マザーボード関係

AMDのRyzen 3000 CPUを利用する際に既存のX470およびB450マザーボード用のギガバイトの最新BIOSがPCIe 4.0サポートを可能にする

投稿日:

AMD Ryzen Logo

AMDのボードパートナーは、第3世代Ryzenプロセッサ用の新世代のX570チップセット搭載AM4ボードを準備中ですが、今後のRyzenプロセッサと組み合わせると、既存のAM4ボード用の最新のBIOSがPCIe Gen 4.0のサポートを開始するようです。

 

AMD Ryzen 3000シリーズプロセッサとペアになると、PCIe 4.0サポートを開くためにAMD X470およびB450 BIOSアップデート

AMD X570プラットフォームは、最初の完全PCIe 4.0準拠メインストリームプラットフォームになります

しかし、X470やB450チップセットをベースにしたマザーボードなどの既存のAM4マザーボードも、新しいRyzen 3000シリーズプロセッサと組み合わせて最新のBIOSにアップデートすると、新しいPCIe規格をサポートすることができます。

数日前、GigabyteはX470とB450ボード用の新しいBIOSアップデートを正式に発表し、その直後に、Redditのユーザー(mVran経由)は、既存のX470マザーボードがBIOSメニューにPCIe Gen 4構成のオプションを表示するようになりました。

同様に、彼のTwitterフィードでベテランのリークしているMomomo_Usは、同じオプションがGigabyteのB450マザーボードで利用可能であると報告しました。

これは、多かれ少なかれPCIe 4.0サポートが既存のAM4ボードで利用できるようになることを確認するものですが、落とし穴があります。

現在のマザーボードではPCIe Gen 4.0がサポートされていますが、Zen 2コアアーキテクチャを採用したAMD Ryzen 3000シリーズプロセッサでのみ可能であり、それでも動作するため、最初のPCIe x16スロットのみがGen 4.0速度と互換性があります。 残りのスロットは、PCIe 3.0のみに準拠したPCH上でも機能しますが、単一のM.2ポートがPCIe 4の速度で動作することも期待できます。

それはほとんどボードごとに異なります。

 

このサポートはGigabyteマザーボードだけに限られるものではありませんが、AMDの次世代RyzenプロセッサをサポートするためにそれぞれのAM4 BIOSアップデートをすでに出荷しているため、主要マザーボードメーカーの既存のすべてのAM4マザーボードで利用できます。

そしてギガバイトのマザーボードについて言えば、X570 AORUS XtremeとX570 AORUS Masterを含むX570 AORUSラインナップの詳細はAndreas Schilling of Hardwareluxxによって明らかにされました。

  • X570 Aorus Xtreme 16フェーズデジタルVRM、パワーステージ付きトリプル超高速NVMe PCIe 4.0 / 3.0 x 4 M 2
  • X570 Aorus Master 14フェーズデジタルVRMとパワーステージトリプル超高速NVMe PCIe 4.0 / 3.0 x 4 M 2

どちらのマザーボードも、オーバークロック指向の電源設計と、アクティブなファン冷却に加えていくつかの真剣なフィンスタック冷却によって、非常に高速になると思われます。これは、すべてのX570マザーボードで実現されるものです。

※ fin stacked cooling=精細かつ自由度の高い形状が可能なことから、ヒートシンクの省スペース化やヒートパイプなどとの組み合わせに使用されるスタックドタイプのフィンを使った冷却

 

AMDの次世代X570チップセット - Ryzen 3000シリーズCPUの新しい家

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。

AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサファミリに新機能が追加されることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。

X570プラットフォームは、すべてPCIe Gen4ソリューションになるでしょう。

つまり、これはおそらく、新しいPCIe規格のサポートを搭載した最初のコンシューマープラットフォームになるでしょう。

 

ただし、AMD Ryzen 3000シリーズが前回と同じようにX570ボードとのみ互換性があるという意味ではありません。

新しいCPUはX470およびX370ボードとの下位互換性もあります。

以下は、第3世代AMD Ryzen CPUをサポートするための、既存のマザーボード用の各マザーボードメーカーのBIOSリリースへのリンクです。

参考記事:SocketAM4マザーボード Ryzen3000シリーズ対応BIOS一覧

彼らは確かに新しく発売されたX570ラインナップで利用可能になるのと同じ機能セットを表示しないでしょう

しかし、マザーボードを一からアップグレードする手間をかけずに、新しいCPUを取り付けてPCを使い続けたいユーザーのための、完全に安定した機能を備えています。

2019年5月27日に開始されるComputex 2019で続報を期待してください。

ソース:wccftech - Gigabyte’s Latest BIOS For Existing X470 and B450 Motherboards Enables PCIe 4.0 Support When Running AMD’s Ryzen 3000 CPUs

解説:

またしてもビッグニュース。

第三世代Ryzenで追加される機能のハイライトになると思われるPCI Express 4.0が現行のX470/B450でも使えるというニュースです。

ただし、すべてのマザーボードで使えるというわけではないようです。

とりあえず一部のGigabyte製マザーボードでは使用できるようです。

・一番上のPCI ExpressX16スロットのみがPCI Express 4.0に対応可能

・M.2スロットもPCI Express 4.0対応が期待できる

ということで、CPUから伸びているPCI Expressレーンが利用できるスロットがRyzen3000シリーズを使用することによってPCI Express 4.0化されるということのようです。

Gigabyte以外のマザーボードに関して言えば、メーカーやマザーボードによるとしか言いようがないようです。

現在のところ確認されているのはGigabyteのマザーボードのみということのようです。

私はこれは全く予想してませんでした。

PCI Express 4.0は3.0と比較すると転送速度が倍になりますので、旧モデルマザーでそのまま使えるとは思っていませんでした。

これでまた一つ第三世代Ryzenを買わない理由がなくなってしまいましたね(笑

詳細は今月末から開催されるComputex2019で明らかになると思いますので、楽しみに待っていてください。

 

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.