CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 5000「Chagall」HEDT CPUが2022年に延期されるとの疑惑が浮上

投稿日:

AMDのコードネーム「Chagall」と呼ばれるRyzen Threadripper 5000 HEDT CPUは、発売日が2022年にずれ込んだため、今年は発売されないと報じられています。

AMD Ryzen Threadripper 5000 HEDT CPU「Chagall」の発売は2022年との疑惑が浮上

この噂は、コードネーム「Chagall」と呼ばれているAMD Ryzen Threadripper 5000 HEDT CPUが2022年に延期されたと、Greymon55氏が自身のツイートで述べています。

これまでHEDTのラインナップは2021年第4四半期の発売を予定していましたが、今のところAMDはThreadripperの計画を発表していません。

この延期により、ユーザーは、2019年11月に登場したAMDのRyzen Threadripper 3000シリーズに対するアップデートを得るために、もう少し待たなければならないことにもなります。

翻訳

シャガールはまた延期になったようで、おそらく来年になると思います。

そういえば、AMDのRyzen Threadripper 5000 HEDT CPUは、しばらく前からリークされていました。

しばらく前には、ベンチマークでThreadripper PRO 5995WXと5945WXのCPUを見ることができましたし、1ヶ月前のGigabyteのリークでもこれらのチップのスペックが報告されていました。

「Moore's Law is Dead」の噂によると、AMDは次世代Threadripperを標準タイプと3DX(3D V-Cache)タイプの両方で発売すると見られています。

数週間前にリークされたMilan-Xチップのように、AMDがHEDT CPUのラインナップに3DXルートを採用する可能性もあります。

また、価格はZen 2ラインナップよりも高くなると言われていますが、これはRyzen 5000メインストリームCPUがRyzen 3000モデルよりも価格が上がったことを考えると予想されます。

Threadripper 3990Xのように、AMDがいくつかのRyzen Threadripper SKUを先行して発売し、フラグシップの64コアを後から発売するという可能性もありますが、それはまだわかりません。

また、AMDはワークステーション用のPRO SKUで多くの実績を上げており、Threadripperがエンスージアストやプロシューマー市場をターゲットにしていることから、次世代チップのラインがPROバージョンとして知られるようになる可能性もあります。

AMD Ryzen Threadripper 5000とIntel Sapphire Rapids-X HEDTのCPUの比較:

CPUファミリIntel Sapphire
Rapids-X
AMD Ryzen
Threadripper 5000
製造プロセス10nm ESF7nm
コア・
アーキテクチャ
Golden CoveZen 3
プラットフォームW790TRX40/TRX80
ソケットLGA 4677?LGA 4096
最大コア数/
スレッド数
56/112?64/128
最大キャッシュ
(L3)
168 MB?224 MB + V-Cache?
サポートメモリDDR5-4800DDR4-3200
最大PCIe
レーン数
64 PCIe Gen 5.0128 PCIe Gen 4.0
TDP最大225W最大280W

2022年に発売されるということは、AMDのHEDT CPU「Ryzen Threadripper 5000」が、インテル自身のW790プラットフォーム向けHEDTファミリー「Sapphire Rapids」と接近戦を繰り広げることになる。

IntelとAMDの両方がHEDT CPUを最後に発売したのは2019年11月で、AMDはワークステーション/プロシューマー向けのThreadripperチップも発売したが、Intelはそれ以降、HEDT市場を獲得することができなかった。

2022年には新しいHEDT CPUファミリーが登場するため、特に両CPUメーカーがこのプラットフォーム向けに真新しいコアアーキテクチャを提供することから、このセグメントで再び激しい競争が繰り広げられることになるでしょう。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 5000 ‘Chagall’ HEDT CPUs Allegedly Delayed To 2022

 

 

 

解説:

Chagallが延期

実に象徴的な出来事です。

さて、果たして、Golden Cove VS Zen3はどちらが勝利するのか?

56コア112スレッド対64コア128スレッドはどちらが勝利するのかと言うことになります。

225Wで280WのThreadripper5000シリーズを倒すことが出来たら完全勝利と言えるでしょうが、盛れるだけコアを盛った状態でどちらが勝つか・・・ですね。

Intelはよくも悪くもHEDTでは本気を出してこなかったのでフルスペックのSapphire RapidsがHEDTに降りてくるかは不明です。

Cascade Lake以前のCore-Xは口の悪い人からは「サーバーCPUの搾りカス」とまで言われていたので、今度こそXeonに劣らないスペックのCore-Xを見せていただきたいところです。

境界線が曖昧なHEDTを出すと、Xeonの代わりに使われてしまうので、Intelとしては避けたいところでしょう。

さて、どうなるかの答えは是非とも見せていただきたいところです。

Chagallは今までのようになめプをして勝てる相手ではありませんので、全力を出してくると私は思っています。

Golden Coveのシングルスレッド性能はZen3にデスクトップは勝っていることはほぼ確実なので、現時点での私の予想は6:4でIntel有利だと思います。

※ ただし、Intelが本気を出せばの話です。

 

 

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズ発売!

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.