CPU情報

AMD Ryzen 5 3500 CPU、6コア、65W TDP、179ドル前後の予算オプションを表示 - Ryzen 9 3900 12コア(65W TDP)

更新日:

AMD Ryzen Logo

AMDは65WのTDP部品と企業向けのPROシリーズを含む新しいRyzen 3000プロセッサの開発に取り組んでいます。

新しい加工業者は、EECまたはユーラシア経済委員会(Komachi_Ensaka経由)のリストに掲載されました。

 

AMD Ryzen 5 3500 6コア、Ryzen 7 3700 8コア、およびRyzen 9 3900 12コア、Proシリーズに沿った65W TDP CPU

AMDが間もなく、すでに優れたRyzen 3000シリーズファミリーにさらに興味深いオプションを近々導入する可能性があります。

7nm Zen 2アーキテクチャをベースにしたRyzen 3000は、その大規模IPCにより、クラス最高のマルチスレッドパフォーマンスとIntelの最新プロセッサと同等のシングルコアパフォーマンスを提供します。

※ 該当のページ

EECに記載されているプロセッサには、Ryzen 5 3500、Ryzen 7 3700、Ryzen 9 3900、Ryzen 7 Pro 3700、およびRyzen 9 Pro 3900があります。

スペックに関しては、正確な情報はありませんが、これらすべての部分のTDPが65Wになるようです。

AMD Ryzen 5 3600は6コア、おそらく12スレッドを搭載する予定です。

Ryzen 5 3600はすでに199米ドルで販売され、Ryzen 5 3400Gは149米ドルで小売されているので、このチップは約159米ドルから179米ドルになる可能性があります。

AMD Ryzen 7 3700とRyzen 7 Pro 3700は、8コア製品と16スレッド製品の両方になります。

Ryzen 7 3700Xはすでに65 W TDPを搭載しており、クラス最高の値を持つ驚異的なクロック速度を備えているため、これらのデバイスのクロック速度を確認するのは興味深いでしょう。

AMD Ryzen 9 3900とRyzen 9 Pro 3900は、12コアと24スレッド部品になります。

AMDが65W TDP設計にコア数の多いプロセッサをもたらしたのは興味深いことです。

 

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインナップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/126/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベース クロック不明3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz不明3.8 GHz3.5 GHz
ブースト クロック不明4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz不明4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)35 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)404040404040404040
TDP65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格 (USドル)$159-$179 US$199 US$249 US不明$329 US$399 US不明$499 US$749 US
価格 (日本円)10,670 -23,27026,16032,509不明43,41851,251不明65,236100,000前後

※ 日本円の価格は記事執筆時点でのamazon価格と、未発売のものに関してはそこから逆算したものになります。変更になる可能性がありますのでご了承ください。

105 W TDP製品と比較して、65 W製品のクロック速度が大幅に低下することが予想されます。

価格は65W TDP製品に合わせて調整することもできます。

IntelのCore i9-9900は、8コア、16スレッドの65W SKUでもあり、小売価格は400米ドル以上です。

AMDはこれらのチップの発売を確認していないが、2019年後半に発売されることが予想される。

これらの製品の大部分はOEMのみであり、小売店で販売されることは決してないだろう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5 3500 CPU Shows Up, A 6 Core, 65W TDP, Budget Option For Around $179 US – Ryzen 9 3900 12 Core With 65W TDP Also Listed

解説:

OEM向けに65W TDP製品のリストがリークしました。

同じにEEC(ユーラシア経済委員会)のHPからです。

自作向けとしてはこれらの製品は人気がありませんが、OEM向けとしては多少性能が上がるよりは発熱が少なく、扱いやすいということが重要になります。

低発熱であれば、強力なクーラーが必要なく、低コストになるという利点もありまする

intelも65W CPUを発売していますが、あれはそういう意味です。

まあ、ゲームの性能にしても65W版と末尾K付きの95W版でほとんど変わりません。

おそらくこの違いにこだわるのは自作PCオタクくらいだと思います。

これらもやはり、自作向けというよりはOEMの要望に応えたという形ではないでしょうか。

問題なのは現在、人気が殺到し、猛烈な品薄になっているということくらいでしょうか。

特に12コア24スレッドのRyzen 9 3900Xはどこも納期未定となっています。

この状態でOEM向けに別途製品を流すのか・・・と思います。

前例のない高性能製品なので仕方ないと言えばそれまでですが、国内メディアのインタビューに「製品は潤沢に用意してある」と答えていたにも関わらず、この状態ですので、予想をはるかに超える人気だったのでしょう。

出荷数のベースはRyzen 7 2700Xをもとに考えていたはずです。

供給が安定するまでは今しばらくかかるのかなと思います。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.