マザーボード関係

リークされたZ490マザーボードを含むASUSの400シリーズ全体のラインナップ– Biostarは次世代のZ490マザーボードも覆面広告します

投稿日:

第10世代のComet LakeデスクトップCPU向けのIntel 400シリーズマザーボードが、ASUSとBiostarの最新のバリアントでリークし始めているようです。

このリークは、ASUSの400シリーズのポートフォリオ全体と、次世代のZ490マザーボードと思われるBiostarのティーザーを網羅しています。

 

第10世代Intel Comet LakeデスクトップCPU向けのASUSのZ490マザーボードラインナップ全体がリーク

ASUSマザーボードのラインアップリークは、メーカーがIntelの第10世代デスクトップファミリ向けに準備しているすべての400シリーズマザーボードのリストを受け取ったHD-Tecnologiaが原因です。

15個のZ490、1個のW480、5個のH470、8個のB460モデルを含む、ASUSの400シリーズのラインアップには合計29個のマザーボードがリストされています。

最上位機種であるZ490モデルには、ROG Maximus XII Extreme、ROG Maximus XII Apex、ROG Maximus XII Formulaなどのフラッグシップモデルが搭載されています。

以下は、リークされたすべてのマザーボードのリストです。

ASUS Z490 Chipset Motherboards

  • PRIME Z490-A
  • PRIME Z490M-PLUS
  • PRIME Z490-P
  • ROG STRIX Z490-A GAMING
  • ROG STRIX Z490-E GAMING
  • ROG STRIX Z490-F GAMING
  • ROG STRIX Z490-G GAMING
  • ROG STRIX Z490-H GAMING
  • ROG STRIX Z490-I GAMING
  • TUF GAMING Z490-PLUS
  • TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)
  • ROG MAXIMUS XII APEX
  • ROG MAXIMUS XII EXTREME
  • ROG MAXIMUS XII FORMULA
  • ROG MAXIMUS XII HERO (WI-FI)

ASUS W480 Chipset Motherboards

  • Pro WS W480-ACE

ASUS H470 Chipset Motherboards

  • PRIME H470M-PLUS
  • PRIME H470-PLUS
  • ROG STRIX H470-I GAMING
  • TUF GAMING H470-PRO
  • TUF GAMING H470-PRO (WI-FI)

ASUS B460 Chipset Motherboards

  • Prime B460M-A
  • PRIME B460M-K
  • PRIME B460-PLUS
  • ROG STRIX B460-F GAMING
  • ROG STRIX B460-G GAMING
  • ROG STRIX B460-H GAMING
  • ROG STRIX B460-I GAMING
  • TUF GAMING B460-PRO (WI-FI)

情報筋によると、H410マザーボードはまだリストに載っていませんが、今後数か月以内にラインナップが正式に発表されると、それらを見ることができます。

Biostarについては、これまでにリリースされたZ390またはX570マザーボードとは異なる外観の新しいマザーボードを示す新しいティーザーも投稿しました。

Gigabyte / AORUSのZ490シリーズマザーボードもごく最近EECに掲載されました。

また、Intelが第10世代ワークステーションビルダー向けに在庫している新しいワークステーションブランドのチップセットの一部である単一のW480マザーボードもあります。

  • Z490 AORUS MASTER WATERFORCE Z4 PRO AX
  • Z490 AORUS ELITE AC
  • Z490 VISION
  • W480 DESIGNARE ECC
  • H470I AORUS PRO AX

マザーボードはLGA搭載しているため、間違いなくIntelチップセットベースのマザーボードです。

しかし、今更Z390マザーボードをリリースするのは理にかなっていないので、これがLGA 1200ソケットデザインのZ490チップセットベースのマザーボードであると思っています。

マザーボードには、見栄えの良い新しいRGB点灯I / Oカバーがあり、CES 2020のZ490マザーボードまたはプロトタイプの一部をまともな外観で見ることができます。

Intel 400シリーズプラットフォームおよびLGA 1200ソケットのサポート

Intelは、今年に導入される400シリーズのボードを備えた新しいソケットに移行していることが確認されました。

LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lakeは、より高いピン数のパッケージに移行します
  • Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake LGAは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI/O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

LGA 1200ソケット(H5)の設計図もMomomo_Usによってリークされており、新しいソケット自体の設計を示し、既存のLGA 1151ソケット(H4)と比較しています。

 

H5 LGA 1200ソケットとH4 LGA 1151ソケットの間のピンおよびソケット固有の変更については、上記の設計図で詳しく説明しています。 (画像クレジット:Momomo_US

