GPU情報 ゲームについて

NVIDIA GeForce Game Ready 418.91 WHQLドライバがリリースされました - Metro ExodusおよびBattlefield VでレイトレーシングおよびDLSSのサポートを追加しました

更新日:

NVIDIAは最新のGeForce Game Ready 418.91 WHQLドライバをリリースしました。

これはBattlefield VとMetro Exodusで光線追跡とDLSS技術のサポートを追加します。

RTXを使用すると、ゲームは視覚的な忠実度を追加してAAAタイトルを再生できるようになり、DLSSはTensor CoreおよびDeep Learningテクノロジを使用してFPSを向上させることができます。

 

NVIDIA GeForce Game Ready 418.91 WHQLドライバのダウンロード - RTXとDLSSのサポートがBattlefield VとMetro Exodusに追加されました

最新のNVIDIAドライバーは、2つのヘビー級トリプルAAAタイトルを目指しています。

1つはすでに発売中のBattlefield V、もう1つは2日以内に発売されるMetro Exodusです。

ドライバは現在入手可能で、次のリンクからダウンロードできます。

nVidia公式 - Driverダウンロード

Battlefield Vはそれをサポートする最初のタイトルだったので既にレイトレーシング(RTX)技術のサポートを受けていました、しかし今、NVIDIAは同じく特定のゲームでDLSSのためのサポートを追加しました。

DLSSが行うことは、フレームレートを最大40%(NVIDIA独自の見積もり)まで高め、TAA方式と同等の品質を実現することです。

 

Metro Exodusに関しては、2月15日でゲームが始まります。 それはレイトレーシングとDLSSの両方のサポートを特徴とするので、それはNVIDIA RTX技術に基づくもう一つの主要なタイトルになるでしょう。

ゲームは、NVIDIAが彼らのレイトレーシング効果の本当の可能性を示すことを可能にするリニア・オープンワールド、両方のレベル行われるでしょう。

以下は新しいタイトルのシステム要件ですので、必要とされるスペックがかなり不鮮明であるため、あなたのPCが準備されていることを確認してください。

メトロエクソダスは2つのレイトレーシング詳細レベルを備えています:高とウルトラ。 動きのあるところでは、違いを見分けるのは難しいので、より速いフレームレートの恩恵を受けるには、ユーザーは高設定でプレイすることをお勧めします。

そしてもちろん、DLSSを有効にして、ゲーム全体のパフォーマンスを最大30%高速化することもできます。

GPU解像度DLSSグラフィック プリセットDXR品質
RTX20602560X1440有効HighMidium
RTX20702560X1440有効UltraMidium
RTX20802560X1440有効UltraUltra
RTX2080Ti3840X2160有効UltraUltra

DLSSは、GPUが最大負荷状態にあり、次の設定で使用可能な場合に最も効果的です。

  • 3840×2160: Ray Tracing オンまたはオフ: RTX 2070, 2080, 2080 Ti
  • 2560×1440: Ray Tracing オン: すべての RTX GPUs
  • 1920×1080: Ray Tracing オン: RTX 2060, 2070

私たちのテストに基づいて、60 FPS Metro Exodusゲームプレイ用のUltra-qualityプリセット、High Ray Tracing、およびDLSSを次の解像度で使用することをお勧めします*

  • RTX 2060: 1920×1080
  • RTX 2070: 1920×1080
  • RTX 2080: 2560×1440
  • RTX 2080 Ti: 3840×2160

 

ハイライト

Game Ready Driversは、バーチャルリアリティゲームを含む、すべての主要な新リリースに可能な限り最高のゲーム体験を提供します。 新しいタイトルの発売に先立ち、私たちのドライバーチームはパフォーマンス調整とバグ修正がすべて初日の最高のゲームプレイのために含まれることを確実にするために最後の最後まで働いています。

ゲームレディ

Battlefield VとMetro ExodusでDLSSとレイトレーシングを使用するときに最適なゲーム体験を提供します。

ソフトウェアモジュールのバージョン

nView - 149.34
HDオーディオドライバ - 1.3.38.13
NVIDIA PhysXシステムソフトウェア - 9.18.0907
GeForceエクスペリエンス - 3.17.0.126
CUDA - 10.0

修正された問題

[Battlefield 1]:NVIDIAコントロールパネルの異方性フィルタリングオーバーライドを有効にした状態で地形に線が表示される。[1969966]
[GeForce RTX 20シリーズ]:Digital Vibrance設定を変更すると、イベントビューアログにイベントID 14エラーが表示されます。 [2488424]

 

NVIDIAはまた、RTX 20シリーズのすべてのカードで優れた性能を示すパフォーマンス指標をいくつか共有しています。

次のRTX 20シリーズ製品のスムーズな60 FPSについては、NVIDIA自身が以下の設定を推奨しています。

DLSSは、以下の解像度でDXRレイトレーシングがオンになっている以下のGPUで利用できます。

  • 3840×2160:すべてのRTX GPU
  • 2560×1440:RTX 2060、2070、および2080
  • 1920×1080:RTX 2060および2070

