マザーボード関係

AMDはAGESA ComboAM4 1.0.0.3ABBを準備し、3rd Gen Ryzenに影響を与えるいくつかの問題に対処しています

投稿日:

AMD logo

AMDは本日、そのチップセットドライバソフトウェアへの強く推奨されたアップデートを通して、その第三世代Ryzenプロセッサに関する複数の問題に対処しました。

まず、プロセッサが特定のソフトウェアからの小規模なパフォーマンス要求をより高いパフォーマンス状態のロック解除要求として誤って解釈するため、電圧とクロック速度が上がるという第3世代のRyzenチップの異常な動作に気づいたというユーザーもいます。(より高いクロック速度とそれらをサポートするための電圧の組み合わせ)。

これは、オブザーバ効果を引き起こした特定のソフトウェアによってパフォーマンスが測定されたときに、アイドル時に異常に高い電圧が報告されたときに初めて明らかになりました。

AMD Chipset Driversの新しいバージョン1.07.29は、AMD Ryzen Balanced Windows電源方式を改良して、優先度の低いワークロードをより意識し、システムがアイドル状態のときに正しい状態を保証するようにします。

AMDはRyzen Masterソフトウェアを推奨しています。

ハードウェア監視モジュールが修正されているため、バージョン2.0.0.1233(以降)。

AMD Chipset Drivers 1.07.29には、第3世代のRyzenプロセッサを搭載したマシンで "Destiny 2"をプレイできなくしたというバグに対する "ベータ"修正も含まれている。

同社は以前、ComboAM4 1.0.0.3ABAを介してAGESAプロセッサのマイクロコードを更新することでこのバグを修正しようとしていましたが、広く流通している1.0.0.3ABと混同しないようにその特定のバージョンはバグが多く引っ張られています

AMDは、新バージョンのAGESA、バージョンComboAM4 1.0.0.3ABBに取り組んでいると述べた。

AGESA ComboAM4 1.0.0.3ABBはまた、「Event 17、WHEA-Logger」Windowsイベントロガーのバグとして、AMDクロニクルに関する別の問題にも対処します。

どうやら、第二世代のRyzenプロセッサを搭載したマシンにM.2 PCI-Expressをインストールしているユーザの中には、ブートドライブに関連してEvent Loggerに数多くの "Event 17"エラーを経験しているものがあります。

1人のユーザーはシステムファイルチェッカーがシステムファイルの不一致を報告していると不平を言った、とはいえAMDはそのプラットフォーム上で「データ損失」の告発を否定した。

AMDは現在AGESA ComboAM4 1.0.0.3ABBをテストおよび検証しており、今後数週間以内にBIOSアップデートにカプセル化することをマザーボードメーカーに推進する予定です。

ソース:techpowerup - AMD Readies AGESA ComboAM4 1.0.0.3ABB, Addresses Several Issues Affecting 3rd Gen Ryzen

解説:

以前翻訳した記事のAGESA(=AMDが作成しているBIOSの素のようなもの)に非常にわかりにくいバグがあり、400系のマザーで不安定要因になっていることが指摘されていました。

※ 参考:AMD AGESA 1.0.0.3ABAはバグがあり、同社マザーボードベンダーから情報を入手

今回はそのバグフィックス版であるAGESA ComboAM4 1.0.0.3ABBを準備しているとのことです。

ゲーム"Destiny 2"でもプレイ不能になる致命的なバグのようです。

症状はWindowsのEvent Loggerに数多くの "Event 17"エラーが出る模様です。

現在、Ryzen3000シリーズをお持ちの方で何か不安定かなと思っている方はイベントログを検索して "Event 17"エラーが出ていないかどうかチェックしてみるとよいでしょう。

私はかなり前から予言していましたが、こうした初物製品にはバグがつきものですので、しばらくはこうした状態が続くと思います。

AMDが出しているAGESAそのものにバグがある状態ですので、今後BIOSのアップデートがあったら逃さずにアップデートしておくことをお勧めします。

個人的にはイベントログにエラーが記録されるのは気持ちが悪いので、こういう症状の場合、完全にフィックスされたBIOSが出たらインストールしなおししたいですね。

「AGESA ComboAM4 1.0.0.3ABB」のサフィックス(末尾のABBの部分)が変わっている状態ですが、完全にフィックスされたらおそらく番号自体が変わると思います。

※ 例:AGESA ComboAM4 1.0.0.3ABBからAGESA ComboAM4 1.0.0.4など

しばらくは我慢ですね。

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.