マザーボード関係

ASUSがAMD X590メインストリームおよびAMD X599 HEDTマザーボード開発していると報じられています

投稿日:

ASUSは、実際の製品をVideocardzに確認することで、AMDのX590メインストリームおよびX599 HEDTプラットフォーム上でこの問題を解決しました。

AMDはすでにRyzenプロセッサ用の主流ソリューションとしてX570を導入していますが、将来のコア数の多いプロセッサの計画にもっと多くのものがあるかもしれないようです。

 

ASUSは、RyzenとRyzenのThreadripperプロセッサ向けにAMD X590とX599プラットフォームを確認

レポートによると、ASUS、AMDのトップAIBパートナーの1つは、未発表のAMD X590およびAMD X599チップセットを利用する一連のマザーボードを内部で開発しています。

これらのボードは、主流とハイエンドの両方のデスクトッププラットフォームを対象としており、次のものが含まれます。

  • ASUS Prime X590-PRO
  • ASUS ROG STRIX X590-E
  • ASUS ZENITH II Extreme

情報源は、ASUSによって内部で確認された3つのマザーボードすべてがまったく市場に出ないかもしれないし、そうでないかもしれないと示唆しています。

これで、X590シリーズの発売が、AMDのRyzen 9 3950Xと一致する可能性があります。

これは、AM4 CPUソケットの主力16コアチップになるでしょう。

16コアチップは最初の3rd Gen Ryzen発表の間に欠けていた唯一のチップであったので謎だったが、E3 2019(The PC Gaming Show)で数週間後に発表された。

Ryzen 9 3950が発売されたとき、AMDのX590は限られた数のマザーボードで驚くべき姿を見せるかもしれませんでしたが、それは単なる憶測です。

※ 3950Xだと思いますが、原文がそうなっていますのでそのままにしておきます。

最近の報告では、X570とX590が実際にPCIe Gen 3サポートを提供する一方でもう一方がPCIe Gen 4サポートを提供することで計画されていたが、計画は中止されAMDはX570 Gen 4サポートを提供しました。

他のシリーズはASUSから新しいZENITH II Extremeマザーボードを入手しているX599です。

ASUSはすでにX399チップセットをベースにした2つのZENITHマザーボード、ROG ZENITH(1)ExtremeおよびROG Zenith Extreme Alphaを製造しています。

これらのマザーボードは両方とも、現時点でThreadripper 1stおよび2nd Gen用に購入できる最高のTR4ソケット製品です。

X599チップセットをベースとしていると思われるZENITH II Extremeは、AMDの3rd Gen Ryzen Threadripperプロセッサをサポートするでしょう。

 

AMD CPU ロードマップ (2018-2020)

Ryzen世代Ryzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 SeriesRyzen 5000 Series
アーキテクチャーZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2)Zen (3)Zen (4)
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンドサーバー (SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Next-Gen'
サーバー最大 コア数/ スレッド数32/6432/6464/128不明不明
ハイエンドデスクトップ(TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 SeriesRyzen Threadripper 5000 Series
HEDT最大コア数/ スレッド数16/3232/6464/128?不明不明
デスクトップ (AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)Ryzen 5000 Series
最大コア数/ スレッド数8/168/1616/32不明不明
GPU内臓無しRyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso 14nm Zen+)Ryzen 4000 Series (Renior)Ryzen 5000 Series
発売年20172018201920202021?

AMDの3rd Gen Ryzen Threadripperファミリーは、新しい7nm Zen 2コアアーキテクチャに基づいて最大64コアおよび128スレッドを提供する予定です。

HEDTプラットフォーム自体は、最も機能が豊富なI / Oと、破壊的なパフォーマンスと価値を提供するリーダーシップ設計です。

X599の命名は、Intelの次世代HEDTプラットフォームでは以前に現れていたので、IntelがX599の命名方式を使用するのかAMDを使用するのかについては疑問の余地があります。

それはまだ見られないままですが、マザーボード(ROG ZENITH II)とASUS X590シリーズのサポートはHWiNFOの最新版に既に追加されています。

 

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU - ここで、価格、仕様、およびパフォーマンスの観点から期待することがあります

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリーは、2019年後半に発売予定です。このファミリーは、「Castle Peak」として内部的に知られ、HEDT市場で主導的なリーダーシップを発揮すると言われています。

TR4ソケット付きマザーボードに新しいプラットフォーム機能が導入され、それらを次のレベルに引き上げる一方で、このファミリはパフォーマンスと全体的な効率性において新たな透かし模様であることが証明されます。

また、Ryzen 3000シリーズCPU用のX570チップセットベースのAM4マザーボードですでに確認されている、これらのマザーボード上でのPCIe Gen 4.0サポートも検討します。

AMDがThreadripper 3000シリーズで引き続き優位に立つことを望んでいることを考えると、7nmプロセスノードのおかげで、クロック速度が上がるにつれて性能が向上する、壮観な量のマルチスレッドパフォーマンスを見込んでいます。

CPUもまた主要なコア増加を受けているだろうが、AMDは価格を現在のレベルに近づけることを望んでいる。

AMD CEO Dr. Lisa Su:

"ええと。 これは非常に興味深いことです。

インターネット上で流通していることのいくつかは、私たちが「Threadripperを続けるつもりはない」と言ったことはないと思います。

Su氏は、基調講演の後、少人数の記者団に語った。

「あなたは私たちからもっと[Threadripper]を見るでしょう。 あなたは間違いなくもっと見るでしょう。

メインストリームが上がっているのであれば、Threadripperはもっと上に上がる必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。

PCWorldより

生のパフォーマンス出力に関しては、新しいダイのレイアウトはまだテストされていませんが、ダイの相互接続が強化されて前の2世代にわたってさらに洗練されているため、キャッシュとレイテンシの性能向上により、システム全体の応答性が大幅に向上します。

今後数ヶ月でより多くの詳細を期待しています。

ソース:wccftech - ASUS Reportedly Working on AMD X590 Mainstream and AMD X599 HEDT Motherboards – ROG Zenith II Extreme In The Making For 3rd Gen Ryzen Threadripper

Ryzen Thread Ripper

解説:

ASUSが以前も存在するが発売はされないといわれていたX590チップセット搭載のマザーボードを用意しているという噂が流れてています。

当初はX570がPCIe Gen3、X590がPCIe Gen4サポートだったようですが、X570がPCIe Gen4をサポートしたことによってX590は発売されないことになったはずです。

ASUSと言えば先日他社のマザーをdisる資料を流したというよくない話が出ていました。

なぜASUSがここまで焦っているのかよくわかりませんが、ここまで焦っているとしたら勇み足でX590を出したいという話をAMDに直接掛け合っているとしても不思議ではないです。

ただ、ソース元は「発売されるかどうかはわからない」としています。

タイミング的には16コア32スレッドの3950Xと同時というのが自然でしょう。

Threadripper用の新チップセットX599に関しても話が出ています。

こちらも第三世代Threadripperと一緒に華々しくデビューさせる予定なのでしょう。

第三世代ThreadripperはI/Oチップレットの他、ダイの相互接続を統括する専用のチップレットが追加されるという話ですので、こちらのパフォーマンスもかなり上がるかもしれません。

X599に関してはX399でもPCI Express Gen4のサポートがされるとされており、何が変わるのかちょっと注目しています。

 

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.