CPU情報

AMD Ryzen AM4 デスクトップCPUのリフレッシュには9つの新SKUが含まれ、価格もリークされました。Zen 3D、Cezanne 「Zen 3」、Renoir 「Zen 2」チップをメインストリーム向けに提供

投稿日:

AMDは、Ryzen 7000 CPUとともにAM5が登場する前に、最後のRyzen AM4 Desktop CPUリフレッシュを全力で行うようです。

AMD Ryzen AM4デスクトップCPUリフレッシュのスペックと価格がリーク。Zen 3Dをベースに、Cezanne 「Zen 3」、Renoir「Zen 2」ダイ

この情報はVideocardzと、AMD Ryzen 5000 & Ryzen 4000 AM4 Desktop CPU refreshのラインナップがどのようなものになるかを確認した我々の情報源から得たものです。

AMDは、Zen 3D、Zen 3「Cezanne」、Zen 3「Vermeer」、およびZen 2「Renoir」に至るまで異なるZenダイのミックスを使用する、少なくとも9つの新しいSKUを提供しようとしているように見える。

AMD Ryzen 7 5800X3D CPU - 7nm Zen 3D「Warhol」搭載

まず最初に、Zen 3Dコア・アーキテクチャを採用した唯一のWarholチップ、これがAMD Ryzen 7 5800X3Dです。

このCPUは、8コア、16スレッド、64MBの3D Stacked SRAMの追加設計により、100MBの複合キャッシュを提供する予定です。

クロックはベース3.4GHz、ブースト4.5GHzを維持し、TDPは105Wとなる。

価格については、CPUは5800Xと同じ希望小売価格449ドルで、非3Dチップは399ドルかそれ以下に値下げされることになります。

この価格設定は、5800X3Dを、より多くのコア/スレッドを提供するが、より小さいキャッシュ容量を提供するIntel Core i7-12700Kよりも高価にする。

この2つのチップの性能ベンチマークを見るのは興味深いことです。

AMD Ryzen 5000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 3 "Vermeer "搭載

次は、Ryzen 7 5700XやRyzen 5 5600など、Zen 3「Vermeer」CPUのリフレッシュモデルを紹介します。

AMD Ryzen 7 5700Xは、8コア16スレッド、ベースクロック3.4GHz、ブーストクロック4.6GHz、キャッシュ36MBで、TDP65Wとなる。価格は299ドルで、Intel Core i5-12600Kと同レベルとなる。

AMD Ryzen 5 5600は、6コア12スレッド、ベースクロック3.5GHz、ブーストクロック4.4GHz、キャッシュ35MBを搭載し、TDP65Wのパッケージとなる。価格は199ドルで、Intel Core i5-12400の「F」バージョンと競合することになる。

AMD Ryzen 5000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 3「Cezanne」搭載

また、Zen 3「Cezanne」ダイをベースにした3つの新しいSKUが登場する予定です。

これらのAPUはコストが最適化され、APUのダイを使用しているため、キャッシュが少なくなるのが特徴だ。このSKUには、Ryzen 7 5700、Ryzen 5 5500、Ryzen 3 5100が含まれる。

Ryzen 7 5700は8コア16スレッドで24MBキャッシュ、Ryzen 5 5500は6コア12スレッドで19MBキャッシュ、Ryzen 3 5100は4コア8スレッドで6MBキャッシュを搭載しています。

Ryzen 5 5500の希望小売価格は159ドルで、Core i3-12300より若干高価ですが、より多くのコア/スレッドを提供します。Ryzen 7 5700は約249ドルで、Ryzen 3 5100は約119ドルです。

AMD Ryzen 4000 AM4 CPU Refresh - 7nm Zen 2「Renoir」搭載

最後に、Zen 2「Renoir」ダイをベースにしたAMD Ryzen 4000パーツのトリオを紹介します。

6コア、12スレッド、ベースクロック3.7GHz、ブーストクロック4.2GHz、キャッシュ11MB、65Wパッケージで、DIYセグメント向けに再登場するトップモデルのRyzen 5 4600Gが含まれます。小売価格は154ドル。

非iGPUのバリエーションには、6コア、12スレッド、ベースクロック3.6GHz、ブーストクロック4.1GHz、キャッシュ11MB、TDP65Wの「Ryzen 5 4500」が含まれる。

価格は129USドル。Core i3-12100と同価格になる最もエントリーなSKUは、4コア8スレッド、ベースクロック3.8GHz、ブーストクロック4.0GHzの「Ryzen 3 4100」である。6MBのキャッシュを搭載し、TDPは65Wで、価格は99USドル。

