XTにあってもTimeSpyのスコアはRTX2070にやや及ばないという結果になっています。

おそらくはPS5に使われるからだと思うのですが互換性のためにGCNの特性を一部引きずるNaviですので、これは仕方ないのかなと思います。

PS5に使われるということで過剰な期待が寄せられていたNaviですが、これが正しい実力でしょう。

nVidiaが過剰反応しているのは、以前の記事でも書きましたが、フラットフォームを持たないが故でしょう。

ただ、GTX1080相当という前評判に偽りなしの結果が出ているところは見事だとも思いますし、APUにあってこれだけのTBPを必要とされるクロックで動作して、性能が出せるかどうかも興味が尽きないところです。

Naviをお求めの皆さんは、マーケティングに左右されずに正しい評価を行ってください。

次世代Naviはどうなるかわかりませんが、今世代のNaviもやはりAMDファン向けということになりそうです。

nVidiaもSUPERを出して過剰反応気味ですし、なかなか厳しい船出になりそうです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/29 02:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.