GPU情報

AMD Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700の価格が発売前にカット - RX 5700 XTが399米ドル、RX 5700が349米ドルになる見込み

更新日:

NVIDIAがAMDのNaviベースのRadeon RX 5700シリーズグラフィックスカードをSUPERラインナップで先制した一方で、赤のチームは7nmラインナップの値下げで報復することを計画しています。

AMD Radeon RX 5700が発売前に値下げ、RX 5700 XTが399ドル、およびRX 5700が349ドル

Videocardzによると、AMDは1つではなく両方のRadeon RX 5700シリーズカードを以前に発表されたよりも低い導入価格で発売することを計画している。

価格設定は明らかにNVIDIA GeForce RTX SUPERラインナップに対する反応であり、それ自体が次のNaviの発売に対する反応だった。

つまり、SUPERカードの購入を検討している購入者は、7nm Naviに改正された価格で試してみることをまだ検討している可能性があります。

価格はレビューの禁輸措置が終了する前日の7月6日に発表されると言われているので、数時間で確実に知ることができます。

価格自体に関しては、Radeon RX 5700 XTの小売価格は399米ドルで、当初の449米ドルより50米ドル、GeForce RTX 2070 SUPERより100米ドル少ないとされています。

一方、Radeon RX 5700は30ドルの値下げで、RTX 2060と同等の価格になり、RTX 2060 SUPERよりも50ドル安くなります。

Radeon RX 5700 XTアニバーサリーエディションでも50米ドルの値下げとなり、RTX 2070 SUPERよりも50米ドル安くなります。

AMDのRadeon CVPとゼネラルマネージャー、Scott Herkelmanからの次のツイートも、値下げが実際に行われることを示しているようだ。

 

※ Jebeitedはスラングで、「釣られた」という意味です。この場合、nVidiaに対して「やってくれるじゃん。」とか、「お前らがやるなら俺らもやってやるよ(釣られてやるよ)」くらいの意味でしょうか。

 

AMD Radeon RX 5700 XT公式スペック

仕様から始めて、Radeon RX 5700 XTには合計40の計算ユニットが付属しており、AMDはすでに計算ユニット設計に64のストリームプロセッサが搭載されていることをすでに確認しているので、合計2560のストリームプロセッサを入手します。

Radeon RX 5700シリーズに搭載されているAMD Navi GPUには、160のテクスチャマッピングユニットと64のラスタオペレーションユニットが付属しています。

チップ自体は1605 MHzのベースクロックで動作しますが、さらに2つのクロック速度、ブーストクロック、およびゲームクロックを含みます。

ブーストクロックの定格は1905 MHzで、ゲームクロックの定格は1755 MHzです。

これら2つの違いから私ができるのは、ブーストはリファレンスカードが叩き出せる最高速度ですが、ゲーム中の平均クロック速度は「ゲームクロック」そのものであるということです。

このブーストクロックにより、AMDはRadeon RX 5700 XTから最大9.75 TFLOPの単精度演算性能があるとしています。

このカードは、256ビット幅のバスインタフェースを介して動作する8 GBのGDDR6メモリも備えています。

AMDは最新の14 Gbpsメモリダイを使用する予定で、これは最大448 GB/sの帯域幅を提供するTuring TU104カードと同等のものです。

このカードは、2つの8ピンコネクタも備えており、225 Wの総ボード電力またはTBPを備えています。

 

AMD Radeon RX 5700公式スペック

2枚目のカードはNavi Pro GPUベースのRadeon RX 5700です。

Radeon RX 5700 Proの命名規則を採用していないのは、コンテンツ作成者やワークステーションPCを対象としたAMD独自のプロシリーズカードと区別するのが難しいからです。

このカードは2304のストリームプロセッサ、144のTMU、64のROPを持っています。

クロックは1465MHzベース、1725MHzブーストクロックおよび1625MHzゲームクロックに維持される。

ピークブーストクロックでは、このカードは7.95 TFLOPのComputeパフォーマンスを実現することができます。

このカードは8 + 6ピンコネクタ構成を持ち、定格TBPは180Wです。

今TBP数に基づいて、このカードは175W TBPグラフィックスカードであるRTX 2070対抗製品になるでしょう。

AMDが最新の7nmプロセスノードを使用しているのに対し、NVIDIA Turingカードは12nm FinFETをベースにしているため、効率の観点から両方のカードを比較するのは興味深いでしょう。

 

AMD Radeon RX 5700 XT 50周年記念エディションの公式仕様

AMD Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700に加えて、AMDはまた、1680 MHzのベースクロック、1830 MHzのゲームクロック、および最大1980 MHzのブーストクロックの周波数を持つブラックとゴールドのシュラウドを搭載した、彼らのRadeon RX 5700 XTの50周年記念版の製品も発売する予定です。

この製品は、合計で10.14 TFLOPの計算能力を発揮し、Radeon RX 5700 XTよりも5〜10%高速になる予定です。

カードの定格は235W TBPです。

 

AMD Radeon RX 5700 '7nm Navi RDNA' GPU Lineup Specs:

