GPU情報 その他

Arc GPUとM1 Maxのビデオデコード性能を比較するテストでは、IntelがAppleより優れているが・・・?

投稿日:

Apple M1 Maxラップトップのリリース以来、NVIDIA、AMD、Intelと比較した性能数値は、この新しいチップが同社が主張するほど理想的でないことを示しています。

現在、TwitterユーザーのDavid Huang氏は、Apple M1 Max CPUのビデオコーデック性能をIntelのArc A380 GPUと比較し、Appleが競争を制し続けているわけではないことを明らかにしています。

Intel Arc GPU、ビデオデコーダーの性能テストでApple M1 Max SOCを凌駕

読者は、AppleがCPU性能で輝いていることに注目すべきである。

より高い品質を提供するが、それはわずかな差でしかない。しかし、グラフィックの性能では打撃を受ける。

例えば、NVIDIAの現世代RTX 3000シリーズは、Apple M1 Maxよりもレンダリングにかかる時間が3分の1近く短縮されます。

David Huang氏とユーザー@Adol_Christin氏とのTwitterスレッドのうち、重要な2つの部分は以下の通りです。

Twitterが提供した翻訳では、Intel Arc A380 GPUとApple M1 Max SOCの間のHuang氏のベンチマークによる性能テストの結果が示されています。

ビデオデコーディングユニットM1 Maxの性能はDG2(1299元)に劣るようですが...。極端な話(超高ビットレート)だとデコード性能は半分くらいしかなく、低ビットレートとの差も比較的小さい。

また、M1 MaxはDG2(Intel Arc A380)のようにメディアユニットを2つ搭載しているので、2つ以上の映像ストリームの並列デコードでフレーム数が2倍になり、動画の切り出しや再生に便利である。

HEVC 422/444やProResなど他のフォーマットは除外されます

アップルの優位性はまだある、一番大きいのは...M1 Pro/Maxを本当に売っていることだ

冗談はさておき、Intel DG2は、ドライバとISVの適応にまだ非常に大きな問題を抱えています。アップマスターの中には、DaVinciなどのソフトが動画を書き出すと、スプラッシュ画面まで出てくるなど、文句を言う人もいる。それに比べれば、Appleのソフトのサポートはずっといい。

また、Intelの再生性能は若干強いかもしれないが、まだ比較的限定的であり、AppleにとってのアドバンテージはAMD VCNほど大きくない。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Jellyfish 4K HVEC(30fps、400Mbps)とbilibili 4K HVEC HDR(120fps、14Mbps)のビデオストリームテストでは、Apple M1 Maxのビットレートは61で、Intel Arc A380 GPUビットレートは118に留まっています。

後者のビデオストリームでは、Intelの542ビットレートに対して、Appleは417ビットレートを提供しており、同様の見解が示されています。

しかし、Huang氏は、M1 Maxがより良いソフトウェアサポートを提供していると指摘している。

それでも、Appleはその環境の中で、Intel、AMD、NVIDIAはAppleの環境以外のいくつかの構成で使用されているという議論も成り立つだろう。

ソース:wccftech - Test Shows Arc GPU vs M1 Max Video Decoding Performance, Intel Superior To Apple

 

 

 

解説:

Intel ARC A380がApple M1 Maxよりビデオデコード性能が高いことを証明してしまう・・・が

残念ながら、現時点ではイマイチ安定性に欠けるようです。

こんな風に、特に出始めのモデルでは使えると書いてあっても「安定して」使えるとは限らないということが良くあります。

ドライバやそれをサポートするソフトウェアの安定性と言うのは地道な積み重ねですので、一朝一夕では先行する企業の製品と同等レベルにはなりません。

これが私が初心者は初物を避けた方が良いと考える理由です。

極論すれば、第一世代の製品と言うのはユーザーはβテスターですので、お金を出して製品の完成度を上げるのに協力することになります。

だからこそ、Alchemistは完全にIntelファン向け(もっと言えば信者向け)の製品であると以前から繰り返し言ってきました。

書いてあることが自分の考えるレベルで当たり前に実現してほしいと考えるなら、Geforceを選ぶのが無難だと思います。

ちょっと目新しいからとか、安いからという理由だけで第一世代の製品を購入すると後から後悔することになるかもしれません。

もちろん、全くARC Aシリーズがダメだとは言いません。

可能性が0だとも思いません。

しかし、書いてある通りの機能を期待する一般の方は第二世代以降の製品を世間の評判を見て、「良い」と評価された時に初めて実用に耐えうると考えてもらえれば間違いないと思います。

もちろんですが、総てを理解した上で、購入するのはありだと思います。

これらの不具合が発売までに全て潰されているのかどうかと言うのはよほど詳細なテストを繰り返さない限りは分からないでしょうから、やはりある程度評価が定まってから購入するのが無難だと思います。

 

 

 

 

-GPU情報, その他
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.