これで、DLSSが追加されたおかげで、GeForce RTX GPUの全範囲にわたって、より高い設定、解像度、および詳細レベルでDXRレイトレーシングでBattlefield Vをプレイすることができます。

以下は、60 FPS Battlefield Vゲームプレイ用の新しい推奨設定です。

  • RTX 2060:2560×1440、高品質プリセット、中DXR、DLSSオン
  • RTX 2070:2560×1440、ウルトラクオリティプリセット、ミディアムDXR、DLSSオン
  • RTX 2080:2560×1440、ウルトラクオリティプリセット、ウルトラDXR、DLSSオン
  • RTX 2080 Ti:3840×2160、ウルトラクオリティプリセット、ウルトラDXR、DLSSオン

GeForce RTX PCおよびラップトップ上でBattlefield VでDXRレイトレーシングおよびDLSSをオンにするには、以下のステップに従ってください。

  1. 新しいGame Readyドライバをインストールする
  2. Windows 10 2018年10月10日更新プログラム(バージョン1809以降)をインストールする
  3. Originから2月13日の新しいBattlefield Vゲームアップデートをダウンロードする
  4. すべてのインストールと更新が完了したら、Battlefield Vのグラフィック設定メニューに進み、DirectX 12を有効にし、プロンプトが表示されたらゲームを再起動し、詳細設定をクリックしてDXRを有効にしてください。 「DXR反射品質」設定の詳細レベル。

NVIDIAより

 

すべてのRTXカードは、Battlefield Vでレイトレーシングを実行しながらスムーズな60 FPSを提供できるようになりました。

一方、フラッグシップRTX 2080 Tiは、DLSSとRTXを使用して4Kでも60 FPSを提供できます。

NVIDIAのDLSSテクノロジを使用したBattlefield Vの独自のパフォーマンス結果を少し掲載する予定ですので、しばらくお待ちください

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce Game Ready 418.91 WHQL Drivers Now Available – Adds Support For Ray Tracing and DLSS in Metro Exodus and Battlefield V

 

解説:

Metro ExodusとBattle Field VでRTXとDLSSが両方提供され、ようやくRTX2000シリーズの真の姿が見えてきました。

RTXによる表現能力の向上とDLSSによる性能アップよって、処理が非常に重いといわれるRTXを使っても従来方式と変わらない性能を発揮するというものです。

新しい技術というのはこんな風に目に見える形でユーザーの前に現れないとなかなか伝わらないものです。

nVidiaに対して懐疑的だったメディアなどもこれでようやく納得したのではないでしょうか。

また、nVidiaは遅まきながら約束を守ったという形になります。

 

ただ、もう一つのRTX、DLSS対応タイトルであるはずのShadow of Tomb Raiderはどうなったんですかね。(笑

売上があまり良くなかったという噂も流れており、これ以上資金をかけてゲームを改良できるのかどうか気になるところです。

Battle Field Vはともかく、Metro ExodusのPC版は日本語がないので、買うのにはかなりの覚悟が必要でしょう。

本来であれば去年の11月くらいには揃っていたはずですが、マイクロソフトがOSアップデートの配信トラブルによって遅れが出てグダグダになってしまいました。

Battle Field VとShadow of Tomb Raiderは売り上げがよくないという噂が流れており、Metro Exodusはどうなるのか気になるところです。

Metro Exodusは日本語版はゲーム機の専売になりますので、PC版では存在しません。

おそらくはライセンスの関係でそうなっているのでしょうがなかなか厳しいところです。

 

とりあえず、DLSSに関しては対応タイトルがどんどん増えています。

新作のAnthemもDLSS対応ということですので、今後対応タイトルが増えてくればますますRadeonとの差がついていくことになります。

DLSSオン/オフの性能差は数字で表れるようなレベルですので、このままDLSSが普及していけば、Radeonはますます売れないということになりますね。

ソフト周りを支配することが如何に重要かよくわかるのではないでしょうか。

今後、よほどの理由が無い限りはRadeonを選ぶのはやめておいた方がよいと思います。

DLSSは2560X1440、3840X2160専用というようなイメージがありましたが、FullHDでも効果がある(FullHD用のデータもある?)ということでこれはかなり大きいのではないかと思います。

Tensorコアで処理するデータを用意するとのことですが、マップが自動生成されるようなゲームでも効果があるのか?とか興味の尽きないところではあります。

Tensorコア処理用のデータ生成費用は現在は多分nVidiaが持っていると思いますが、将来的にはゲームの開発会社からライセンス料みたいな形で徴収するつもりなのかもしれませんね。

nVidiaが持っている場合、RTX2000シリーズの価格に転嫁される形でユーザーが負担しているということになります。

ゲーム開発会社が持っている場合はゲームの価格に転嫁されるということになりますね。

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報, ゲームについて

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.