GPU情報

AMD Radeon RX 5700 XT、Radeon RX 5700およびNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER GPUベンチマーク結果がファイナルファンタジーXVベンチにてリーク

投稿日:

VS

AMDのRadeon RX 5700シリーズとNVIDIAのGeForce RTX 2070 SUPERグラフィックスカードの最新のベンチマークがリークされています。

ベンチマークはFFXV(Final Fantasy XV)データベースのTUM_APISAKによって発見されました。これは以前にリリース前にそれぞれの性能を持つ多くのグラフィックスカードをリストしていました。

 

AMDのRadeon RX 5700シリーズとNVIDIAのGeForce RTX 2070 SUPERグラフィックカードのFFXVベンチマーク結果が流出

ベンチマークは、高画質プリセットで2560 x 1440の解像度でFinal Fantasy XVベンチマークで実行された結果です。

3枚のカードのうち、AMD Radeon RX 5700 XTとNVIDIAのGeForce RTX 2070 SUPERは、互いに価格が近いため、真っ向から競い合うことになります。

AMD Radeon RX 5700 XTは、7月7日に449米ドルの小売価格で販売され、一方、GeForce RTX 2070 SUPERは7月9日に発売される予定で、499ドルです。

ファイナルファンタジーXVベンチマークはAMD RadeonラインナップよりもNVIDIAカード用に最適化されていることをお断りしておきます。

AMDやNVIDIAなど、特定のベンダー向けに最適化されたゲームがたくさんあります。

このゲームもそのうちの1つなので、最終的な判断は多種のベンチマーク結果が出るのを待つことをお勧めします。

 

FF15ベンチマーク・2560X1440高品質

それにもかかわらず、指摘されたように、スコアは明らかにRDNAベースのカウンターパートよりずっと先のNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERを支持しています。

驚くべきことは、GeForce RTX 2070がGeForce RTX 2070(非SUPER)より約15%速いということです。

これにより、以前は699USドルのRTX 2080と性能がほぼ同じのGTX 1080 Tiと同等の性能が得られます。

RTX2080とGTX 1080 Tiは、ほぼ同じ価格で同等のパフォーマンスを提供しました。

しかしRTX 2070 SUPERを使えば、GTX 1080 Tiと同じパフォーマンスを200ドル安く手に入れることができます。

7nm RDNAベースのRadeon RX 5700シリーズに移行すると、この特定のベンチマークのRadeon RX 5700 XTはGTX 1070 Tiと同等の性能を発揮します。

一方、Radeon RX 5700は、GTX 1660 Tiと同じくらいの性能で、379ドルです。

これにより、Radeon RX 5700 XTは5700よりも10%速くなり、無印の非XT版は、120米ドルの低価格でかなりお得です。

※ RX5700XTは$449で、RX5700無印は$379のため、$70の差額だが、元記事ではXTが$499と勘違いして書かれているものと思われる。原文がそうなっているので訳文もそのままにしておきますが、おそらくは間違いで$70の差額が正しいです。

 

NVIDIA GeForce RTX 2070スーパーファウンダーズエディション(499米ドル)

仕様の面では、GeForce RTX 2070 SUPERは噂が通りです。

GeForce RTX 2070 SUPERは、2560 CUDAコア、184 TMU、および64 ROPを搭載したTuring TU104-410 GPUを利用することになります。

320のTensorコアと40のRTコアもあります。

TGP(Total Graphics Power)を215Wに設定して、クロック速度を1605 MHzベースおよび1770 MHzブーストに維持します。

このチップは、14ビット/秒で動作する8 GBのGDDR 6メモリと256ビット幅のバスインタフェースを伴い、合計448 GB /秒の帯域幅を実現します。

NVIDIA GeForce RTX 20 SUPERラインナップ仕様(暫定版):

GPU名NVIDIA GeForce RTX 2060NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2070NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
チップ型番Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU102)
製造プロセス12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイサイズ445mm2445mm2445mm2545mm2545mm2545mm2754mm2
トランジスタ数106億106億106億136億13.6 Billion13.6 Billion18.6 Billion
CUDAコア数1920 Cores2176 Cores2304 Cores2560 Cores2944 Cores3072 Cores4352 Cores
TMUs/ROPs120/48136/64144/64184/64192/64192/64288/96
GigaRays5 Giga Rays/s6 Giga Rays/s6 Giga Rays/s7 Giga Rays/s8 Giga Rays/s9 Giga Rays/s10 Giga Rays/s
キャッシュ4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache6 MB L2 Cache
ベースクロック1365 MHz1470 MHz1410 MHz1605 MHz1515 MHz未定1350 MHz
ブーストクロック1680 MHz1650 MHz1620 MHz
1710 MHz OC
1770 MHz1710 MHz
1800 MHz OC
未定1545 MHz
1635 MHz OC
演算能力6.5 TFLOPs7.7 TFLOPs7.5 TFLOPs9.9 TFLOPs10.1 TFLOPs未定13.4 TFLOPs
メモリ容量・種類6 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR611 GB GDDR6
メモリ速度14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps15.00 Gbps14.00 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit352-bit
メモリ帯域幅336 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s480 GB/s616 GB/s
補助電源端子8 Pin8 Pin8 Pin8+6 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
TDP160W175W185W (Founders)
175W (Reference)
215W225W (Founders)
215W (Reference)
未定260W (Founders)
250W (Reference)
発売時価格$349$399$499$499$699$699$999
価格(FE)$349$399$599$499$699$699$1,199
発売2019年1月2019年7月2018年10月2019年7月2018年9月2019年7月2018年9月

