GPU情報

NVIDIA GeForce GTX 1650ゲーミングベンチマークが、AMD Radeon RX 570よりも速いとリーク - 伝えられるところによれば4月22日に販売

更新日:

NVIDIAはまだTuring製品ラインナップを終えていないので、間もなくエントリーレベルのGeForce GTX 1650グラフィックカードを提供する予定です。

GeForce GTX 1650は、ゲーミングオーディエンスにとってスイートスポットであると考えられている200ドル以下の価格帯で、予算重視のPCゲーマーを対象としています。

 

NVIDIA GeForce GTX 1650ベンチマークが漏れる、Radeon RX 570より速い - 伝えられるところによれば4月22日に開始

以前の噂によると、NVIDIA GeForce GTX 1650シリーズはTuringベースのGeForceグラフィックスカードラインナップへの最後のエントリーになるでしょう。

Videocardz.comによると、GeForce GTX 1650カードにはTi版と非Ti版があるという。

最初に発売される予定のカードは、非Ti GeForce GTX 1650です。このカードは、4月22日に発売予定で、Tiの亜種が後に発売される予定です。

 

以前のリークでは、GeForce GTX 1650グラフィックスカードの仕様がどのようになるかについて少しヒントを得ました。

私達はグラフィックスカードが8 Gbps(2000 MHzの有効クロック速度)の速度で128ビット幅のバスインターフェース上で動作する4 GBのGDDR5 VRAMを特徴とすることを知っています。

これにより、GeForce GTX 1050シリーズグラフィックスカードの112 GB / sの帯域幅を大幅に上回る128 GB / sの帯域幅が得られます。

 

クロック速度に関しても、このカードは1395 MHzのベースと1560 MHzのブーストで動作すると伝えられています。

以前に、GeForce GTX 1650グラフィックスカードのベースクロックは1485MHzであると報告されました、しかしそれは非常によく工場でオーバークロックされた変種であるかもしれません。

このカードはTU117 GPUコアを搭載しているとも言われています。これは今まで見たことのないチップです。

 

NVIDIA GeForce 16シリーズ予想仕様:

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU-107/117?
CUDAコア数192015361408896-1024?
Tensorコア数240無し無し無し
RTコア数30無し無し無し
テクスチャユニット数1209680不明
ベースクロック1365 MHz1500 MHz1530 MHz1395MHz?
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz1785 MHz1560 MHz?
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit128-bit
メモリクロック14 Gbps12 Gbps8 Gbps8 Gbps
ROPs484848不明
L2キャッシュ3 MB1.5 MB1.5 MB不明
PCB NumberPG160PG161PG165不明
TDP160 W120W120W75W?
トランジスタ数10.8 billion6.6 billion6.6 billion不明
ダイサイズ445 mm²284m2284m2不明
SLI不可不可不可不可

 

パフォーマンス結果に関しては、カードはFinal Fantasy XVベンチマークデータベースにリストされ、高品質の1080p解像度でテストされました。

カードはRadeon RX 570の3728ポイントに対して合計3803ポイントを獲得しました。同様に、カードは3901ポイントを獲得したGTX 1060 3 GBに近かった。

現在価格を考慮して、Radeon RX 570 4 GBモデルは現在最低129.99ドルで入手可能です。

GeForce GTX 1650の価格は149米ドルに近いはずです。Tiの変種はやや高めですが、Radeon RX 580以上の性能を発揮します。

Tiの変種も非Tiの変種のGDDR5メモリよりもGDDR6メモリを使用することになっています。

カードがどのように機能するかを見るのは興味深いことです。

特に、これらが非常に効率的な設計の100W未満の部品の場合は特にそうです。

AIBパートナーはすでにGTX 1650のさまざまなカスタムモデルを準備しているので、それらが発売時に利用可能になることを期待しています。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GTX 1650 Gaming Benchmark Leaks Out, Faster Than The AMD Radeon RX 570 – Reportedly Launching on 22nd April

 

解説:

来月下旬に発売されるという噂のGTX1650の具体的な性能がリークしました。

Geforceにかなり有利なFF15ベンチなので、その点は差し引いて考える必要がありますが、GTX1060 3GBのやや下でRadeon RX570の上とありますので、GTX1060 3GB>GTX1650>RX570くらいのイメージでしょう。

価格は約23,840円程度、現在、RX570が12,000円くらいで売っていますので、価格を重視する人はRX570の方がコスパが良いということになりますね。

Geforce中位・下位勢はGDDR6採用のGTX1660Ti以上のモデルとGDDR5採用のGTX1660、GTX1650以下のモデルで明確な性能差が存在すると考えてよいでしょう。

GTX1660Ti=GTX1070

10-20%の性能差の壁

GTX1660>GTX1060>GTX1650で、それぞれ10%以下の性能差になっていると言ってもよいのではないかと思います。

数が出るこのクラスは本当にギリギリまで性能を詰めてきているという感じです。

OCなどのモデルによってはヘタをすると逆転現象が起きてもなんらおかしくないです。

RX580とGTX1650Tiが同じくらいの性能という話ですので、それを考えると先日発売されたGTX1660は本当に微妙な性能ということになります。

「じゃあいっそのことGTX1650でいいじゃん」ってことになりますね。

このクラスはどうあがいても4Kは無理なので、FulHDで使うことを考えるとやはり圧倒的にGTX1650の方が使い勝手が良いです。

それでもGTX1660Tiなら設定を下げれば4Kで使えないこともない性能ですので救いはありますが、GTX1660だと微妙です。

GTX1660に関しては性能を見た瞬間に「あまり得じゃないな」と思いましたが、予想通りです。

FullHDと4Kの液晶パネルはテレビ需要があったので量産効果が働いて安くなったのですが、WQHDの液晶パネルは特にそういったこともなく、テレビ放送で4Kが始まると4Kのパネルが安くなってしまい、あまり4Kのモニターと価格が変わらなくなってしまいました。

WQHDがPC向けとしては最もサイズと解像度のバランスが取れているといわれているのにあまり製品の種類が多くなく割高なのはそうした事情があります。

このようにWQHDがあまり普及していないこともあって、この価格帯にはあっても使いようが無いという性能の真空地帯が存在しています。

自作経験が少ない方はそれがあまり理解できないと思いますが、これは覚えておいた方がよいでしょう。

それを考えるとGTX1660は本当に微妙です。

補助電源端子が付くかつかないかわかりませんので何とも言えませんが、GTX1650に補助電源端子が要らないということになるとGTX1660は本当に要らない子になってしまいますね。(笑

無理してでもGTX1660Tiを買うか、いっそ割り切ってGTX1650にするかどちらかの方がよいでしょう。

問題はVRですが、Turingは性能の傾向として同クラスのPascalよりも極端にVRに強いので、おそらくこの性能だとGTX1650はVRも行けるのではないかと思います。

何度も言いますが、現在最安のRX570はコスト的にありだと思います。

ベンチもGeforceに極端に有利なFF15ベンチでこれですので、ソフトによっては並ぶか逆転する可能性もあります。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.