GPU情報

AMDの「ビッグ」Navi GPUがRRA認定に合格-パワフルな新しいハイエンドRadeonフラッグシップ?

投稿日:

※ RRA認定とは韓国国立電波研究院電磁両立性基準です。

年齢のように見えるものの後、ハイエンドのAMD GPUフロントのニュースがあるようです。

「ATI-102-D18802」というコードネームのAMDデバイスはRRA認証を最近通過し、これは単なるランダムな数字列のように見えるかもしれませんが、同じ命名規則に従った関連する出荷エントリについて、今では死んだZaubaを一日中追いかけていました。-そして、すぐにそれを解読することができました。

※ AMD ZaubaとはインドのAMD関連企業です。HPはこちら

※ 問題のエントリへのリンクはこちら

問題のGPUは(命名法から判断して)Navi GPUの非常に強力なバリアントであり、ここに完全なストーリーがあります。

とはいえ、これは単なる認証に基づいていることを考慮しており、最終的には破棄されたり、改訂されたりする可能性があるため、少し割り引いて考えてください。

 

AMDのBig Navi GPUがRRA認証を取得、RadeonグラフィックスカードがハイエンドGPU市場での復活に備える

AMDはこれを秘密にしておきたいと思っていたでしょうが、Zenで知られているように、リーク情報は最終的に秘密のベールを剥ぎます。

さらに先に進む前に、RRA認定を取得することが、製品を市場に投入する最終段階の最初のステップであることを明確にしたいと思います。

最終的に磨き上げられた製品が店頭に並ぶのを見るまで、3ヶ月から6ヶ月かかります。

RRA認定は、米国と同じように、すべての消費者ASICが韓国で通過しなければならないものです。

ただし、米国とは異なり、RRAは公的ドメインで認証を公開しています。これは、公式パイプラインにある興味深い新しいGPUを見つけ出すことができるため、私たちにとって素晴らしいことです。

AMD ATI-102-D18802 GPUは昨日RRA認証を取得しました。これは、AMDが今後のGPUの計画を確定するだけでなく、当局にも提出したことを意味します(設計の変更は現在不可能です)。

ここで使われている命名規則は、AMDがザウバ時代にマニフェストを出荷するために使用したものであり、簡単に解読できるものです。

要約すると、ハワイのボードはC6XXXX、トンガのボードはC7XXXX、フィジーのボードはC8XXXX、ポラリスのボードはC9XXXX、ベガのボードはD12XXX、小さなナビのボードはD18XXXと名付けられました。

実際、コード名をより具体的に説明しているもの:

  • Hawaii XT had the C67101 code name.
  • Tonga had the C76501 code name.
  • Fiji XT had the C88001 code name.
  • Polaris 11 had the C91103 code name.
  • Vega 64 had the D12201 code name.
  • 'Small' Navi had the D18205 code name.

ここで非常に明確なパターンを見ることができるはずです。 最初の数桁は世代を表し、後続の数字は相対的なパフォーマンスメトリックを表します。

Navi GPUを検討しているのは、3桁の英数字シーケンスが同じであるためです。つまり、D18です。

後続の3桁はGPUの相対的なパフォーマンスを表し、805は205と比較してはるかに強力なNaviのバリアントを表します。

認定に合格したことを考えると、ハードウェアレベルでレイトレーシングをサポートするRDNA2ベースの完全なNaviダイを検討している可能性があります。

これは、次世代のPlaystation 5とXboxを駆動するのと同じGPUです(AMDがコンソール用に設計したNaviを思い出してください。詳しくはこちらをご覧ください)。

おそらく、私たちはついに「大きな」Naviを最初に垣間見ることができます。

1年半前に公開された私の独占記事を覚えているかもしれません。これは、Naviのフラッグシップ製品が2019年下半期または2020年初頭よりも早く上陸しないことを予測したものです。

ここで少し頭を冷やしてほしいのですが、GPUがRRA認定に合格したからといって、すぐに店頭でそれを見ることができるわけではありません。

実際、最低6か月は念頭に置いておくべき非常に良い時間枠であり、これは1年以上に簡単に延長できます。

RRAが最終的にリリースされる前の、ほぼ1年前にRRAでVegaを発見しました。

ソース:wccftech - AMD ‘Big’ Navi GPU Passes RRA Certification – Powerful New High-End Radeon Flagship?

 

解説:

リーク情報を追いかける人たちの執念はすさまじく、今回は韓国のRRA認定(日本の技適のようなものだと思われます)からNavi12と思われるGPUの情報を引っ張ってきました。(笑

載ったのは10月28日ですので、発売されるのは早くても半年から1年後ということです。

これは非常に残念ですが致し方ないのかなと思います。

このNaviはRDNA第二世代に属するのではないかと言われています。

このNaviがどのくらいの性能を誇るのかはわかりませんが、RTX2080Tiくらいの性能にはなるんですかねえ。

まあ、このNaviが発売される頃にはRTX3000シリーズが出ている可能性が高いです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/28 02:13:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/28 06:42:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.