GPU情報

SIGGRAPH 2019でのIntel CREATEイベント:新しい高性能レイトレーシングエンジン、Rajaの法則、Xe GPU Collabsなど

投稿日:

「Intel Create」と名付けられたIntelのSIGGRAPH 2019イベントは、Intelの新しいマスタープランがどのように展開されるのかを待っている人々にとって、非常に興味深い貴重な情報をいくつか持っていました。

ソフトウェアの面では、Intelのようなハードウェアを第一に考えている企業では通常無視されていますが、Createイベントは、それらの月にさかのぼって約束を果たした珍しい例です。

Intelは高性能レイトレーシング用の新しいカーネルを発表しただけではありません(すみません、これはまだゲーマー向けではありません)。

オープンソースのレイトレーシングエンジンも含まれています。

 

インテルのレンダリング・フレームワークのロードマップインテルのSIGGRAPH 2019での作成

Jim JeffersがIntelのSIGGRAPH 2019 Createイベントに出演し、すぐに観客に期待を寄せました。

「エクセスケールコンピューティングとコンテンツ作成への道は、それらの間に強い相互依存関係と機会を持っています。私たちがこれらの分野で成し遂げた進歩は、互いの利益のために両方のドメインにわたって容易に共有することができます。」

シニア・プリンシパル・エンジニア兼インテルのAdvanced Rendering and VisualizationチームのシニアディレクターであるJim Jeffersは、次のように述べています。

「oneAPIのようなソフトウェアイニシアチブへの投資と高度なアルゴリズムの研究開発は、私たちが「トランジスタを置き去りにしないこと」に着手したとき、大きな役割を果たします。」

同社の6つのテクノロジの柱とOneAPIイニシアチブは、ほとんどすべての技術担当者がこれまでに聞いたことのあるものですが、このイベントはクリエイターに捧げられたものであり、それが示されました。

IntelはすでにXeonエコシステムのおかげですでにハリウッドを手に入れています(数年前の時点では、GPUでプロのプロジェクトのためにレイトレーシングをすることさえ考えていなかったでしょう)。

しかし、「今後数年間」には、非常に野心的な(そして少し漠然とした言い方をすれば)1000倍のパフォーマンス向上の目標を達成するためにワークフローを加速するのに役立つ多種多様なソフトウェアツールの発表を進めました。

 

Intel embree 3.6カーネル、Intel Open Image Denoise 1.0、現在入手可能、OSPRay 2.0レイトレーシングエンジンとオープンソースの組み合わせ

Intelは、最新の高性能レイトレーシングカーネル(Embree 3.6)と新しいOpen Imageノイズ除去ツールの新バージョンを発表しました。

ディープラーニング/アクセラレーテッドレイトレーサーは通常、少し品質を落とすことで非常に速く動作することを考えると(これはレイトレーシングの世界では通常ノイズです)、きれいな出力のためのパッチアップジョブを提供するために良いノイズ除去器が必要です。

どちらのツールも互いに補完するものであり、インテルがオープンソースの動きを真剣に考えているのは本当に素晴らしいことです。

実際、彼らは、来四半期にオープンソースのレイトレーシングエンジンであるOSPRay 2.0を、待望のOneAPIと共にリリースすることを計画しています。

OSPRay 2.0の最初の繰り返しには、非同期レンダリングなどの機能があります(私の言っていることを知っていれば、このような楽しい言葉です。AMDファンを見ています)

一方、最終的な反復はフルパストレースされたボリュームライティングとレンダリングサポートを含みます(exp。Q4 2019)。

インテルのパートナーもまた、既存および今後のソフトウェアスタックのコラボレーションを際立たせるためにステージを踏みました。

これには、AVX 512を使用してIntel XeonプロセッサによるOpen Shading Languageの2倍の高速化を可能にするためのIntelとのコラボレーション、およびRendermanの研究開発を利用して次期Intel Xe GPUアーキテクチャに拡張する意向が発表されました。 

Maxonは、Cinema 4D R21でIntel EmbreeとOpen Image Denoiseを使用してレンダリング時間を短縮することを明らかにし、将来のCPUおよびGPUテクノロジの技術提携を発表しました。

  • 高性能レイトレーシングカーネルの最新バージョンとしてEmbree 3.6をリリース。 今すぐ入手可能
  • AI /ディープラーニングを使用して高品質の画像を提供し、レイトレーシングアプリケーションのレンダリング時間を短縮するIntel Open Image Denoise 1.0。 今すぐ入手可能
  • Intel OSPRay2.0。OpenImage Denoise 1.0が組み込まれる、オープンソースのスケーラブルなレイトレーシングエンジン。 2019Q4入手可能。
  • ボリュームレンダリング用のIntel Open Volume Kernel Library。 2019Q4入手可能。

結局のところ、すべてはインテルのソフトウェアの野望のために非常に美しく定義されているように見えます。

 

ラジャの法則:10年ごとの新しいアーキテクチャー

Jim Keller氏とRaja Koduri氏は、業界のペースと、それが長年にわたってどのように進化してきたかについても話しました。

ムーアの法則(元インテルのCEOによって定義された法則)が議論されましたが、アナリストが異なれば、それがまだ生きていて有効かどうかについて異なる答えを出すでしょう

Intelは、法則の精神はまだ非常に有効であると考えている(AMDのファンは、彼らが示していたスライドが2017年に終了するということに非常な喜びを感じただろう)。

どうやって? これが、Bellの法則が提起されたところであり、10年ごとにおよそ変化した後でコンピューティングの形式がどのように変化するかについての議論が続いたことです。

最後に、インテルは新しい法律を作りました:ラジャの法則。

Rajaの法則は、IntelのRaja Koduriによる、主要なマクロアーキテクチャのタイプは約20年ごとに変わる(厳密な時間枠はテクノロジの進歩が加速するにつれて反復ごとに短くなる)という声明です。

この点を説明するために使用された例は、当初、包括的なアーキテクチャはマルチコアCPUに移行したシングルコアCPUでした。

私たちは現在GPU時代にあり、ディスクリートAI時代に目を向けています。

ソース:wccftech - Intel CREATE Event At SIGGRAPH 2019: New High Performance Raytracing Engine, Raja’s Law, Xe GPU Collabs And More

解説:

IntelがSIGGRAPH 2019でのイベントでRajaの法則なるものを発表しました。

まあ、ここまで重用されればRaja氏がintelに移籍するのもわかる気がします。

Intelはこのイベントで周辺ソフトウェアを含んだ技術の発表を行いました。

まさにRaja氏が言っていた「AMDには意味のあるソフトウェアエコシステムは無い」という事実を裏付けているかのような発表ですね。

intelはRajaの法則として、主要なマクロアーキテクチャのタイプは約20年ごとに変わると主張しています。

今はマルチコアCPUの時代の終わりであり、これからGPUの時代に入り、Discrete AIの時代を目指すとしています。

スケールが大きすぎて何かピンとこないと思いますが、intelはAMDよりももっと長いスパンで投資を行っているということは理解してもらえるのではないかと思います。

今はAMDやその後ろにいるスマホ勢に後れを取っていますが、今後高性能な個人向けPC(ゲーミングPC)が下火になったとしても、確実にintelという会社は生き残っていくと思います。

私にはRajaの法則が正しいものかどうかという確信は持てないですが、やはりintelは凄い会社だなと思います。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.