CPU情報 その他

TSMCのカスタムビルド、Octa-Core A72チップが1.20Vで4GHzに達する

投稿日:

ここ数年で、台湾のファブTSMCは、チップメーカーのIntelの運命が動けなくなっているように見えるため、国際的な注目を集めています。

TSMCはEUVでの実験を数年忙しくしています、そして今、ファブは日本で開催されたVLSI(超大規模統合)シンポジウムでいくつかの研究論文を発表しました。

見てください。

詳細は下記をご覧ください。

 

台湾のFab TSMCが、CoWoSパッケージング技術を使用したARM A72コアを使用した7nmチップレットの設計を強調する研究論文を発表

このシンポジウムで、TSMCは、eMRAMのパッケージ前はんだ付けからARMのCortex A72コアをベースにした新しいチップレット設計までをカバーするいくつかの研究論文を紹介しました。

TSMCはまた、二硫化タングステンに関する研究論文を紹介した。

製造業者が信じるチャネル材料は、改善された二次元電子スイッチングにより、3nm以上での改善された電子の流れを可能にするであろう。

この二硫化タングステン短チャネルトランジスタは、サファイア中間体を必要とする初期のプロセスとは対照的に、シリコン基板上に直接化学気相成長によって製造される。

TSMCに関する限り、会議の真のハイライトは、「高性能コンピューティングのための7nm 4GHzArm®コアベースのCoWoS®チップレット設計」と題された同社の研究論文です。

この研究は、あらゆるチップレット設計に固有のパッケージングと相互接続の限界が最終的に克服できることを実証することを目的としています。

TSMCは、CoWoS(Chip-on-Wafer-on-Substrate)パッケージングとBiDir Interconnect Mesh Busを通じてこれらを克服したいと考えています。

TSMCの設計は2つのチップレットを搭載したシングルチップから始まります。

各チップレットダイは4.4 mm x 6.2 mmで、4つのCortex A72コアがあります。

コアにはカスタムL1キャッシュと、ダイ上に2つの1 MiB L2キャッシュブロックがあります。

追加の高密度ビットセル6 MiB L3キャッシュも存在します。

コアは1.20Vで4.0GHz、1.375Vで4.20GHzに達することができます。

さらに、1968ビット幅のダイ上メッシュ相互接続は4GHz以上で動作することができ、そのうち6つが各ダイ上にあります。

2つのチップレットは、TSMCのパッケージ内低電圧相互接続(LIPINCON)を介して互いに接続されています。

これらのPHYはそれぞれ0.42mm x 2.4mmで、2:1のマルチプレックス機能によって8Gb / p / s(1秒あたりのギガビット/秒)のデータ転送速度を達成できます。

LIPINCONはまた、0.56pJ /ビットの電力効率と1.6TB / s /mm²の帯域幅密度と320GB / sの帯域幅を提供します。

このデザインでは3つ以上のチップレットを使用できることに注意することも重要です。

CoWoSを使用することで、TSMCはチップレットの消費電力を抑えることができ、TSMCはこの設計で40μmのマイクロバンプピッチを使用し、2つのダイは100μm離れています。

これらの数字は台湾のファブをIntelよりも先に進めており、TSMCが現在の軌道を継続するのであれば、将来的に市場でのプレゼンスを非常に高めることができるでしょう。

何か意見がありますか? 下記のコメント欄であなたが何を考えているかを私たちに知らせてください。

最新の情報をお知らせします。

ソース:wccftech - TSMC’s Custom Built, Octa-Core A72 Chip Reaches 4GHz At 1.20V

解説:

ARM Cortex-A72を使ったオクタコアCPUが1.2V、4GHzで動作したというお話です。

現在携帯用のSoCとしては最新のSnapdragon865に関してはCortex A77が使われるといわれています。

Cortex-A72はわたくしの記憶が間違っていなければ2015年あたりに発表されたものなのでもう枯れているといってもよいと思います。

こちらはサーバーとか高性能コンピューティング向けという話ですので、intelの製品で言えばXeonあたりのライバルということになります。

こちらの内部に使われている製造技術もどこかで聞いたことのあるチップレット方式です。

ただし、I/OとCPUのダイをつなぐ方式ではなく、4コア1ユニットのチップレットです。

4GHzでどのくらいの性能が出るのかはわかりませんが、ARMもまだサーバーの分野を狙っているようですので、油断のならない状況であるとはいえると思います。

 

ここからは余談

こうしてみると、AMDも完全にARM陣営にあって、その恩恵を受けているということがわかりますね。

自社の利益をある程度捨てて、サプライチェーンの歯車の一つに徹することにより、intelやnVidiaといった強烈なブランドを持つ企業を凌ぐ立ち位置を手に入れるという生存戦略を取っており、それは今のところかなりうまくいっているといってもよいでしょう。

これは、独自のブランドを確立して価格の決定力を持ち、高い利益率を誇るnVidiaが7nm世代において携帯のSoC(ARM)の生産を行うTSMCから弾き出されて、サムスンに製造を委託することもからもうかがい知ることが出来るのではないかと思います。

前にも書きましたが、すべてがweb化、クラウド化すると、ハードウェアにブランドがあるのは邪魔です。

なのでハードウェアにブランドを持っている企業はこれからARM勢とぶつかることになると思います。

web化、クラウド化が進んだ先にあるのは、ハードウェアというのはGAFAなどのweb企業のサービスに導くための土管でそこに金を使ってほしくないという思惑です。

金を使うのはGAFAなどの企業が提供するサービスでなくてはなりません。

よって、すべてのサービスがweb化した暁にはハードウェアはあるのかないのかわからない状態になると思います。

「ああ、このちっこい豆粒みたいなのがハードなの?」そういう状態になるということですね。

まあ、それはちょっと寂しいですが、コモディティになるというのはそういうことだと思います。

まあ、前にも書きましたが、

サーバー側で処理した画像を網膜投影することによって、弱視や老眼といったものは将来的になくなると思います。

ある種の失明も治せるようになるでしょう。

気分はもうボトムズ! 2018年、網膜投影型がVRブームを革命する

こういったデバイスはもう存在していますので、時間の問題と思います。

まあ、私もハードウェアがコモディティ化して、あるのかないのかわからないという風になるのは嫌ですけど、それ以上に最先端の技術がもたらす恩恵は大きいものと思います。

 

 

 

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.