その他

wccftech独占:Lisa SuはAMDの次のキャリアに向けて、後継者を準備しています

更新日:

AMD logo

※ Lisaさんが直々にツイッターで否定の見解を述べたようです。

さて、皆さん、利害関係者を考慮してこれをどのように進めるかについて非常に注意しなければならないでしょう。

この話を始めるのにふさわしい方法は、わずかな文脈を見ることだと思います。

以前に私の独占記事を読んだことがない人たちにとって、私は以前、Raja Koudari、Mike Rayfield、Jim Anderson、そして最近のFrank Azorを含む主要な役員の異動の話を切り出しました。

※ Raja Koudari=Radeonの元チーフアーキテクト、現在はintelに移籍、Mike Rayfield=GPU部門の責任者、2018年末で退職、Jim Anderson=AMDの上級副社長、退職、Frank Azor=AMDのゲーミング部門の責任者になる

この話に関連する情報源は、これらの以前の情報源とかなり重複しているため、話の信ぴょう性は十分信じるに値するものでしょう。

そうは言っても、この上層部の決定は一瞬で(そして完全に)変わる可能性があり、これを読んでいる間はそのことを念頭に置くことをお勧めします。

 

AMDのLisa Suの目標はIBMでの役割

Lisa Suは、AMDのCPU部門を振り返ると、PC市場を再び競争力のある状態にしたことで、最も成功した技術CEOの1人として歴史に残るでしょう。

しかし、私たちの多くは彼女をAMDの柱と考えたいと思っていますが、彼女には彼女自身の野心があり、AMDから移ろうと計画している会社の上層部でたくさんの噂話があります。

私の情報源によると、Lisa Suは、Ginni Romettyの後任としてIBMのCEOおよび社長になるという最終的な目標で、IBMの第2位のポジションに注目しています。

このこの移籍の信頼性の高い根拠は、この記事でさらに説明するように、すでに明らかにされています。

Lisaがすべての企業の中からIBMを選択して移動する正確な理由はわかりませんが、これは彼女が非常に長い間望んでいたことだと言われています。

Lisa Suは、AMDのRome CPUを明日発売する予定であり、これまでに聞いたすべてのことから、大成功を収めることになります。

技術的および財政的に健全な状態に会社を残すことは、IntelがAMDのZen製品への対抗をロールアウトするまで、後継者がかなり簡単な仕事をすることを意味します。

しかし、LisaはAMD内に存在する代替品に完全に満足していなかったため、ここで最近の採用が始まります。

 

Rick Bergmanは、AMDのCEOとして最終的に引き継ぐことを望んでいます

AMDは最近、Synapticsの元CEOであるRick BergmanをPCおよびセミカスタムビジネスのリードとして採用しました。本当の理由は、リサ・スが退職した後継者を引き継ぐ準備をすることだったと言われています 。

Rick Bergmanは、AMDとSynapticsでの過去の経験を考慮して優秀な候補者となり、まさに会社が前進するために必要とされる基本的な性格を持っています。

Bergmanは、重要なビジネスリーダーシップの経験を含む30年以上の業界経験を持っています。

それ以前は、2011年10月から2019年3月まで、タッチ、ディスプレイ、IoT、バイオメトリクスソリューションなどのヒューマンインターフェイスソリューションの大手開発者であるSynapticsの社長兼CEOでした。

それ以前は、AMDで一連の上級管理職を務め、2009年5月から2011年9月まではAMDの製品グループの上級副社長兼ゼネラルマネージャーを務め、2006年10月から2009年5月はAMDのグラフィックス製品グループの上級副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました 。

AMD在職中、Bergmanは、サーバー、クライアント、組み込み、家庭用ゲーム機を介してAMDの顧客にマイクロプロセッサとグラフィックチップを提供し、グラフィックチップとプロセッサを1つのシリコンに搭載する技術を推進しました。

