CPU情報 GPU情報 その他

Intel CEO、Alder Lake CPUは「AMD Zenのような」3つの大きな革新的アーキテクチャを発表、ARC Alchemist Xe-HPG GPUはNVIDIAにプレッシャーを与えると発言

投稿日:

インテル社のCEOとCFOは、金融アナリストのピエール・フェラグ氏とのインタビューの中で、x86コンシューマー、クライアント、データセンターの各分野における同社の戦略について語りました。

また、Alder Lake、Diamond Rapids、Xe-HPG ARC GPUなど、今後発売されるコンシューマー向け製品やクラウド製品の実行計画についても詳しく説明しました。

インテルCEO、Alder LakeはAMD Zen のような存在になると発言、コンシューマー向けにZenがもたらしたような画期的な3つのアーキテクチャアップデートを提供

IntelのCEOであるパット・ゲルシンガー氏は、「いつZenのような革新がもたらされるのか?」という質問に対して、「Alder Lakeは、Architecture Day 2021で詳述したように、Zenがそうだったように3つの革新をもたらすだろう」と答えた。

その3つの革新とは、ビッグコアとリトルコアを含むヘテロジニアス・アーキテクチャそのものです。

AMDにはそのようなものはなく、ヘテロジニアスなアプローチにより、Alder LakeのCPUは、高性能なコアとエネルギー効率の高いビッグコアの組み合わせを誇り、効率性とマルチスレッド出力の向上につながるとCEOは述べています。

しかし、それだけではありません。インテルはラボで次世代アーキテクチャの開発を行っており、CEOによると「かなり劇的な前進であり、これまで語られてきたものをはるかに超えるものになる」とのことです。

パット氏は、最近リークされたMeteor Lakeや将来のCoveコアのことを言っているのかもしれません。

これらはIPCとアーキテクチャの強化に大きな効果をもたらすと期待されていますが、これらの詳細については次のIDM/Architecture Dayまで待つ必要がありそうです。

Q- インテルにとってZenのような革新はあるのか?

A- インテルでは様々なことを行っています。Alder Lakeの一部であるヘテロジニアス・アーキテクチャーを展開しています。AMDには1つのコアしかありませんが、より高性能でエネルギー効率に優れたバージョンのコアを用意しており、非常に魅力的です。

そして、スマートNICやスマートネットワークファブリックを実現するためのIPUアーキテクチャを発表します。このように、今週は3つの主要なアーキテクチャを発表しますが、これらは非常にZenのような革新をもたらすと考えています。

信じてください、ラボでまだ調理中のものもいくつかありますが、それらはかなり劇的な前進であり、まだ話題になっていないものをはるかに超えていると思いますし、数年は話題にならないかもしれませんが、イノベーション、つまりオタクが戻ってきたということです。

インテル、Xe-HPG ARC GPUで初めてNVIDIAにプレッシャーをかける

IntelのCEOは、AMDだけでなく、NVIDIAにも言及した。パット氏は、ARC GPU向けの次期グラフィックス(Xe-HPG)アーキテクチャにより、NVIDIAのGPUラインナップに初めて圧力をかけることになると述べている。

これまでNVIDIAは、Xe GPUアーキテクチャーをモバイル向けにしか展開していませんでしたが、Xe-HPGでは、デスクトップやディスクリート・モバイル・グラフィックスを含むすべてのセグメントで戦いを挑みます。

しかし、ディスクリートおよびAIB GPUの分野で誰もが認める王者であるNVIDIAに対抗することを表明したのは、今回が初めてです。

インテルは、より良い実行によってクラウド分野での持続的なリーダーシップを取り戻すことを目指しており、将来のXeon CPUファミリーとしてDiamond Rapidsを挙げている。

パットCEOは、データセンターおよびクラウド分野での信頼回復を目指していることについても語りました。

ブライアン・クルザニッチ氏がAMDを「手ごわい競争相手」と呼び、AMDに15~20%の二桁の市場シェアを獲得させないことが自分たちの仕事だと述べたときから、インテルはAMDの脅威を確実に認識していました。

数年のうちに、AMDは2017年に0%の市場保持率だったのが、Zenを搭載したEPYCのラインナップで2021年には10%以上のシェアを獲得した。

IntelのCEOは、数年前にAMDに遅れをとった時期があり、それはサーバー/クラウド戦略の実行がうまくいかなかったためだという。

Ice Lakeや次期XeonチップであるSapphire Rapids/Diamond Rapidsなどの製品により、競争力を高め、3~4年後にはクラウド分野で持続的なリーダーシップを発揮することができると期待しています。

