マザーボード関係

ASMediaが提供するAMD B550、A520チップセットマザーボードが2020年に登場

更新日:

続報が出ましたので注意してください。

AMD X590チップセットは、現在、最高のAMD Ryzen 3000 CPU、高いPCIe 4.0レーン、X570マザーボードよりもはるかに高い価格で設計されている

AMD logo

最近の小売り価格の価格表のリークが見過ごせないのは、AMD X570チップセットを搭載したマザーボードはかなり高価で、平均的なマザーボードの価格ではintelのプレミアムグレードのZ390 Expressチップセットを上回っています。

Ryzen 3000シリーズプロセッサ用の手頃な価格のマザーボードをお探しの方は、既存のAMD 400シリーズチップセットベースのマザーボードを選択し、AMDプラットフォームでほぼ一般的に利用可能なUSB BIOSフラッシュバック機能を利用することができます。

それがグラフィックスカードに関しては大した妥協ではありませんが、古いプラットフォームではPCI-Express gen 4.が使えません。しかし、M.2 NVMe SSDの性能を向上できなくなるでしょう。

もう一つの選択肢は、ASMediaから供給されるAMDの500シリーズチップセットの手頃な価格の製品を待つことでしょう。

DigiTimesによると、ASMediaは次世代AMDプラットフォームチップセットシリコンをテープアウトし、新しいチップセットをマザーボード製造業者に出荷することを2019年の第4四半期までに順調に進めています。

※ テープアウト=半導体製品の設計図を磁気テープに焼き込み、データを製造部門に出荷することから、半導体製品の設計が完了したことを意味する。

これはB550、A520チップセット使用した最初のマザーボードが入手できる時期が少なくとも2020年の第一四半期になると予想できます。

これらのチップセットは、PCI-Express Gen 4.0レーンを搭載するだけでなく、これらをベースとしたマザーボードもAMDの新しいプラットフォームに対する要件に合わせて構築され、単体GPU用にPCI-Express 4.0 x 16スロットを搭載し、前世代のプラットフォームよりもオーバークロック性能を改善するCPU VRMおよびメモリ配線を改良しています。

現在のところ、製品には2つのSKUがあります。B450に続くB550と、A320に続くA520です。

ソース:techpowerup - ASMedia-sourced AMD B550, A520 Chipset Motherboards Arrive in 2020

※できるリサさん。(AMDのCEOの方がもっと美人ですw)

 

解説:

朗報、B550とA520はある模様

「安いマザーが欲しい場合はX470、B450を購入すべき」という論調があったので、ひょっとしたらB550とかA520はスキップされるのかと思っていましたが、どうやらそうではなかった模様です。

こちらの設計はX470やB450と同様にASMediaが担当してるようです。

Computexで「B550はいつ発売されるのですか」という質問にマザーボードメーカーの担当者が「知らんがな」と答えていたので、全然情報がないんだなあと思っていましたが、ようやく情報が出始めましたね。

PCI Ex Gen4を搭載することも期待できるようですし、時期的に考えると来年のCESで公開されるという感じじゃないでしょうか。

今年のAMDはあまりに新製品の発売が多すぎて、びっくりです。

A320なんかはチップセットの400世代をスキップしていましたので、あるとは思いませんでした。

AMDはこの機会にローエンドからはハイエンドまですべてPCI ExpressレーンをGen4化するつもりのようですね。

intelに安っぽくケンカを売らずにやるべきことを淡々とやる姿にはしびれます。

Athlon64/X2の時は変な小物臭が漂ってましたからね。

変な広告戦略を取るよりもこういうのが一番堪えると思います。

2019年のAMDは一味違います。

 

続報が出ましたので注意してください。

AMD X590チップセットは、現在、最高のAMD Ryzen 3000 CPU、高いPCIe 4.0レーン、X570マザーボードよりもはるかに高い価格で設計されている

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.