CPU情報 マザーボード関係

マニアは喜ぶ、AMDの新しいThreadripper sTRX4ソケットは長い間続く-「長期」の寿命を確認

投稿日:

AMDは11月25日に真新しいThreadripperプラットフォームを発売する予定で、それに伴い、コンシュマー向けマザーボードに最大64個のコアを導入できる新しい改良されたsTRX4ソケットが登場します。

これは、マニアのための素晴らしいニュースですが、幾人かのユーザーは、AMDは、ほぼすべての世代交代に新しいソケットを導入するインテルのような方法を取るのではないかと心配しています。

同社はRedditでsTRX4を「長期寿命に近い」とコミットしていることを確認したため、心配する必要はありません。

 

AMDのsTRX4ソケットはすぐには変更されません

プレス、イベント、公式ウェブサイトではなく、RedditでAMDが公式に何かを表明したのは初めてだと思います。

また、企業がコミュニティに参加する方法に数年でどの程度の違いが生じたかを示しています(AMDには公平であるとはいえ、同社は競合他社よりも早くコミュニティを受け入れてきました)。

情報の小さな欠片は、AMDによる公式発表投稿で削除されました。関連する抜粋は次のとおりです。

 

Socket sTRX4の紹介

第3世代AMD Ryzen Threadripperプロセッサーは、sTRX4と呼ばれる新しいソケットを使用します。

ピン数は4094の前世代のThreadripper製品と同じですが、今回はこれらのピンの電圧またはデータへのマッピングが異なります。

第3世代のThreadripperを古いマザーボードに取り付けたり、古いThreadripperを新しいsTRX4マザーボードに取り付けたりすることはできません。

これには2つの重要な理由があります。

第3世代AMD Ryzen Threadripperプロセッサーのパフォーマンスを最大限に高めたいと思っていましたが、sTRX4はまさにそれを可能にします。

第3世代のThreadripperには合計88のPCIe Gen 4レーンがあり、72の使用可能(CPU +マザーボード)があります。

合計の使用可能な帯域の総量を、CPU <->チップセットリンクをGen4 X4からGen4 X8-第二世代までのThreadripperに対して4倍の帯域幅-に増やしているためです。

チップセットとCPU間の余分なデータピンによりこれが可能になるため、フルパフォーマンスでより多くのI/Oをマザーボードから切り離すことができます。

また、ソケットの変更は、近い将来と長期の両方で、Threadripperプラットフォームの将来の開発とスケーラビリティのためにうまくセットアップされます。

--- Redditに関するAMDの公式投稿からの抜粋。

同社は、2つのソケット間での変更点(ピン数は同じであるが、電圧またはデータのパスが異なる)を詳述するだけでなく、短期および長期の両方でソケットのサポートにコミットしていることを再確認しています。

また、第3世代のThreadripperには、この新しいソケットによって有効になっている合計88のPCIe Gen 4レーン(72使用可能)があり、これにより古いIOよりも高いIOと将来の互換性が得られます。

AMDは常に、良いことをしてビジネスを行うという概念と、消費者の幸福が長く自社製品を使ってくれるというwin-win戦略を信じている会社です。

これは、会社としての成長にはっきりと現れているものです。

sTRX4ソケットの長期サポートが約束されているため、数年ごとに定期的にソケットを交換するIntelの愛好家のマザーボードとは対照的に、より多くの愛好家がこのソケットを搭載したマザーボードを喜んで購入します。

私たちはインテルとNVIDIAがAMDの新しい戦略と7nm製品に適切に対応するのを待っています。

どちらも戦略を途中でAMDに合わせて変更したわけではありません(IntelによるCascade Lake Xの価格引き下げを除く)。

2020年から動きが見られることを期待しており、技術戦争が熱くなり、2020年はPCパーツの平均コストが下がる熱狂的な年になると確かに言えます。

ソース:wccftech - Enthusiasts Rejoice, AMD’s New Threadripper sTRX4 Socket Is Here To Stay – ‘Long Term’ Longevity Confirmed

解説:

TR4から1世代で変わったしまったThreadripperのプラットフォームですがAMDが米国の掲示板Redittに投稿し、sTRX4は長期か、またはそれに近い寿命になると表明したという話です。

第三世代ThreadripperはCPUとチップセット間のリンクがGen4 X8(15.78GB/s双方向)となり第二世代のThreadripperのGen3 X4(3.938GB/s双方向)の4倍の帯域になりました。

全体がPCI Express Gen4化したことと合わせて、大幅にパワーアップされていますので、同じようなピン数でも同じソケットでは互換性を保つのに大幅なコスト上昇が必要だったためと説明されていますが、その代わり、sTRX4の寿命が長くなるということのようです。

DDR5やPCI Express5.0に対応できるのかどうかわかりませんが、少なくとも2世代程度の互換性はあるのではないかと思います。

今HEDTを買うならやはりThreadripper以外にはありえないと言ってもよいのではないかと思います。

 

 

-CPU情報, マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.