Q インテルがクラウドの中心的存在であり、ナンバーワンの顧客であり続けるためにはどうすればよいのでしょうか。

A-ピエールが話すべきことは、おそらく3つの異なる側面があります。常にAMDの視点、AIや代替アーキテクチャの視点、そしてクラウド事業者とのパートナーシップをどのように深めていくかです。つまり、私たちはこの問題を3つの側面から考えているのです。

AMDの脅威については、我々はより良い製品を作らなければならない、と言っています。

我々は、より良い製品を作るつもりですが、我々がうまく行かなかった時期がありました。我々は、やってやって、やり抜きます。

このようにして、私たちは競争の激しい時代に突入することになります。遅れをとっていた時期がありました。今、Ice Lake, Sapphire Rapids, Diamond Rapidsでは、非常に競争力のある時期に入っており、3~4年後には再び持続的なリーダーシップを発揮することができると考えています。

このように、競争が激化する時期に突入しているわけですが、競争力の高い製品、価格設定のダイナミクス、市場シェアの可能性、クラウド事業者のTCOの価値などを考えると、とにかく競争しなければなりません。

インテルのXeon CPU「Sapphire Rapids」は、AMDの「EPYC Genoa」ファミリーと競合します。

新しいEPYCのラインナップは、既存のEPYC Milanチップよりも圧倒的にステップアップしているように見えます。

IntelのDiamond Rapids SP Xeonファミリーは、EPYCのラインナップに対してリーダーシップを発揮する最初のラインナップになるかもしれませんが、発売は2025年と予想されており、これはCEOの3-4年のタイムラインと一致します。

私は、製品ラインの大部分を社内で製造し、そのマージンを確保するつもりです。私たちはファウンドリを選択的に利用するつもりです。[中略)ユニークな製品や後光が差すような魅力的な製品など、特定の部分でファウンドリを使う必要がある場合は、絶対に使います。

私はエンジニアリングチームを解放して、「最高の製品を提供してください」と言いました。もちろんです。そのカテゴリーで最高の製品を提供するために、技術の選択には制約がありません。

また、インテルは、プロセスと製造の日に詳述されているように、IDM 2.0戦略により、内部および外部のファブを活用したいと考えています。

CEOは、設計チームが最高の製品を作るために最高のファウンドリを活用することを望んでいるという。

全体的に見て、パット・ゲルシンガーCEOの下でのインテルの新戦略は、うまく処理され実行されればうまくいくように見える。

インテルは、チップメーカーとの競争にさらされており、次世代ノードを納期通りに提供するためにファブもストレスを抱えているが、この新戦略により、インテルは再びイノベーションの面で業界をリードすることができるだろう。

ソース:wccftech - Intel CEO Says Alder Lake CPUs Will Have Three Major ‘AMD Zen-Like’ Architectural Announcements, ARC Alchemist Xe-HPG GPUs To Put Pressure On NVIDIA

 

 

 

解説:

IntelはAlderLakeがIntelにAMDのZenがもたらしたような革新的な瞬間をもたらすと言っているようです。

インタビュアーからは「IntelはAMDのZenに負けてるよね?これからどうするの?」と言う意地悪なニュアンスの質問に対して、ゲルシンガー氏の答えた内容を見ると「今の君たちには理解できないと思うが、いずれ必ずそうなるから見ておきなさい。」と言うニュアンスが含まれているような気がします。

確かに私も、ArrowLakeの40コア48スレッドと言う仕様を聞かなければ、Intelがハイブリッドで何を目指していたのかを理解することはできなかったと思います。

ArrowLakeは3-4年後に出るのでしょうから、Intelの意図をエンドユーザーが理解するのは3-4年後と言うことになります。

最先端の天才的エンジニアの意図を理解できるのは5年後くらいなのでしょうね。

ゲルシンガー氏の言う通り、AlderlakeはAMDのZenのような革新的な変化をIntelにもたらすと思います。

ただし、AMDも座してみているわけではありませんので、この変革にキャッチアップしていこうとするでしょう。

新旧、ジム・ケラー氏が携わったCPUのどちらが勝つのかはやってみないとわからないと私は思います。

現時点ではIntelが有利なのかなと思います。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報, GPU情報, その他
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.