GPU情報

発売1か月たった今、Naviはまだベータ版なのだろうか?

更新日:

このサイトでやるべきことの1つは、新しいゲームがリリースされたときにテストすることです。

奇妙な動作に関してベンダーに報告している非常に興味深い癖をよく見つけます。

通常、これにより、あるベンダーのパフォーマンスが大きくずれていた、2016年のDOOMに代表されるゲームなどで、テストを遅らせるかテストを再検討することになります。

新しいWolfenstein:Youngbloodでの最新のテストで、NaviベースのRadeon RX 5700が最新のドライバーを実行していると、非常に不安定であることがわかりました。

本当に奇妙だったのは、DDUの「セーフモード」セッションが適切に行われた後、最新の19.7.3ドライバーにアップグレードしたことです。

 

そのドライバーは13%のかなり実質的なブーストを主張し、それはNaviベースのカードで指定されました。

しかし、私自身にとっても、他の人にとっても、RX 5700を実行してそのゲームをプレイしようとするとシステムが完全に不安定だったため、ほとんどの場合そうではないことがわかりました。

AMDに連絡して、これが起こっていることを伝えましたが、他の不具合収集のためにテストしているライターたちも同様でした。

そして、Radeonドライバ19.7.4リリースノートで既知の問題として言及されていませんでしたが、最新かつ最高のチームレッドを持つユーザーのためにこれを正しくするには2つの改訂が必要でした。

これは、新しいアーキテクチャの初期不良のように見え、私が抱えていた問題に困惑していたたとき、(電力設定の)アイドルデスクトップシナリオ中にファンが設定より高いRPMで回転し続けるため、おそらくカードに問題があると疑い始めました

調子を整える方法がありません。

 TechPowerUPでもその問題が発生していたことがわかりました。

彼らは、問題が19.7.3の時点で現れており、新しいリリースでも発生することを指摘しました。

19.7.1と19.7.2にロールバックすると、アイドル状態のファンの速度が通常に戻ったことがわかりました。

これは、アイドル状態の速度が22%を超えるとファンノイズがかなり聞こえるようになるため、貴重な情報でしょう。

購入したRX 5700での初期のテストの一部でさえ、いくつかの本当に奇妙な問題がありました。

Forza Horizon 4では、オーバークロックを少しでもいじり続けると、絶えずクラッシュすることがわかりました。

デスクトップへのクラッシュを意味するのではなく、システム全体のシャットダウンと再起動を意味します。

マザーボード、CPU、メモリ、ストレージ、さらにはPSUに何か問題があると心配するほどです。

AMDのフォーラムで問題を引き起こしているように見えるカスタムファンカーブの設定に関係している可能性があります。

案の定、ファンカーブをリセットし、タッチしなかったので、ファンをストックカーブとして残したので、ゲームはカードの温度のしきい値ではありますが問題なく実行されました。

私が抱えていた問題の解決策を探している間にこれらのことを見つけました。Redditで問題を抱えているユーザーもたくさんいます。

しかし、これが私をすべて導いたのは、AMDとRadeonがNaviベースのRX 5700シリーズを発売してから5ベータがあり、1か月が過ぎたという認識でした。

または、現在言及されているように、発売以来「オプション」のドライバーであり、Naviベースのカード用のWHQLドライバーはまだ見ていません。

チームレッドから入手した最後のWHQLドライバーは、6月3日にリリースされた19.5.2でした。

オプションのものをインストールするのに問題がない読者はたくさんいると思います

安定性の問題により、ゲームはプレイできないような特定のゲームでパフォーマンスを向上させると主張するオプションのドライバーを試みるのではなく、製品を出荷したり、公式に認定されたドライバーにアップデートしたりするだけのOEMや多くの人々が存在することを知っています。

当面の本当の懸念は、今後のボードパートナー製品の発売です。

これらのタイプの問題は、利用可能なカードのバージョンが1つしかない場合の例です。

しかし、ボードメーカー独自のGPU製品では、これらがドライバのリリースを繰り返して完成度をあげ、最終的に修正される前に、すばやく整理する必要があるものです。

ソース:wccftech - After A Month, Is Navi Still In Beta?

解説:

RX5700/XTにトラブルが発生しているようですね。

最新ドライバで電力制限や冷却機能に問題が発生し、ファンの回転数が上がると戻らなくなる問題が発生しているようです。

そのほか特定のゲームで落ちる不具合も発生しており、GPUだけでなく、システム全体が不安定になっているのではないかと心配になるほどの症状のようです。

また、最新ドライバはWQHLを取得していないようです。

 

Raja氏が抜けた穴は大きかったのだろうか?

こうした話を聞くとRaja氏の抜けた穴は大きかったのかなあという思いが大きくなります。

8月のボードメーカーがカスタム設計のRadeonRX5700/XTを発売する前に安定させられるかどうかがRX5700/XTの評価を決めると言っても過言ではないと思います。

リファレンスデザインを買った方に関してはしばらく待つしか方法がないでしょうね。

まあ、nVidiaもドライバに関しては決して評判が良いとは言えませんが、Radeoinはそれよりさらに良くないです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/10/01 01:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/10/01 06:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.