ゲームについて その他

ゲームの未来

投稿日:

以前、「ゲームのヒロインが美人じゃなくなる可能性について」という記事を書き、その中で

ゲームの未来の姿というのは案外アマチュアがMODで支えていくことになるのかもしれません。

上のように書きましたが、もはや時代はそんなレベルではないようです。

 

ThreeKitは静止画像を「3Dエクスペリエンス」に変えるために1000万ドルを調達

上の記事は写真から3Dオブジェクトを起こすことのできる技術を開発している会社が約11億円を資金調達したという話です。

この会社はWEBショップで販売する商品を3Dオブジェクト化するための技術を開発していますが、こうした技術はゲームの開発にも応用できます。

もっと言えば、プレイヤーがゲーム内の3Dオブジェクトや人物をこうしたサービスによって作り出した3Dオブジェクトに手軽に変更できるようになるかもしれません。

MODを作る必要すらもなく、スキャンしてクリックしたらそのままゲーム内に転送できるようになるかもしれません。

さらに以前の記事「AIがもたらすゲームの未来のアバターについて」でこう書きました。

メーカーがイメージの方向性をつけたければ、ある程度の幅を持たせて好みのプリセットをシステムの中から選択してダウンロードするようにすればよいのではないでしょうか。

とかそんなレベルではもうないようです。

もっとカジュアルにユーザーが用意した写真から3Dデータが起こせるようになるかもしれません。

今のところ人間は無理のようですが、そのうちできるようになるでしょう。

 

さらに言えば、2D写真で言えば、

AIがもたらすゲームの未来のアバターについて」でも書きましたが、架空のアイドルの写真を自動生成するAIのデモの動画を紹介しました。

実はこの類似サービスは「photoAC」ですでに実用レベルで行われていて、AIで自動生成した写真の素材を無料でダウンロードすることが出来ます。

このアイドル自動生成AIのニュースリリースが出たのが2018年6月で、photoACが自動生成した人物の素材サービスを開始したのが2019年5月です。

ほぼ1年でデモから実用公開レベルまで行ったということになります。

時代はもうどんどん先に進んでいて、最先端情報を追いかけているつもりで、周回遅れになってしまいそうです。

 

さらにブロックチェーンを絡めてもっと面白いサービスが公開されています。

AIにより本物さながらのアイドルを自動生成、「A.I.dols Codebase」のβ版がリリース

自動生成AIで自分の作ったアイドルをブロックチェーン上でトークン化して、サーバーではなく、ユーザー自身が保有できるようになるとのこと。

つまり、適当にアイドルを作って架空の実績をでっちあげるのは簡単ですが、そうではない、バーチャルアイドルとしてどのくらいの人気を得たのかということを改ざんされることなく履歴として公開することも可能になるということです。

それを個人ユーザーが「所有」することが出来るようになるということです。

マイニングをされていた方ならわかると思いますが、これがイーサリアムのトークンを利用してサービスを行うことが出来るようになるそうです。

マイニングをやったことのない方、知らない方には何のことだかわからないと思いますが、改ざん不可能なネット上の台帳の上にバーチャルアイドルのデータを記録して、個人が所有できるようにするということです。

今は顔だけのようですが、最終的には声やフルボディを生成できるようになるようです。

これ自体がゲームですが、他のゲームにも応用可能な内容でしょう。

こんな風に、現実と仮想の垣根がどんどんなくなって、現実にあるものなら何でも、現実にないものでも3Dデータに落として仮想現実の世界で触れ合えるようになり、それがゲームに応用・利用できるようになる世界がすぐそこまで来ているということです。

自分で作った仮想のアイドルをゲームにインポートして、ヒロインにするとか簡単にできるようになるでしょう。

お気に入りのアバターから自分の写真の情報から10%をインポートして要素を加えるなども簡単にできるようになると思います。

私は過去の体験からしか未来を予測できませんが、すでに現実ではそれを大きく超える動きになっているようです。

過去の記事を見ると、自分の認識が甘すぎて恥ずかしくなります。(笑

まあ、でもこういったものはうれしい誤算です。

 

クラウドゲーミングによってゲーミングPCの世界にも厳しい波が押し寄せてくる一方、技術の進歩が新しい遊びを生み出していくという側面もあるわけです。

以前の記事でこう書きました。

Google Stadia 料金、Founder’s Edition発表、ゲームにはBaldur's Gate III、Destiny 2が含まれる

技術の進歩を否定してみじめに社会の進歩から取り残されるか、技術の進歩を受け入れて、新しい世界で生きるか?

それは一人一人の考え方次第です。

ゲーミングPCというのは残念ながらこれからこれら(とそれに付随する)の技術の進歩によって、駆逐される側のものだと思います。

しかし、上の技術が提供するサービスを見てわくわくしませんか?

基本的には技術の進歩というのは我々を豊かにしてくれる素晴らしいものだと思います。

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.