各パーツについて CPU

intel 推奨CPU

更新日:

過去の記事でもお伝えした通り、この記事を書いている現在intelのCPUは世界的な品不足になっており、そこに転売屋が便乗して買占め、価格のつり上げが続いている。

新しく発売された第9世代のCore iシリーズCPUは下位モデルのみが出回っており、上位モデルは発売予定日を過ぎても発売されないという異常事態が続いている。

この品薄状態は2019年まで半年から1年は続くと言われており、全体的に品薄の状態はしばらく続くものと思われる。

当サイトのジャンルがゲーミング用途なので、基本的にintel CPUを中心に解説しているが、転売屋による買い占めやintel CPUの値上がりが続いて元値の2-3倍まで及ぶようならば、そこまでの価値があるかと言ったら私は無いと思う。

Core i9-9900Kなどは元の値段は488-499ドルだが、既にアメリカでも999ドルなど倍以上の価格で売られており、これではいくら何でもあまりに高すぎる。

PCの新調を諦めるかAMDを視野に入れるかどちらかを覚悟しておこう。

今のところは当サイトにおける対策は特に取らないが、情勢がこれ以上悪化するようならばAMDでの推奨もあると思う。

なお、各CPUの性能差やスペックに関しては下記のページで説明してあるので参考にしてほしい。

参考:CPUの仕様 / CPUの性能

※ 品薄状態はかなり改善されてきました。

 

第9世代Core i5/7/9シリーズ

第9世代のCore i5/7/9シリーズは一部が2018年10月20日に発表されたが、Core i5-9600Kのみが先行して発売され、Core i7-9700KとCore i9-9900Kは発表後1週間以上たっても発売されないという異常事態が続いていた。

しかし、GPU無しの末尾にFが付く廉価版モデルが発売されたこともあり、品薄状態は徐々に改善されつつあるようだ。

予断を許さない状況ではあるが、この状態が改善されつつあるのは喜ばしいことだろう。

今のところ日本で出回っている末尾K無しの65W版はCore i5-9400F(GPU無し)だけであり、今までレギュラーモデルとして出ていた通常版がいつ出るかは依然として不明だ。

 

Core i9-9900K

コア数/スレッド数=8コア16スレッド

動作クロック:ベース/ターボ=3.6/5.0GHz

TDP=95W

スマートキャッシュ=16MB

 

 

Core i7-9700K

コア数/スレッド数=8コア8スレッド

動作クロック:ベース/ターボ=3.6/4.9GHz

TDP=95W

スマートキャッシュ=12MB

 

Core i7-9700KF

コア数/スレッド数=8コア8スレッド

動作クロック:ベース/ターボ=3.6/4.9GHz

TDP=95W

スマートキャッシュ=12MB

※ GPU無し

Corei7-9700KのGPU無し版だが、わずかに価格が安いだけなのであえて選択する意味は薄い。

 

 

Core i5-9600K

コア数/スレッド数=6コア6スレッド

動作クロック:ベース/ターボ=3.7/4.6GHz

TDP=95W

スマートキャッシュ=9MB

 

K付きモデルにはCPUクーラーが付属していませんので、以下のCPUクーラーを推奨いたします。

 

グリス

 

Core i5-9400F

ようやく発売されたTDP65Wの通常モデル。

CPUクーラー付きですが、末尾Fがついている製品はGPU無しですので注意してください。

 

 

 

 

-各パーツについて, CPU

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.