その他

AMDは収益予想を満たしているが、株価は低調な見通しを示している

投稿日:

AMDの第2四半期決算が本日発表され、アナリストが期待していたところで利益が上がっていましたが、同社は第3四半期に向けて好調に推移しました。

総収入は前年17.6億ドルに対して15.3億ドルであった。

AMDは、自社のコンピューティング部門とグラフィック部門およびセミカスタム部門の両方が、前年同期比で13%の減収の原因だったとしています。

AMDの株式は第3四半期の見通しの悪さを落としており、これを書いている時点では、執筆後の取引では32.43ドルまで5%近く下がっています。

 

AMDコンピューティングとグラフィックス

今日、私たちはAMDのコンピューティングとグラフィックスセグメントの二分法を見ています。

その名前が示すように、両方の主要製品ファミリはRyzen CPU製品とRadeonグラフィック製品を含む事業単位に分類されています。

残念ながら、一方が順調に進んでいるとき、もう一方がそれに追いつくことができず、この過去の四半期はその傾向を維持しています。

同社の投資家向け広報部門から直接寄せられたもので、これは私たちの読者の大部分にとって驚くべきことではないが、グラフィックチャネルの売上減が主な要因で、前年同期比で13%減となった。

第1四半期の初めに発売されたRadeon VIIは、それほど大きな勢いを得ていないようです

そしてその予想外のリリースを超えて、セグメント(正式にはRadeon Technologies Group)はRadeon 570と580価格帯のカードの中心にある古のPolarisチップに頼っています。

反対に、Ryzen 2000シリーズはビルダーや販売データを公開している多くのマーチャントウェブサイトで非常に人気があり、ブランドにいくつかの素晴らしい数字を示しています。

競合他社のIntel(NASDAQ:INTC 51.7〜1.54%)とそのCPUの選択から市場シェアが大きくシフトし、AMDは、グラフィックカードの売上の減少は、クライアントプロセッサの売上の増加によって部分的に相殺されたと述べました。

グループの営業利益は、主にGPU需要の減少により、2018年第2四半期に比べて急落したが、前四半期と比較して、GPUの売上高が増加したため、状況はやや改善したようである。

- おそらくRadeon VIIは、実際には統計の数字を動かす程度には売れています。

 

エンタープライズ、エンベデッド、セミカスタム

Computing and Graphicsが大幅な製品アップグレードを受けた一方で、EE&SCは7nmの「Rome」EPYCサーバチップのアップデートをまだ発表していません。

※ セミカスタムICの詳しい説明はこちら

さらに言えば、次世代のXboxとPlaystation 5を装った次のコンソールサイクルは、今から約1年後までは量産を開始することができません。

それにもかかわらず、EE&SCはC&Gよりも少し良く見えています。

売上高は前年同期比12%減でしたが、営業利益は前年同期比で8900万ドルに増加しました。これは2000万ドルの増加に相当します。

私達はついにEPYCが実際に最終的な収益に重大な影響を与えるのに十分な量をいくらか移動させ始めるのを見始めています。

これらの数字は、EPYCが企業にとってどれほど重要かを示しています。

エンタープライズシステムの設計と調達のサイクルは、OEMや市販のコンピュータよりはるかに長く、EPYCプラットフォームはますます多くの設計に忍び寄っています。

7nm Zen 2コアについて私たちが知っていることを考えると、ローマを拠点とするEPYC製品はデータセンターの管理者に代わる説得力のある代替品を提供するはずです。

今後、AMDは第3四半期のガイダンスを1億5000万ドル減少させて18億ドルとし、ほとんどのアナリストは195億ドルのガイダンスを期待していました。

AMDの見通しについて:

2019年第3四半期のAMDの売上高は、約18億ドル(プラスマイナス5000万ドル)で、前年同期比で約18%増、前年比で約9%増と予想しています。

経常的および前年比での増加は、Ryzen、EPYC、およびRadeon製品の販売によるものと予想されます。

AMDは、2019年第3四半期の非GAAPベースの売上総利益率が約43%になると予想しています。

 

2019年通年では、AMDは新しいRyzen、EPYC、およびRadeonプロセッサの大幅な売上増加により、2018年から一桁台半ばの増加を見込んでいますが、予想を下回るセミカスタムセグメントの売上となりました。

セミカスタムを除く収益は、前年同期比で約20%増加すると予想されています。

AMDは、2019年の非GAAPベースの売上総利益率が約42%になると予想しています。

期待されていない収入の数にもかかわらず、ここにいくつかの有望な部分があります。

AMDは実際に利益率を伸ばし始めており、第3四半期に43%の売上総利益率を達成すると予想しています。

2017年第4四半期の利益率は34%でしたが、1年前の2018年第2四半期には、利益率が37%に改善しました。

43パーセントの売上総利益率への扉をノックすることは、1ユニットあたりの平均販売価格が大幅に向上した豊富な製品ミックスのおかげで、本当に強力な改善です。

競争力のあるパフォーマンスを提供するため、製品に対してより多くのことを求めることができます。

もう1つのコメント傾向は、AMDの現金および負債のポジションです。

私たちは現在、同社の純利益の4分の6を占めているので、破産がすぐに起きているのかどうか疑問に思っていた日々から遠く離れています。

これは、かつてはかすかな利益率のコンソール/ APUの売り上げに追いつかずに生き残った企業であり、現在では成長はそれほど壮観ではありませんが、その根本を支えています。

手持ちの現金は過去数四半期にわたり11億ドル以上で安定している一方で、同社は総債務を18日の第2四半期の16億8000万ドルから今日の13億ドルに返済している。

専門家が会社を批判するかもしれないところでは市場シェアにあります。

マージンの改善と債務ポジションへの現金は優れており、確かにその長期的な成功に不可欠である、AMDは単により速いペースで収益を拡大し続けなければならない

ラップトップやOEMデスクトップCPUの出荷台数は依然として少なく、EPYCが勢いを増し始めているにもかかわらず、データセンターに関してはまだ市場の3%未満である可能性が最も高いです。

ソース:wccftech - AMD Meets Earnings Estimates But Stock Drops On Poor Outlook

解説:

AMDの2019年Q2の業績が出ました。

残念ですが、Ryzen3000、Navi、いずれも発売前ということです。

Ryzen2000シリーズは発売前にかなりセールが行われ、また、intelのCPUの供給が良くなかったこともあり、かなり売れたようです。

しかし、GPUではほとんど利益が無いといわれるRadeonVIIや捨て値で販売されているRX500シリーズで勝負していかなくてはならず、かなり苦しかった状態が反映されています。

結果的にはQ1から13%減の15.3億ドルにとどまりました。

ただし、Q3はRyzen3000シリーズとRX5700/XTが発売され業績が上がること確実です。

これを受けて株価は低調のまま推移ということです。

先日、intelの業績にも触れましたが、intelは減収を予想して、全体としては減収だったものの業績予想(ガイダンス)を超えたため株価が上がりました。

intelが企業として超優等生というのはこういうところにも表れています。

会社としてどちらが優秀なのかというのはこれを見ても明らかだと思います。

ただし、Q3の業績が出ればRyzen3000シリーズ、RX5700/XTという二大製品が発売されて業績が爆発していると思います。

向こう1年くらいはAMDの独壇場になると思いますので、ファンの方は刮目しておきましょう。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.