GPU情報

wccftech独占:NVIDIAがAICにGPUのコストを8-12%下げると非公式に通達

投稿日:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

NVIDIAがAICにコストベースの減少を通知し、AICはそれをSI(システムインテグレータ)に還元するとの情報を得ました。つまり、この8~12%のコストダウンは、ゲーマーなら数週間以内に起きると予想できるものだ(小売店の在庫バッファを調整した後)。

これは、ここ数年(まあ、最近の暗号ブームが始まってからかなり)起こっていないことで、2020年以来の本格的な価格引き下げを示す重要な指標となるものです。

NVIDIAはAICのためにGPUのコストを最大12%引き下げ、その節約分をゲーマーに転嫁します。

GPU価格は、暗号通貨の時価総額が冴えないことや、イーサリアムが今年後半にProof of Stakeへの移行を考えていることを受けて、着実に下落を続けています。

もう3ヶ月近くも前月比の下落が続いており、NVIDIAはさらに価格下落をもたらそうとしています。

これまでの価格下落は需要サイドによるものでしたが、NVIDIAがAICに対して、製造コストを8~12%程度引き下げ、AICに転嫁すると通知してきたとのことです。

AICは、この節約分をSIに還元し、最終的にはゲーマーのポケットに数ドルの節約をもたらすことになるでしょう。

GPUのコストが下がっても、必ずしも供給が同時に改善されるわけではないことに留意してください。

暗号通貨の採掘が依然として利益を生むため(そして今後も利益を生み続けるため)、GPUの入手は非常に困難ですが、今年を通してGPUの価格を下げ続ける要因がいくつかあります。

  • Samsungの歩留まりは向上しており、NVIDIAはTSMCとSamsungの両方を同時に利用する選択肢を探っています。このルートを選択した場合、RTX 30シリーズとRTX 40シリーズの両方が調和して存在することになり、基本的に2倍のウェハ割り当て量(と供給量)になる。これは、明らかに供給問題を解決するのに役立つだろう。
  • Intel Alchemist GPUも今年発売されますが、この点に関する正確な供給状況はまだ不明です。しかし、市場に第三者が参入することで、市場の供給不足の状況が改善されることは明らかです。
  • イーサリアムのマージは現在、2022年第2四半期に暫定的に予定されています。"公式ロードマップにおいて、イーサリアム財団は、マージアップグレードは2022年第2四半期末までに出荷されるとしています。" これにより、別のコインが後継として台頭してくる可能性はありますが、多かれ少なかれイーサリアムのマイニング需要はなくなるでしょう。いずれにしても(イーサリアムに代わる有力なコインが存在するかどうかにかかわらず)、GPUの暗号通貨採掘需要は大幅に減少することになります。

しかし、現在進行中のロシアのウクライナ侵攻により、ネオン(およびその他の化合物)のファンドリ・バッファが尽きると、予期せぬ価格高騰が起こる可能性があります。

ここで注目すべきは、すべての大手企業が大量のNeonを保管しているため、紛争が長期化しない限り(数カ月と考える)、これは現実的な問題にはならないはずです。

このようなことを考慮すると、残りの1年間、GPUの価格は下がり続け、安価な中古GPUや比較的安価な新型GPUが大量に流入することになりそうです。

もし、あなたがDIYビルドで行きたいゲーマーなら、価格がもっと下がるまで、あと数ヶ月待つのが得策かもしれません。

ソース:wccftech - Exclusive: NVIDIA Quietly Informs AICs Of A 8-12% Drop In Cost For Its GPUs

 

 

 

解説:

グギギギギ(歯を食いしばる音)さすがです、nVidiaさん、製造コストを下げて自ら値下げを通知

私は今までnVidiaを利益に敏いガメツイメーカーとしてとらえてきて、そう言った行動を元にいろいろ批判してきました。

しかし、ここにきて、GPUの原価を下げるとAIBに通知しているようです。

nVidiaの行動はイーサリアムの動向からマイニング需要が激減することを想定したもののようです。

Samsungの歩留まりもようやく価格に反映できるほど向上したことも影響しているようです。

AMDはいつもカツカツでやっているのでこういうことは多分できないと思います。

まー、Radeonは現状でも下がるところまで下がっていますし。

今のままではさすがにAmpereがあまりにもゲーマーにいきわたって無いということもありますし、高くなることが予想されるLovelaceとAmpereを同時に展開することも考えているようですね。

正直、新しいのが出たら古い製品なんて欲しくないですし、やめてほしいところですが、RTX2060 12GBのようにするつもりのようですね。

イーサリアムがPoSに移行したら、Ampereの出る幕は多分ないと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

それほどAmpereがゲーマーに売れてないということなのかもしれません。

 

これって、多分GPUを高値で販売しているところに対する死亡フラグですね。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/05 04:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/05 04:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/05 05:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.