Graphics CardRadeon RX 5700 XT 50th AnniversaryRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA第一世代)7nm Navi(RDNA第一世代)7nm Navi (RDNA第一世代)
Stream Processors2560 SPs2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64
ベースクロック1680 MHz1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1980 MHz1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1830 MHz1755 MHz1625 MHz
演算能力10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
VRAM容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅448 GB/s448 GB/s448 GB/s
消費電力(TBP)235W225W180W
価格$499 USから$449へ値下げ$449 USから$399へ値下げ$379 USから$349へ値下げ
発売2019年7月7日2019年7月7日2019年7月7日

 

AMD Radeon RX 5700ラインアップパフォーマンスベンチマーク

価格の更新に加えて、Benchmark.plが昨日誤ってレビューを発表したときに、Radeon RX 5700 XTとRadeon RX 5700の両方のパフォーマンスベンチマークがリークした。

サイトがレビューを引っ込めてしまったようですが、Videocardzを含む多くの人々がパフォーマンスチャートを手に入れたので、手遅れでした。

テストはオーバークロックさえサポートしていなかった初期のドライバで行われたので、最終的なドライバがグラフィック性能をもう少し高めるかもしれないと私たちは推測しています。

 

※ 下の画像は元がポーランド語のサイトですので、画像の内の注釈を翻訳しています。上の強調文字は画像内のポーランド語の翻訳です。

 

Shadow Of The Tomb Raider - 2560X1440,最高設定

[FPS】DirectX 12 ,TAA

 

Shadow Of The Tomb Raider - 1920X1080,最高設定

[FPS】DirectX 12 ,TAA

 

Far Cry5 - 2560X1440,ウルトラ設定

[FPS】DirectX 11,TAA

Far Cry5 - 1920X1080,ウルトラ設定

[FPS】DirectX 11 ,TAA

 

Wolfenstein II:The New Collossus - 2560X1440,Mein Lebenの設定!

[FPS】Vulkan ,TSSAA(8TX)

 

Wolfenstein II:The New Collossus - 1920X1080,Mein Lebenの設定!

[FPS】Vulkan ,TSSAA(8TX)

 

3D Mark - Time Spy (DX12)

[ポイント]グラフィックの結果

3D Mark - Time Spy (DX12)

【ポイント】総合結果

3D Mark - Fire Strike (DX11)

[ポイント]グラフィックの結果

 

3D Mark - Fire Strike (DX11)

【ポイント】総合結果

 

Core i9 9900Kプロセッサを搭載したプラットフォームの消費電力

[ワット] 3Dゲーム実行時

結果は最終的なものではありませんが、Radeon RX 5700 XTはRTX 2070よりわずかに高速ですが、RTX 2070 SUPERはパフォーマンスの面ではかなり優れています。

AMDのRadeon RX 5700は、1440pで非常に優れたグラフィックパフォーマンスを示し、RTX 2060 Founders Editionよりもはるかに高速であり、RTX 2060 SUPERよりもわずかに高くなっています。

消費電力の面では、Radeon RX 5700 XTはRTX 2070 Founders Editionと同等のパフォーマンスを提供し、Radeon RX 5700はRTX 2060 Foundersエディションよりわずかに多くの電力を消費しますが、はるかに優れたパフォーマンスも提供します。

発売からわずか2日で、2019年に誰が350ドルから500ドルのUSグラフィックスセグメントを勝ち取るのか、すぐに明らかになります。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5700 XT & Radeon RX 5700 Getting Price Cuts Ahead of Launch – RX 5700 XT Now Expected At $399 US, RX 5700 For $349

 

解説:

またしても海外のサイトからレビューが事前にリークしました。

明らかなNDA違反ですね。

wccftechくらいのサイトになると、レビュー機材は事前に渡されていると思うのですが、自分のレビューは出さずに他社のレビューは出すというのはPCパーツリーク界は厳しい世界だなあと思います。(笑

他社がミスったら骨までしゃぶるみたいなイメージで怖いです。

冗談はこのくらいにして、nVidiaがSUPERシリーズを発表したため、AMDも「奴らがやるなら俺らもやる」といった感じで、発売前に価格が下げられました。

GCNの制約から解放されたとは言え、GCNの特性を一部引きずる第一世代Naviではやはり、nVidiaの相手はきつかったようですね。

RX5700XTが$449→$399へ

RX5700が$379→$349へ

それぞれ値下げされます。

7nmはコストが高いことが予想されますので、価格競争すればAMDが不利だと思うのですが、果たしてここまで下げて利益が出るのかどうか、なんだか悲壮感漂う感じです。

実際のベンチマークを見ると、おおむねRTX2070Super=RX5700XTと言ってもよいのではないかと思います。

もちろんゲームによってばらつきがあることは確かですが、すでに型落ちとなって、Turingとはまともに戦えないレベルの性能であるVega64/56と比較すると格段に高性能になっています。

これで消費電力が低かったら完璧なんですけどね。

 

※追記 過去の記事でも書いていますが、Radeon5700XTの50周年記念バージョンは日本では発売されませんので注意してください。北米・中国・EUのみの発売になります。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.