AMD Ryzen 5000 Serie & Ryzen 4000 CPU ラインナップ(2022年):

CPU名アーキテクチャーコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP希望小売価格
AMD Ryzen
9 5950X
7nm Zen 3 'Vermeer'16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.0 GHz4.7 GHz64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X3D
7nm Zen 3D 'Warhol'8/163.4 GHz4.5 GHz64 MB + 32 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
7 5700X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz36 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
7 5700
7nm Zen 3 'Cezanne'8/16不明不明20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 5600X
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.5 GHz4.4 GHz35 MB24 + 1665W$199 US
AMD Ryzen
5 5500
7nm Zen 3 'Cezanne'6/123.6 GHz4.2 GHz19 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$159 US
AMD Ryzen
5 5100
7nm Zen 3 'Cezanne'4/8不明不明不明20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
7 4700
7nm Zen 2 'Renoir'8/163.6 GHz4.4 GHz20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 4600G
7nm Zen 2 'Renoir'6/12不明不明11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$154 US
AMD Ryzen
5 4500
7nm Zen 2 'Renoir'6/123.6 GHz4.1 GHz11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$129 US
AMD Ryzen
3 4100
7nm Zen 2 'Renoir'4/83.8 GHz4.0 GHz6 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$ 99 U

AMD、300シリーズマザーボードでRyzen 5000/4000 CPUをサポート可能に

AMDは、これらのSKUに加えて、300シリーズマザーボードの全ラインアップでAMD Ryzen 5000およびRyzen 4000デスクトップCPUをサポートする予定であると報告されています。

新しいAGESA 1.2.0.7 BIOSは、このサポートを有効にし、以前のBIOSで発生したfTPMの問題を修正し、間もなくロールアウトする予定だそうです。

この新しいCPUは4月に発売される見込みで、正確にはAMD Radeon RX 6000グラフィックスカードの更新の発売日とも噂される4月20日頃となります。

ソース:wccftech - AMD Ryzen AM4 Desktop CPU Refresh To Include 9 New SKUs, Prices Leaked: Zen 3D, Cezanne ‘Zen 3’, Renoir ‘Zen 2’ Chips For The Mainstream Masses

 

 

 

解説:

後手に回った感がありますが、AlderLakeに対する対応策となるモデルが投入される。

Renoir、Cezanneから4モデルと3モデルずつ、Ryzen 7 5800X3D、Ryzen 9 5900無印、Ryzen 7 5800無印、Ryzen 7 5700X、Ryzen 5 5600無印、これらが投入されます。

Ryzen 7 5700XとRyzen 5 5600無印はRyzen3000シリーズで割安で人気だったモデルですが、Ryzen5000シリーズではラインナップされず、結果全体が高止まりしていました。

しかし、AlderlakeにZen3が太刀打ちできないという事実が明らかになると、全体を値下げするようなお得なモデルがラインナップされています。

正直、最初からこれらのラインナップを投入してほしかったところです。

自社が有利な時にユーザー本位のラインナップに出来るかどうかでファンが付くかどうか決まると私は感じます。

自社が有利な時にもある程度ユーザーが喜ぶモデルを残しておいた方が良かったのではないでしょうか。

勝つときもあれば負ける時もありますので、苦しいときにAMDの味方になってくれるファンを少しでも増やすような行動を心掛けてほしいかなと思います。

元記事にはありませんが、CezanneとRenoirで末尾にGが付いていないモデルは内蔵GPU無しと言う解釈でよいと思います。

内蔵GPUがあった場合、Ryzen 7 5700無印と既に発売中のRyzen 7 5700Gの差があまりにも無さ過ぎるからです。

4コア8スレッドを今頃投入するのは本当に遅すぎると思います。

何もしないよりはましですが、これでAlderLakeに対抗できるかといったら難しいと思います。

しかし、中価格から低価格帯を中心に新しいラインナップを敷き詰めましたので、既存のモデルの価格下落に一応歯止めをかけることには成功するのではないかと思います。

今まで渋っていたAMD300シリーズでもRyzen 5000/4000 CPUをサポート可能にして、顧客のIntelプラットフォームへの流出に歯止めをかけるつもりのようです。

遅きに失した感はありますが、何もしないよりましでしょう。

サーバーとモバイルに力を入れているAMDにはこれが精いっぱいなのでしょうね。

残念です。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,700 (2022/5/25 7:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.