AMDが2006年にATIを買収するまで、BergmanはATIのPCグループの上級副社長兼ゼネラルマネージャーでした。

-AMDの役員の経歴から抜粋。

タイムラインに関する限り、これまでに伝えられたことをお伝えしますが、このような計画は非常に急速に変わる可能性があることを改めて思い出させていただきます。

私の情報筋によると、リサ・スは現在、ローマが打ち上げられ、業界全体に適切に播種された後、秋に去ることを計画しています。

彼女は後継者(おそらくBergman)に90日間の猶予を与え、IBMでの2番目のポジションに向けて出発します。

彼女はしばらくの間彼らと話し合っており、すべての兆候は彼らがうまくいったということです。

IBMは、かつてはコンピューティングの分野で最先端の企業の1つでしたが、その後ゆっくりと着実な燃焼に落ち着きました。

Ginni Romettyは満たすべき大きな靴になりますが、Lisa Suが長い間IBMでトップの座を望んでいたことを考えると、IBMで達成したことを見るのは非常に興味深いでしょう。

ソース:wccftech - Exclusive: Lisa Su Considers A Role Beyond AMD And Prepares A Successor

解説:

さようならLisaおばさん・・・。

AMDのCEOでRyzenシリーズで輝かしい成功を収めたLisa Suが辞職して次のキャリアを目指すという話が出ています。

Lisaの最終的なキャリアの目標はIBMにあったという話が元記事に書いてありますが、さもありなんといった感じの話になっています。

 

相次いでAMDを去るRyzenの成功の立役者たち

Jim Keller、Raja KoudariMike Rayfield、Jim Anderson、Lisa Su、Mike Rayfield、Jim AndersonとRyzen成功の立役者となった役員、技術者たちが相次いでAMDを去っています。

ただし、Raja Koudari氏のみはRadeonのチーフアーキテクトです。

これが意味することを考えると、intelのXeonは中国に売ることが出来なかったので、中国はAMDのZenコアを使ったEPYCのカスタムCPUを採用しています。

この契約によってAMDは中国から資金を得ています。

私の考えるところでは、それだけではなく、おそらく人材面でのテコ入れもあったのではないかと思っています。

大学を含めたアメリカの研究開発機関には中国人技術者が大勢いて、中国企業から資金提供を受けた案件がたくさんありました。

コネはあったと思います。

※ ただし、トランプ大統領になってからこうした中国人たちは帰国させられ、中国企業から資金提供を受けている案件も中止させられました。

中国としてはなんとしてもXeonに匹敵する性能と信頼性を手に入れたかったのではないかと思います。

そのほかにPS5やXboxのAPUの開発もしていますから、そういった両面から、人材のテコ入れがあったのではないのかなと考えています。

Ryzenで一応の成功を収めましたので、しばらくは安泰ということと、中国とアメリカの貿易戦争に伴って、こうした人材がAMDを去ることになったのでは無いかということですね。

もちろん実際にどうなのかということはわかりません。

状況からの推測に過ぎないことはお断りしておきます。

 

もちろん、RyzenはJim Keller氏だけが設計してわけではありませんし、Lisa Suがいなければ今のRyzenの成功が無かったかと言えば答えはNoでしょう。

しかし、成功した途端に役員が抜けるというのはあまり良い傾向ではないのではないかと思います。

まあ、AMDは会社の規模的に、優秀な人材(いわゆる高度人材)が最終的なキャリアとして目指すような会社ではありません。

私は最近のこうした動きをRyzen立ち上げのためにブーストされていたと解釈しています。

さらにRaja Koudari氏を失ったAMDがCPUとGPUの両面で、どんなふうに事業を展開していくのか注目すべきところでしょう。

少し前まで、CPUの開発には5年かかるといわれていました。

今もそうなのかはわかりませんが、これら高度人材が抜けた穴が表面化してくるまで、少なくともあと3-4年は安泰ではないかと思います。

そこで手堅く経営できれば、以降も安泰だと思いますが、そうでなかった場合、またBulldozerの悲劇が繰り返されることになると思います。

まあ、Post Ryzen、Post Naviがどうなるのかはいまだに明らかにされていませんが、それが明らかになれば、ある程度は判断がつくのではないかと思います。

 

※追記

Lisaおばさん直々に否定が入りました。

コメントで情報をいただいたmuimuiさんありがとうございます。

ただし、解説で述べた私の意見の方向性というものには変更はないです。

まあ、見解そのものが憶測に基づくものですので、参考程度としてください。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.