その他

AMDが取得した特許2件

投稿日:

AMD logo

AMD、3Dスタックメモリの冷却に関する特許を申請

ますます縮小する半導体デバイスのスケーリングおよび製造は、より小さなノードが導入されるにつれてより困難になってきている。

7ナノメートルに近づくにつれて、規模の経済は製造規模よりも影響力が強くなっています。

たとえば、7nmノード開発の開発には30億米ドル以上の費用がかかりますが、小規模なノードではその価格が50億米ドルを超えると予想されます。

経済的に大きな影響を与えずに2次元空間でより多くのトランジスタを絞り込めないという限界に近づいているので、パフォーマンスの向上を維持するためには別の次元を利用する必要があります。

AMDは、ペルチェ素子とも呼ばれる熱電冷却器 - TECで3Dスタックメモリを冷却するための特許を申請しました。 TECはP型とN型の半導体で作られているため、既存のシリコン製造方法に簡単に統合でき、通常のデバイスのように制御できます。

AMDが特許を取得したプロセスは、メモリとロジックデバイスの間にTECを挿入する方法を基本的に説明しています。そこでは、ロジックまたはメモリから熱を奪い、両側で熱を放散することができます。

その効果は、熱の流れの方向が電圧を反転させて変化するというTECの性質のために可能である。

ご覧のとおり、これはAMDが提案しているものの概要を示したもので、ロジックスタックとメモリスタックの両方を常時測定し、どちらが熱いかを判断します。

より高温側は、そこからより低温側に熱を奪い去り、それはその熱を消散させることができる。

このソリューションは、ロジック上にメモリダイがある、IntelのFoverosに似たデバイスに役立ちます。

ソース:techpowrup - AMD Files a Patent for Cooling of 3D Stacked Memory

 

AMD、GPU命令スケジューリングの新手法を特許取得

RyzenおよびRadeon製品の好調な売上からの収益の増加により、AMDはこれまで以上にイノベーションに注力しています。

先を見越して、どの企業にとってもその資本を研究開発に再投資することが重要です。

そしてそれはまさに既存のソリューションを改善しながら、将来の技術に焦点を合わせることによってAMDがしていることです。

6月13日に、AMDはGPUのためのシェーダプログラムの命令スケジューリングのための新しい方法を発表しました。

  • この方法は固定数のレジスタに作用する。 それは5段階で動作します。
  • すべての基本ブロックにわたる活性度ベースのレジスター使用量を計算する
  • シェーダープログラム用の波数のコンピューター範囲
  • 利用可能なポストレジスタ割り当て最適化の影響を評価する
  • 複数のレジスタの波の数に基づいて得点データを計算する。
  • 最適な波数を計算する

注意すべき重要なことは、レジスタの「活性」はおそらくレジスタの使用率に対する参照であり、「ウェーブ」という用語は、たとえばEOP(End Of Pipe)やシェーダを描画するDRAWなどのマシン状態を指すことです。

もちろんもっと多くの州がありますが、これらはAMDの "GPU Open"ドキュメントからのほんの数例です。

この新しい方法では、データ(この場合はマシン状態)をレジスタに格納されているwaveのようにすることで、パフォーマンスがさらに向上し、待ち時間が短縮されます。

あなたはここでそれについてもっと知ることができます。

ソース:techpowreup - AMD Patents a New Method for GPU Instruction Scheduling

解説:

AMDがスタックドメモリの冷却とGPU命令のスケジューリングの新手法に関する特許を取得したという話です。

RyzenやRadeonの売り上げで得た資金を使って新しい技術開発を積極的に行っているようですね。

地味ですが、新しい技術開発に投資しなければ未来はありません。

人材を引き抜かれたAMDがどこまでintelに対抗できるのか?

注目です。

メモリの冷却に関してはペルチェなんて懐かしい名前が出ています。

ペルチェ素子というのは小型の冷蔵庫にも使われているもので、電流を流すと熱が移動するという性質があります。

そのため、初期のCPUクーラーなどに使われていましたが、当時はいわゆる電力を食いすぎるという理由ですたれていきました。

AMDが特許を取った方式ではどうなのかははっきりわかりませんが、ペルチェ素子と聞いて懐かしく思われた方もいるではないかと思います。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.