マザーボード関係

非公式AMD X570プラットフォームの詳細と図

投稿日:

AMDの次期X570チップセットの詳細がリークしたため、X570チップセットの最初の技術的詳細を垣間見ることができます。

リークされた図はマザーボード製造業者から来て、そして将来のX570マザーボード設計の可能性を示しています。

BIOSTAR、MSI、およびColorfulのマザーボードはすでに流出しています。

 

AMD X570「Valhalla」チップセット

コードネームが「Valhalla」のX570チップセットは、AM4プラットフォーム上で利用されるAMD初の自社製チップセット設計となり、AMDはチップセット製造用にASMediaを投入します。

ASMediaは、以前は300および400シリーズのマザーボードチップセットを開発していましたが、ASMediaまたはAMDがB550を設計するかどうかはまだわかりません。

X570は、コンシューマデスクトップコンピュータに主要な設計機能であるPCIe 4.0を導入します。

PCIe 4.0は、現在AMDのRadeon Instinct MI60などのデータセンターGPUで提供されており、まもなくPCIe 4.0対応のマザーボードとCPUもこれらに対応するようになる予定です。

 

AMDの次期EPYC CPU(コードネームRome)とRyzen CPU(コードネームMatisse)は、PCIe 4.0をサポートしてリリースされる予定です。

※ クリックで別Window・タブで拡大

リークされた図を見てみると、X570プラットフォームの設計に複数の機能が含まれていることが確認されています。

Matisse CPUは24 PCIe 4.0レーンを出力します。

16個のPCIe 4.0レーンはプライマリPCIe x 16スロット専用で、外部スイッチまたはリドライバを使用してPCIe 4.0 x 16またはx 8 / x 8に設定できます。

4レーンは32Gb / s M.2専用です。 CPUからの合計24の出口の最後の4レーンは、16GT /秒で動作するCPUとX570チップセット間のバスとして使用されます。

Matisse CPUは4つのUSB 3.1 Gen1ポートをサポートしています。

図によると、Realtek ALC1220およびNV6795 Super I / OコントローラはCPUに直接配線されています。

 

X570チップセットの仕様

X570チップセットはX370およびX470チップセットを改良し、16のダウンストリームPCIe 4.0レーンをもたらしました。

合計16レーンのうち2つはM.2スロット、3つのPCIe 4.0 x 1スロット、1つはASMedia ASM1143コントローラ、もう1つは802.11ax WLANアダプタ専用です。

残りのレーンはストレージとUSBに使用され、6個のSATA 6Gb / sドライブRAID、4個のUSB 3.0 / 3.1 Gen 1ポート、および4個のUSB 2.0 / 2.1ポートを提供します。

 

Ryzen 3000 'Matisse' - X470&B450 PCIe 4.0のサポート

Matisse CPUと組み合わせると、X470マザーボードはPCIe 4.0帯域幅で動作することができます。

GIGABYTEの最新のBIOSアップデートでは、PCIe 4.0用のBIOSオプションが追加されており、今後発表されるRyzen 3000 CPUで利用する必要があります。

ソース:wccftech - Unofficial AMD X570 Platform Details & Diagram Emerge

AMD Ryzen Logo

解説:

X570のダイアグラムが流出しました。

PCから伸びているPCI Expressレーンが4.0になりました。

ただし、帯域が倍になりますので、x8で3.0のx16と同じ帯域になります。

今後はAM4でSLiしても性能は比較的落ちなくなるといっても良いと思います。

ただし、現時点でPCI Express4.0に対応しているGPUはRadeon Instictだけだと思います。

コンシュマーレベルでPCI Express4.0に対応するのは次世代GPUからになるのではないかと思います。

M.2もPCI Express4.0に対応している製品がありませんので、どうなのかなと思います。

また、特筆すべき点として、X470まではチップセットからぶら下がっている分のPCI Expressは2.0だったのですが、これが4.0になります。

CPUから直で伸びている分は 拡張スロット用レーン16チップセットとのリンク4ストレージ用に4合計24です。

今回新たにチップセットから伸びている分として16レーンのPCI Express4.0が追加されました。

ただし、CPUとのリンクは相変わらずPCI Expressレーン四つ分しかありません

当サイトではPCI Express4.0を大きく取り上げていますが、拡張スロットの4.0化はカードの対応もありますので、現状あまり威力を発揮しないところだと思います。

X570の最大のメリットはチップセットからのPCI Expressレーンが4.0化されたことなのかなと思います。

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.