マザーボード関係

Gigabyteの第3世代AMD Ryzen Threadripper CPU向けのエンスー向けAORUS TRX40マザーボード(写真はアルミニウムフィンヒートシンクとアクティブ冷却)

投稿日:

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

画像出典:Vidaocardzc.om - GIGABYTE teases Threadripper TRX40 AORUS motherboard

 

AMDの第3世代Ryzen Threadripper CPU向けの最初のTR4 +ソケットマザーボードがリークし、モンスターになりました。

Videocardzによるリークで説明されたGigabyte AORUS TRX40マザーボードが明らかになり、詳細はあまり示していませんが、新しいTR4+ボードラインアップの設計スキームに関する情報はまだたくさんあります。

 

 

最大64コアのAMD Ryzen Threadripper 3000 CPUを搭載したGigabyte AORUS TRX40マザーボード-優れた冷却機能を備えたE-ATXデザイン

ソケットから始めて、Gigabyte AORUS TRX40マザーボードソケットは、X399マザーボードに搭載されている既存のTR4ソケットと非常によく似ています。

取り付けメカニズムでさえ、現在のTR4マザーボードに搭載されているメカニズムに似ています。

聞いたことは、新しいソケットではピンの構成が異なるため、TR4 +と呼ばれるということです。

ソケットが以前のgenThreadripper CPUをサポートしないことを示唆したレポートがありますが、それらは単なる噂であり、現在のところ何も設定されていません。

次に、8つのDDR4 DIMMスロットがあり、32 GBモジュールをサポートして合計256 GBまでの容量を実現できます。

I/Oスロットの近くの適切なアルミニウムスタックドフィンヒートシンクとマザーボードの右側のプラスチックカバー付きの通常のヒートシンクに加えて、VRMエリアの上部にある大きなヒートシンクアレイを見つけることができます。

VRMは、12フェーズ設計であることがかなり適切に見えますが、さらに多くの可能性があります。

右側のヒートシンクカバーには、ヒートパイプが通っています。

同じヒートパイプが4つのヒートシンクすべてを通り抜けて、アクティブな冷却を備えたメインのPCHヒートシンクになります。

マザーボードに新しいPCHが追加されました。これは、PCIe Gen 4.0サポート、より多くのレーン、および改善されたI / O機能を可能にするX399 PCHのアップグレードバージョンです。

このPCHは、X570チップセットと同様に、積極的な冷却が必要であり、このマザーボードで間違いなく見ることができます。

すべてのTR4 +マザーボードが、X570の兄弟と同様にアクティブ冷却を備えていることを期待してください。

拡張用に、4つのPCIe 4.0 x16スロットと、フルカバーヒートシンクを備えたトリプルM.2スロット(Gen 4.0)があります。 合計8個または10個のSATA 3ポートとUSB 3.1フロントパネルヘッダーを使用できます。

デバッグLEDがマザーボード上にあり、大規模なGigabyte RGB Fusion 2.0 LEDシステムが側面を横切って、PCHヒートシンク上で実行されているのを見ることができます。

マザーボードには、複数のAICカードを実行するときにジュースを拡張スロットに送り込むための追加の6ピンコネクタも付いています。

また、左側のDDR4スロットの下にある小さなヒートシンクの下に、Aquantia 10Gチップが隠れているようです。

これは間違いなく500ドル以上の価格に見られるハイエンドデザインの1つです。


AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU-価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、内部的に「キャッスルピーク」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率性の新たな透かしであることが証明されますが、新しいプラットフォーム機能は、改訂されたソケットと新しいチップセットを搭載すると噂されている新しいTR4 +マザーボードに導入されます。

現在、レポートでは、愛好家とワークステーションチップ用の2つのプラットフォーム、TRX40とWRX80があると述べています。

これらのプラットフォームの詳細を以下にリストします。

 

AMD TRX40 'Enthusiast' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

TRX4 HEDTプラットフォームは、クアッドチャネルメモリ、チャネルごとに2つのDIMM、チャネルごとに最大256 GBの容量のUDIMMメモリをサポートします。

これは、プラットフォームが最大1 TBのメモリをサポートすることを意味します。

SATAインターフェースで切り替え可能な16レーンの64 Gen 4 PCIeレーンもサポートされます。

TDPに関する情報もあるようです。ここでもセグメンテーションに気付くことができます。

グループ「A」シリーズのプロセッサ。280WTDP、60℃のTcase Max温度、および100℃のTctl Maxを備えたTRX40プラットフォーム用のHEDTラインナップです。

 

AMD WRX80 'Workstation' Ryzen Threadripper 3000プロセッサー

WRX80シリーズに来て、純粋なワークステーションのラインアップを見ています。

このプラットフォームを中心に構築されたプロセッサでさえ、EPDIC 7002バリアントと同様の仕様であり、UDIMM、RDIMM、LRDIMMフレーバーで8チャンネルDDR4-3200をサポートしています。