良い点は、既存のクーラーがLGA 1200ソケットと互換性があるため、心配する必要のないハードウェアの変更の1つです。

Comet Lake-Sファミリは、DDR4-2666メモリUDIMMのサポートを維持し、チャネルあたり最大32 GBの容量のDIMMをサポートします。

Intelは、400シリーズファミリにいくつかのチップセットを展開する予定です。

前述の「K」ロック解除SKUをターゲットとするZ490があることは明らかですが、それ以外では、W480(エントリーワークステーション)、Q470(Intel vProを搭載した企業)、およびH410(バリュー)チップセットを調べています。

これらは、より多くの企業およびエントリー層のユーザーをターゲットにします。

また興味深いのは、H410がW480およびQ470チップセットとピン互換性がないことです。これにより、エントリレベルのチップの非常に削減された設計が明らかになります。

 

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • 最大10個のプロセッサコアによるパフォーマンスの強化
  • 最大30 PCH-H高速I / Oレーンによるポートの柔軟性の強化
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

 

Intel 400シリーズチップセットファミリ:

チップセット名Intel Z490Intel W480Intel Q470Intel H410
全HSIO
レーン数
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
46 レーン
(16 CPI
+ 30 PCH)
30 レーン
(16 CPI
+ 14 PCH)
全PCIe 3.0レーン数
(CPU + PCH)
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
最大40
(16 CPU +
22(16 CPU +
6 PCIe 2.0)
チップセット
PCIe 3.0 レーン数
最大 24最大 24最大 246 (PCIe 2.0 のみ)
SATA 3.0
ポート数
最大8最大8最大84
最大USB 3.2 Ports
Gen 2 (10 Gb/s)
/ Gen 1 (5 Gb/s)
8/108/106/100/4
全USBポート数
(最大 USB 3.2 Gen 1
(5 Gb/s))
14 (10)14 (10)14 (10)10 (4)
Intel RST テクノロジ
PCIe 3.0
ストレージポート数
3 PCH3 PCH3 PCH0
拡張シリアル
ペリフェラル
インタフェース
2 Chip Select2 Chip Select2 Chip Select1 Chip Select
オーバー
クロック
サポート
可能不可不可不可
Processor
PCIe Express 3.0
レーン数構成
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
Or 1x8 + 2x4
1x16 or 2x8
or 1x8 + 2x4
1x16
ディスプレイサポート
(Ports / Pipes)
3/33/33/33/2
DMI 3.0
レーン数
4444 (DMI 2.0 Only)
メモリ
チャンネル数
/クロック
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/2
(DDR4-2666)
2/1
(DDR4-2666)

チップセットの機能に関しては、W480はここで言及されている3つのチップセットの中で最も機能が豊富です。

Z490はマニアとゲームのオーディエンスにとって最も魅力的ですが、メインストリームチップセットを見てみましょう。

W480チップセットは、合計46の高速IOレーンと合計40のPCIe Gen 3.0レーンを提供します。

CPUは最大24のPCIe 3.0レーンを提供するチップセットで16レーンを保持します。

最大8個のSATA IIIポート、8個のUSB 3.2 Gen 2ポートまたは10個のUSB 3.2 Gen 1ポート、14個のUSB 3.2 Genポート、およびIntel RSTがサポートされます。

Z490チップセットに制限されているため、3つのチップセットのいずれもオーバークロックサポートを備えていませんが、オーバークロックの詳細については、Intel自身から後で入手できます。

CES 2020でZ490マザーボードとComet Lake-SデスクトップCPUファミリに関する詳細情報を期待してください。Intelの次世代デスクトップファミリロードマップの詳細を確認する必要があります。

私たちの情報源は、2020年2月の適切な打ち上げを指摘しています。

ソース:wccftech - ASUS’s Entire 400-Series Lineup Including Z490 Motherboards Leaked – Biostar Also Teases Next-Gen Z490 Motherboard

 

解説:

ASUSのIntel400シリーズマザーボードの全ラインナップがリーク

ASUSのIntel400シリーズ世代マザーの全ラインナップがリークしました。

いつも通りのラインナップですが、Z490のTUF GamingのMicroATX版がありませんね。

実際、今回も末尾FのGPU無しモデルがラインナップされているので、本来ならば選別落ちして市場に出回らない個体も出すのでしょうから相変わらず供給量は厳しそうです。

そのため、相対的にマザーボードのラインナップも減らしているのかなという感じです。

やはり安いMicroATXはそれなりに数が出るでしょうし、Core i5などと組み合わされる例が多いでしょう。

400シリーズはチップセットのI/Oは強化されていますが、CPUはSkylakeの焼き直しですので、PCI Expressには手が入れられません。

そのため、機能的には最先端とは言い難いものです。

この辺も含めて、早く10nm、7nm世代に移行しない限りは競争力が弱いままということになります。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.