CPU情報

Intel第9世代コアプロセッサが値下げ、新しいXeon W-2200および第10世代XシリーズCPUが発表

投稿日:

9th Gen Core i Series

Intelは、第9世代Coreシリーズプロセッサーの値下げを正式に発表し、新しい第10世代XシリーズおよびXeon W-2200シリーズプロセッサーも発表しました。

これは、すべてのセグメントでドルあたりの高いパフォーマンスを提供することでAMDを打ち戻すことにコミットしているIntelから来た1週間で見た2番目の大きな価格低下です。

 

Intelは第9世代CPUの値下げを発表し、Xeon W-2200ワークステーションと第10世代Xシリーズエンスー向けプロセッサーも正式に発表します

Intelは本日、統合GPUを搭載していない第9世代Core CPU全体の価格を引き下げることを発表しました。これには、Computex 2019で発売された「KF」および「F」シリーズプロセッサが含まれます。

現在まで、これらのプロセッサは統合グラフィックスが有効になっているモデルと同様の価格でしたが、Intelはこれらの製品が標準の第9世代ラインアップと比較してわずかな値下げに値すると判断しました。

そのため、Intelは8つのSKUの価格、トップエンドのCore i9-9900KF(463米ドル、以前は488米ドル)からエントリーレベルのCore i3-9100F(97米ドル。以前は122米ドル)まで引き下げています。

これらのチップは、すでに個別のグラフィックカードを所有しており、他のPCパーツに投資できる数ドルを節約したいユーザーにとって理想的です。

個人的には値下げ判断が遅すぎると思いますが、IntelがXシリーズプロセッサの価格を下げたことを考えると、第9世代のメインストリームラインナップにはまだまだやるべきことがあります。

Intel第9世代コアプロセッサの値下げ:

モデル名コア数/ スレッド数ベース/ ブーストクロックOC可能キャッシュTDP旧価格(米ドル)新価格(米ドル)
Intel Core i9-9900KF8/163.6 / 5.0 GHzYes16 MB95W$488 US$463 US
Intel Core i7-9700KF8/83.6 / 4.9 GHzYes12 MB95W$374 US$349 US
Intel Core i5-9600KF6/63.7 / 4.6 GHzYes9 MB95W$262 US$237 US
Intel Core i3-9350KF4/44.0 / 4.6 GHzYes8 MB91W$173 US$148 US
Intel Core i7-9700F8/83.0 / 4.7 GHzNo12 MB65W$332 US$298 US
Intel Core i5-9500F6/63.0 / 4.4 GHzNo9 MB65W$192 US$167 US
Intel Core i5-9400F6/62.9 / 4.1 GHzNo9 MB65W$182 US$157 US
Intel Core i3-9100F4/43.6 / 4.2 GHzNo6 MB65W$122 US$97 US

Xeon見てみると、IntelはLGA 2066ソケット用のCascade Lake-Xデザインに基づいたXeon W-2200ラインアップを発表しました。

4コアから18コアSKUまでのラインナップは、組み込みの信頼性、可用性、および保守性に加えて、追加のプラットフォームPCIeレーン数、ECCメモリサポート、Intel VROCサポート、Thunderbolt 3、Intel Optane SSD 905サポート、vProプラットフォームサポートを提供します。

IntelはすでにLGA 3647ソケット用のXeon W-3000ラインアップを発売しました。詳細については、こちらをご覧ください

前世代と比較して、主力のXeon W-2295 18コアおよび36スレッドプロセッサが1333ドルの小売価格で、Xeon W-2100ラインナップの前のフラッグシップであるXeon W-2195と比較すると1220ドルの差があり、価格に大きな変化があります。

 

Intelは、プロのクリエーターやPCヘビーユーザーが毎日使用する、計算負荷の高い持続的なワークロードを処理するために精密に調整された製品の完全なポートフォリオを提供する唯一の企業です。

新しいXeon W-2200およびXシリーズプロセッサは、Intel Deep Learning Boostの統合によるAIアクセラレーションを備えた最初のハイエンドデスクトップPCおよびメインストリームワークステーションとして、これを次のレベルに引き上げます。

これにより、前世代と比較して2.2倍のAI推論能力強化が提供されます。

さらに、この新しいラインアップにはIntel Turbo Boost Max Technology 3.0が搭載されており、シミュレーションやモデリングなどのソフトウェアが、最速のコアを特定して優先順位を付けることにより、可能な限り高速に実行できるようにさらに強化されています。

Intelより

72プラットフォームPCIe Gen 3.0レーンの新機能とサポートに加えて、新しいXeon W-2200ラインアップはIntelのディープラーニングブーストをサポートし、新しいワークステーションビルダーに最適な3年前のワークステーションと比較して、前世代と比較して最大2.2倍、16.1倍の推論速度を提供します。

 

Intel Xeon W-2200ワークステーションプロセッサラインアップ:

モデル名コア数/ スレッド数ベース クロックMax Boost 2.0 (シングルコア)Max Boost 3.0 (シングルコア)TDPCache旧価格(米ドル)新価格(米ドル)
Xeon W-229518 / 363.0 GHz4.6 GHz4.8 GHz165W24.75 MB$2553 US$1333 US
Xeon W-227514 / 283.3 GHz4.6 GHz4.8 GHz165W19.25 MB$1947 US$1112 US
Xeon W-226512 / 243.5 GHz4.6 GHz4.8 GHz165W19.25 MB無し$944 US
Xeon W-225510 / 203.7 GHz4.5 GHz4.7 GHz165W19.25 MB$1440 US$778 US
Xeon W-22458 / 163.9 GHz4.5 GHz4.7 GHz155W16.5 MB$1113 US$667 US
Xeon W-22356 / 123.8 GHz4.6 GHz無し130W8.25 MB$835 US$555 US
Xeon W-22254 / 84.1 GHz4.6 GHz無し105W8.25 MB$444 US$444 US
Xeon W-22234 / 83.6 GHz3.9 GHz無し120W8.25 MB$294 US$294 US

 

最後に、4つのSKU、18コア、14コア、12コア、および10コアプロセッサで構成されるIntel 10th Gen Xシリーズのプロセッサがあります。

オーバークロックのためにすべて完全にロック解除され、ハイパースレッディングが有効になっており、同社の最新のTurbo Core 3.0テクノロジーを備えています。

新しいラインアップは、Skylake-Xマイクロアーキテクチャと14nmプロセスに基づいていますが、次のような市場で第10世代の競争力を大幅に高めるための措置を講じています。

1-第9世代のCore Xファミリと比較して、コアあたりの価格が大幅に低い。

2-第9世代ファミリーよりも高速なシングルおよびオールコアターボクロック速度。

3- Intel Performance Maximizer、2.5G Intel i225 Ethernet、Wi-Fi 6のサポート。

 

Intel Core i9-10980XEは新しいフラッグシップHEDT Xシリーズチップで、3.0 GHzベースでクロックされる18コアと36スレッド、4.6 GHz(1コアTB 2.0)、4.8 GHz(1コアTB 3.0)の最大ブーストクロックを提供します。 )および3.8 GHzの全コアブースト。

このチップは、24.75 MBのL3キャッシュ、最大72のプラットフォームPCIeレーン、165WのTDP、およびCore i9-9980 XEの半分である979ドルの価格を特長としています。

プロセッサは11月に小売店に並ぶ予定で、AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサと比較して、当初は24コアと48スレッドSKUを搭載する予定です。

前述のように、Intelの主力製品は18コアと36スレッドのみに対応しています。

ギガバイトとMSIは、ハイエンドなデザインと今回のよりクリエーターフレンドリーなプッシュを特徴とする第10世代Xシリーズプロセッサ用の新しいX299マザーボードも発表しました。

 

Intel第10世代Core i9 'Cascade Lake' XシリーズCPUラインアップ

モデル名コア数/ スレッド数ベース クロックシングルコア ターボ全コア ターボL3キャッシュTDP価格(米ドル)
Intel Core i9-10980XE18/363.0 GHz4.8 GHz3.8 GHz24.75 MB165W$979
Intel Core i9-10940X14/283.3 GHz4.8 GHz4.1 GHz19.25 MB165W$784
Intel Core i9-10920X12月24日3.5 GHz4.8 GHz4.3 GHz16.50 MB165W$689
Intel Core i9-10900X10月20日3.7 GHz4.7 GHz3.8 GHz13.75 MB165W$590

ソース:wccftech - Intel 9th Gen Core Processors Get Price Cuts, New Xeon W-2200 and 10th Gen X-Series CPUs Announced

解説:

第9世代Core iシリーズのF付モデルの価格が下げられます。

恐らく日本円で3,000-5,000円に相当する価格になると思います。

元記事にもありますが、「遅すぎる」と感じる方も多いと思います。

しかし、Pen4時代ならいざ知らず、Intel一強独裁時代が長く続きましたので、Intelでなければならない人というのは一定数存在し、それは当サイトでも定期的に取り上げているドイツの小売業者Mindfactoryの売上報告でも見て取ることが出来ます。

参考:AMD Ryzen 3000の売上が史上最高、Ryzen 7 3700XおよびRyzen 5 3600の売上がIntel CPUの販売総数の2倍に到達

AMDと比較した販売個数としては割合は20%程ですが、一年前のIntel製品の販売個数で比較するとそれほど減っていません。

これは「Intelでなければダメだ」という層が一定数存在することを意味しています。

また、依然として供給に不安があるとされており、値下げして無理に販売個数を上げてもまた製品がショートしてしまったら販売実績としてはそれほど変わらないのかもしれません。

 

XeonとCore-Xに関しては既に過去の記事でも触れたとおり、ほぼ半額になっています。

これは、ThreadripperのポテンシャルがIntelのワークステーション製品を大きく凌ぐため、陳腐化したからでしょう。

どちらかというと、こちらが私も含めた大多数の人が抱いているイメージに近いと思います。

 

IntelはAMDがOpteronを発売した時と違い、強力なブランドになりました。

AMDがどんなに優秀な製品を発売しても単発のブランド(Ryzen)ではその牙城を崩すのは難しいということです。

勝負はRyzenの次のアークテクチャーが優秀であるかどうかにかかっていると思います。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.