プラットフォームは、最大2 TBのメモリをサポートする1 DIMM /チャネルをサポートします。

TRX40シリーズのようなOCサポートはありませんが、SATAに32の切り替え可能なレーンを備えた96-128 Gen4 PCIeレーンを取得できます。

WRX80プラットフォーム用のワークステーションラインアップであるグループ「B」シリーズプロセッサも、280W TDPを備えていますが、Tcase Max温度が81C、Tctl Maxが100Cの異なる温度範囲を備えています。

 

AMD Ryzen Threadripper世代の比較:

ファミリー
ネーム
AMD 第一世代
Ryzen Threadripper
AMD 第二世代
Ryzen Threadripper
AMD 第三世代
Ryzen Threadripper
アーキ
テクチャー
Zen 1Zen+Zen 2
製造プロセス14nm12nm7nm
最大CPU
コア数
163264?
最大CPU
スレッド数
3264128?
PCIe
サポート
PCIe Gen 3.0PCIe Gen 3.0PCIe Gen 4.0
最大PCIe
レーン数
6464128?
最大 L2
キャッシュ
8 MB16 MB32 MB?
最大L3
キャッシュ
32 MB64 MB256 MB?
ソケットTR4TR4不明
チップセットX399X399TRX40, TRX80, WRX80
発売201720182019

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を維持することを考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加されたクロック速度でのみ良くなる、驚くべき量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。

CPUも大きなコアバンプを獲得しますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

これまでに確認したリーカーパフォーマンスベンチマークの一部では、32個コア製品が、パフォーマンスが平均35%の既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コアチップよりも最大70%高速化されました。

AMD CEOのDr.Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流れている噂はは非常に興味深いです。Threadripperを継続しないと言ったことはないと思います。

Suは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「あなたは[Threadripper]を今後も見ることになるでしょう。それは間違いありません

メインストリームの性能が上昇している場合、Threadripperはより上昇する必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PC Worldより

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、前世代のコアパリティを備えた新しいプロセッサーは、ほぼ同じ価格で、以前の価格から200ドルから300ドル削り取られていることがわかりました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品はまったく別の市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xの競合製品よりもはるかに安価でした。

Intelは、今後のCore-XシリーズはSkylake-Xに比べて1ドルあたり2倍のパフォーマンスを備えたはるかに優れた価値提案を提供すると述べていますが、実際のベンチマークとレビューはまだ確認できません。

ソース:wccftech - Gigabyte’s Ultra-Enthusiast AORUS TRX40 Motherboard For 3rd Gen AMD Ryzen Threadripper CPUs Pictured – Aluminum Fin Heatsinks & Active Cooling

 

解説:

新型Threadripper発売日に向けて徐々に秘密のヴェールが剥がされてきました。

今回は新型ソケットと搭載マザーボードの写真が確認されたという話です。

恐らくですが、今回リークしたTRX4+プラットフォームはメモリ4chということもあり、従来のSocketTR4とそう変わらないプラットフォームになるのではないかと思います。

48コア96スレッド、64コア128スレッド製品とそれ以下の製品で扱いが変わるのかどうかはわかりませんが、これらの上位製品はメモリ8chでないとその能力をフルに発揮するのは難しいのではないかと思います。

まあ、一般的な用途でこれらのCPUの能力をフルに使う機会があるかどうかは疑わしいですが(笑

64コア128スレッド環境などというものは第一世代EPYCの場合、2ソケマザーでマザーボードだけで10万円コース、CPUも高くて入手性が極めて悪いEPYCを個人輸入する必要があったかと思います。

Xeonはもともと高いですし。

その環境が全部込で(おそらく)50-70万円くらいで手に入れられるので、人によってはかなりお得と思っている人もいるのではないかと思います。

CPUは64コア128スレッドの最上位製品で多分32万円くらいだと私は思っていますので、それ前提の話です。

NVMe Gen4 SSDで4発RAIDを組んでも100万円はいかないのではないかと思います。

まあ、メモリは8GBで8chだと64GBなので普通の用途には十分すぎると思います。

今はメモリも安いですからね。

というわけで、普段ベントレーとか乗り回されている方、ネタとして一台いかがでしょうか?(笑

金を払った分だけ明確に庶民と差をつけることが出来ますよ(笑。

48コア96スレッドと64コア128スレッドは2990WXと同じようにおそらくベースクロックもブーストクロックも下がると思いますので、ゲーム用途としては向きません。

まあ、32コア64スレッドでもちょっと前のゲームを起動しようとするとコア/スレッドが多すぎてエラーを吐く可能性が高いですから、必要かどうかで言えば「不要」ということになります。

配信用としてもこれだけ金をかけるなら、SokcetAM4やLGA1151マシンを録画用とゲーム用、二台用意してゲーム機で配信するような環境にしたほうがおそらく快適です。

ゲーム用としてはまるっきりロマンです。

多分16コア32スレッドもあれば(現状では)おつりが来るでしょう。

これで一台組めば、まさに未来からやってきたPCということになろうかと思います。

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.