 

AMD Radeon RX 5700 XTオフィシャル仕様

仕様を見てみると、Radeon RX 5700 XTには合計40の計算ユニットが付属しており、AMDはすでに計算ユニット設計に64のストリームプロセッサが搭載されていることを確認しているので、合計2560のストリームプロセッサがあります。

Radeon RX 5700シリーズに搭載されているAMD Navi GPUには、160のテクスチャマッピングユニットと64のラスタオペレーションユニットが搭載されています。

チップ自体は1605 MHzのベースクロックで動作しますが、さらに2つのクロック速度、ブーストクロック、およびゲームクロックを含みます。

ブーストクロックの定格は1905 MHzで、ゲームクロックの定格は1755 MHzです。

これら2つの違いについてわたくしが言えることは、ブーストはリファレンスカードがたたき出せる最高速度ですが、「ゲームクロック」とはゲーム中の平均クロック速度そのものであるということです。

このブーストクロックにより、AMDはRadeon RX 5700 XTから最大9.75 TFLOPの単精度演算性能があるとしています。

このカードは、256ビット幅のバスインタフェースを介して動作する8 GBのGDDR6メモリも備えています。

AMDは最新の14 Gbpsメモリダイを使用する予定で、これは最大448 GB/sの帯域幅を提供するTuring TU104カードと同等のものです。

このカードは、2つの8ピンコネクタも備えており、225 Wの総ボード電力すなわちTBPを消費します。

AMD Radeon RX 5700 XTの正式価格は449ドルとなります

 

AMD Radeon RX 5700公式スペック

2枚目のカードはNavi Pro GPUベースのRadeon RX 5700です。

Radeon RX 5700 Proの命名規則を採用していないのは、コンテンツ作成者やワークステーションPCを対象としたAMD独自のプロシリーズカードと区別するのが難しいからです。

このカードは2304のストリームプロセッサ、144のTMU、64のROPを持っています。

クロックは1465MHzベース、1725MHzブーストクロックおよび1625MHzゲームクロックに維持される。

最高ブーストクロックでは、このカードは7.95 TFLOPの演算性能を実現することができます。

このカードは8 + 6ピンコネクタ構成を持ち、定格TBPは180Wです。

AMD Radeon RX 5700の正式価格は379ドルです。

ここでTBPで考えるとすると、このカードは175W TBPグラフィックスカードであるRTX 2070に対抗する製品と考えるべきです。

AMDが最新の7nmプロセスノードを使用しているのに対し、NVIDIA Turingカードは12nm FinFETをベースにしているため、効率の観点から両方のカードを比較するのは興味深いでしょう。

AMD Radeon RX 5700 '7nm Navi RDNA' GPU Lineup Specs:

Graphics CardRadeon RX 5700 XT 50th AnniversaryRadeon RX 5700 XTRadeon RX 5700
GPUアーキテクチャー7nm Navi (RDNA第一世代)7nm Navi(RDNA第一世代)7nm Navi (RDNA第一世代)
Stream Processors2560 SPs2560 SPs2304 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64
ベースクロック1680 MHz1605 MHz1465 MHz
ブーストクロック1980 MHz1905 MHz1725 MHz
ゲームクロック1830 MHz1755 MHz1625 MHz
演算能力10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs
VRAM容量・種類8 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR6
メモリバス幅256-bit256-bit256-bit
メモリ帯域幅448 GB/s448 GB/s448 GB/s
消費電力(TBP)235W225W180W
価格$499 US$449 US$379 US
発売2019年7月7日2019年7月7日2019年7月7日

Final Fantasy XVベンチマークに加えて、昨日のRadeon RX 5700 XTの最初の3DMark Time Spyエントリについても同様の結果が得られました。

Radeon RX 5700 XTはRTX 2070 Founders Editionよりも少し遅いので、SUPERバージョンはRDNAベースの製品よりも少し優れているはずです。

あなたはここでそれについてもっと読むことができます。

ソース:wccftech  -AMD Radeon RX 5700 XT, Radeon RX 5700 & NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER GPU Benchmarks Leaked in Final Fantasy XV

解説:

スクエアエニックスのFF15ベンチマークの結果がリークしました。

RTX2070SUPERとRX5700/XTのスコアです。

元記事にもありますが、FF15はnVidiaのGPUに有利な結果が出るベンチマークですので、いつも通り、RX5700/XTの方はイマイチ奮いません。

それでもRX5700無印が旧フラッグシップであるRadeonVIIを抜いており、なかなか優秀と言ってよい結果になっています。

RTX2070SUPERはRTX2070無印とは明確な性能差がある結果となっており、RTX2080よりほんのわずかに下なだけでほぼ同程度の性能があるといってもよいでしょう。

この結果から見ても、Jensenの「ムーアの法則は終わった」という発言から出た価格設定、つまり同じ性能であれば同じ価格をつけるという考え方は間違っていた=顧客が納得しなかったといってもよいでしょう。

こんな風に、メーカーがいくら価格を維持しようとしても、誰も欲しがらなければ神の見えざる手が働いて、価格は調整されていきます。

今回のSUPERシリーズの発売に関しては、かなりnVidiaの信用(=AIBや流通に対する価格支配力)に傷がついたものと思います。

マイニングブーム終了の影響もかなり大きかったようですので、一方的にJensenの判断ミスだとは言えませんが、やはりPCパーツの世界はなかなかにシビアだなと思います。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.