CPU情報

wccftech独占:AMDはモンスター64コアTreadripperに取り組んでおり、早ければ2019年第4四半期にロンチします

更新日:

AMDはThreadripperをやると思いますか?

まあ、あなたがそう思ったのであれば、私はいくつかの良いニュースを知っています。

私は、同社が完全に巨大な64コア/ 128スレッドのThreadripper製品を2019年第4四半期に発売する準備をしていることを確認しました。

現時点でAMDの最大のHEDTプロセッサは、32コアを誇る2990WXです。

これはバカにならないもので、すでに最高のコアHEDT部品ですが、世界ではこれらのおいしいコアを十分に入手できないため、AMDは64コアバージョンを2019年第4四半期に発売する予定です。

 

超HEDT X599プラットフォームに取り組んでいるAMD:最大64コアのThreadripper CPU

私はAMDがIntelとの混乱を避けるために名前を変えることを検討していると言われていますが、プラットフォームは現在X599と呼ばれています。

IntelとAMDのHEDTプラットフォームには同じ命名法があり、混乱を招く可能性があるため、これはそれほど驚くことではありません。

また、彼らは「99」という接尾辞を保持することを計画しているとも言われています。

AMDは64コアのThreadripper製品と対応するプラットフォームを2019年第4四半期に発売することを計画しています。

実際、この時期にこれらのマザーボードがさまざまなAIBから飛び出し始めることを期待できるでしょう。

私の知る限りでは、これは既存のTR4マザーボードとソケット互換性があるはずで、すでに持っているのであればBIOSアップデートのみで対応可能です。

私が今知らないのは、これが14nmの製品なのか7nmの製品なのかということです。

今まで知られているところから考えると、これは14nmの製品がサーバー用から流れてくると思われていましたが、もしかしたら、同社は私たち全員を驚かせるようなことをするかもしれません。

AMDを知っているので、これはかなりエキサイティングなニュースです、

64コアのThreadripper CPUはおそらく2500ドルから3000ドルの範囲で販売されると思われるので、この多くのスレッドを備えた最も手頃な価格のワークステーションプロセッサの1つとなるでしょう。

Intelの18コア小売り価格が約1800ドルであることを考えると、これは小売店にとって鉄板の掘り出し物となるでしょう。

このプロセッサは、自家製のサーバーセットアップやコンピューティングクラスタにも最適です。用途は事実上無限です

私の情報源はタイムライン上で明確ですが、AMDが「来年CESのために計画された何かがあるので、年が終わる前にこれを投入することを計画している」と言いました。

2019年第4四半期には、X599に関連したマザーボードのリーク(またはそれが呼び出されることになるものは何でも)を見始めるはずで、CPUは2020年1月までに遅くとも店頭に並んでいるはずです。

これは最悪のシナリオであり、現在の計画では2019年第4四半期半ばまでに出荷される予定です。

まあ、これはかなり短い投稿ですが、今日はこれでおしまいです。

ソース:wccftech - EXCLUSIVE: AMD Is Working On A Monster 64-Core Threadripper, Landing As Early As Q4 2019

Ryzen Thread Ripper

解説:

またしても、wccftechの独占記事です。

Ryzen Threadripperの64コア128スレッド版が出る、また、2019年Q4にX599チップセットと次世代Threadripperが出るとのこと。

今一つ歯切れがよくないのは、この64コア128スレッドのThreadripperが第一世代EPYC用の在庫が流されるのではないかとしているところです。

だとしたら 爆熱、低クロック、低IPC確定で競争力0ですね。

こういうがっかり仕様にはしてほしくないところです。

こうならないことを祈りましょう。

X599に関しては、以前X499といわれていましたが、intelと型番がかぶっていることもあり、一つ飛ばしてX570と数字をあわせてX599にするということのようです。

こちらもPCI Gen4対応になることが予想され、非常に期待が持てるプラットフォームであるとともに、X399もBIOSのアップデートのみで対応できるのではないかと元記事は説明しています。

まあ、いずれにしてもwccftechの独占なので、話の信ぴょう性はかなり割り引いて考える必要があるんじゃないかと思います。

話の流れで、AMDの中の人と話したときに、「年末に何か投入するわ」と言ったのをThreadripperではないかと勝手に思ったということのようです。

Naviの廉価版かもしれませんし、まあ、わかりませんよね。

「Threadripperだったらいいなあ」くらいの解釈でお願いします。

私としては9月に16コアのRyzen 9 3950Xも出ますし、そんなに生産できるのかなあと思いました。

この話が本当なら、いずれ続報が来るものと思います。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.