GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1650仕様リーク、896コア、4 GB GDDR5 VRAM - ASUS ROG STRIX GTX 1650 OCおよびその他のカスタムモデルリーク

投稿日:

NVIDIAの今後のGeForce GTX 1650グラフィックスカードのいくつかのカスタムモデルと一緒に最終的な仕様がリークしたようです。

このリークは、benchmark.plというサイトから来ています。彼らは、カードの1つではなく4つの異なるカスタムモデルを詳細な仕様とともにリストしています。

 

NVIDIA GeForce GTX 1650の仕様がリークするカスタムモデルが増えていることを確認 - 896コアおよび4 GBのVRAM

NVIDIA GeForce GTX 1650の仕様は以前に詳細に説明されていますが、これまで正確なコア数を知りませんでした。

ソースによると、NVIDIA GeForce GTX 1650はTU117として知られる新しいTuring GPU SKUを特徴とします。

これはGeForce 1660 TiとGeForce GTX 1660で得られたTU116 GPUの1つ下の階層になります。

GeForce GTX 1050 Tiより128コア多いコア。 このカードには56個のTMUと、おそらく32個のROPが搭載されています。

 

GTX 1650とGTX 1660のコアスペックの間には大きなギャップがあることを考えると、Tiモデルも後日発売される可能性があると確信しています。

残りのスペックでは、4 GBのGDDR 5 VRAMが128ビットバス上で8000 MHzの速度で実行され(8.0 Gbps有効)、これは合計帯域幅が128 GB /秒になります。

75WのTDPもあるため、ほとんどのカードに外部コネクタは必要ありませんが、より高速のクロックを使用したい製造元は、より高級なカスタムモデルの一部で6ピンコネクタを使用することを選択する場合があります。

NVIDIA GeForce 1600シリーズ予備仕様

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU107/117?
CUDAコア数192015361408896
Tensorコア数240無し無し無し
RT コア数30無し無し無し
Texture Units120968056
ROPs48484832
ベースクロック1365 MHz1500 MHz1530 MHz1395MHz?
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz1785 MHz1560 MHz?
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit128-bit
メモリ速度14 Gbps12 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2 cache3 MB1.5 MB1.5 MB?
TDP160 W120W120W75W
トランジスタ数108憶66憶66憶?
ダイサイズ445 mm²284m2284m2?
SLI不可不可不可不可

カスタムモデルについて言えば、我々はデュアルスロット設計であり、HDMI 2.0bとDisplayPort 1.4の出力を備えたASUS ROG STRIX GeForce GTX 1650 OCゲームカードを持っています。

カードはASUSからの二重翼翼ファンを特色にする二重スロット設計です。 このカードの最大ブースト周波数は1725 MHzで、起動に外部電源を必要としません。

 

次に、単一ファン、二重スロット設計と、また外部電源を必要としないだろうZOTAC GeForce GTX 1650 OCを知っています。

このカードはDVI-D、HDMI 2.0b、DisplayPort 1.4の出力を備えています。

ASUS ROG STRIXモデルと比較した場合、カードがわずかに低い1695 MHzのブーストクロックで動作することを除いて、仕様は同じです。

Gainward GeForce GTX 1650 Pegasus OCとPalit GeForce GTX 1650 StormXは先週リークし、再びその仕様を確認されました。

Palitモデルは1655 MHzのブーストクロックで動作し、Gainwardモデルは1725 MHzのブーストクロックで動作します。

これらのカードは前の噂が述べているように来週発売すると予想されているので今後数日中のもっと多くのニュースを楽しみにしてください。

ソース:NVIDIA GeForce GTX 1650 Specifications Leak Out, 896 Cores, 4 GB GDDR5 VRAM – ASUS ROG STRIX GTX 1650 OC and Other Custom Models Leak Out

解説:

発売を目前にして、Geforce GTX 1650のリークが盛んになってきました。

補助電源端子無しの75Wに加え、CUDAコア数も896で確定しました。

メモリのバス幅はGTX1050/Tiの112bitから128bitになり、GTX1060よりやや下の性能になると見られています。

GTX1650Tiがあるのかどうかは微妙なところですが、GTX1650自体が4GBのVRAMを持っているので、GTX1650Tiがあるとしたらクロックアップ版になるんですかね。

75Wの枠を守りつつ、順当にパワーアップしていますので、1080Pゲーミングで価格を最重視されている方というのは多いと思いますので、おそらくかなり売れるんじゃないかと思います。

これでTuringのラインナップは最下位モデルまで出たことになります。

あとは先日リークしたRTX2070TiやGTX1650Ti、GTX1680なるモデルも噂として挙がっています。

これらがいつ発売になるかはわかりませんが、Naviの動向に合わせて投入してくるつもりなのかもしれません。

ライバル社の新製品投入に合わせて新製品を投入するというのは割と効果があり、Pascal世代でいえばGTX1070TiはVega56/64の発売に合わせて投入され、それなりの効果を上げたといわれています。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.