GPU情報

Nvidiaが新しいエントリーレベルGPUでメモリ容量を削減 - 削減されたRTX 3050のメモリは6GBで、2年前の8GBから減少したが、より安価になった

投稿日:

私たちは、Asus、MSI、Gigabyte、Palitのモデルを目撃した。

Nvidiaは、最新のエントリーレベルGPUであるGeForce RTX 3050 6GBを静かに発表した(h/t TechPowerUp)。

この規格外のリリース(デスクトップ向けのRTX 4050はまだ待ち望まれている)は、VRAM割り当てを減らし、より狭いメモリバスを提供することで、オリジナルのRTX 3050 8GBを機能不全に陥れている。

さらに、新しいRTX 3050 6GBモデルは、NvidiaのGA107という小型GPUをベースにしており、オリジナルの8GBモデルよりもCUDAの数が少ない。

しかし、これらの削減から2つのプラスが生まれました:安い希望小売価格と大幅に低いTBPです。

さらに議論を進める前に、2つのデスクトップGeForce RTX 3050グラフィックスカードを、表を使ってできるだけわかりやすく比較してみよう。

以下は、小売店で入手可能になり始めた新しいRTX 3050 6GBと、ほぼちょうど2年前にレビューしたモデルの主なスペックを並べて比較したものだ。

NvidiaGeForce
RTX 3050 6GB
GeForce
RTX 3050 8GB*
発売時期2024/22022/2
シリコンGA107
2,048 cores
GA106
2,560 cores
ブーストクロック1,470 MHz1,777 MHz
メモリ仕様6GB/14 Gbps
GDDR6
8GB/14 Gbps
GDDR6
メモリ帯域幅168 GB/s
(96-bit bus)
224 GB/s
(128-bit bus)
TBP70W130W
価格$179?About $240

*GeForce RTX 3050 8GBのOEMモデルも、より小型のGA107をベースにリリースされたが、スペックはオリジナルのGA106モデルにはるかに近い。

全体像を見ると、この新しいデスクトップ用グラフィックカードは、2年前に発売されたGeForce RTX 3050 8GBから大幅に削減されているようだ。

私たちは、この6GBカードが代わりにRTX 3040 6GBと名付けられるべきかどうか疑問に思う。

メモリ容量、帯域幅、GPUコア、GPUクロック速度など、性能に影響するスペックが大幅に削減されているため、明らかに異なる性格を持つことが予想される。具体的にどのような違いがあるのかは、これらの新モデルを入手し、詳細な検査と広範な実地テストを行った際に明らかになるだろう。

欠点に加えて、新しいGeForce RTX 3050 6GBモデルにはいくつかの長所もある。

Nvidiaの製品計画にとっておそらく最も重要なのは、この新モデルが、今日Amazonで我々が見つけたGeForce RTX 3050 8GBモデルよりも約60ドル安くなるはずだということだ。

より低いクロックと削減されたメモリ・サブシステムを備えた効率的なGA107は、これらの新しいRTX 3050 6GBカードが75W以下で仕様どおりに動作することを意味し、予備の電源コネクタがないシステムでも使用できることを意味する。

TPUは、小売業者によって販売されている新しいRTX 3050 6GBモデルについては言及していないが、Nvidiaのパートナーモデルをオンラインで追跡することは難しくない。

オーストリアのe-TecはMSIのGeForce Ventus 2X 6G OCモデルを販売しており、台湾のShopeeはAsus Dual GeForce RTX 3050 V2 OC 6GBモデルのリストを持っており、MindfactoryはMSI GeForce RTX 3050 LP 6G OC(ロープロファイル)を持っている、

MSI GeForce RTX 3050 Ventus 2X 6G OC、Palit GeForce RTX 3050 KalmX 6GB(パッシブ、以前発見された)、Palit GeForce RTX 3050 StormX 6GBがリストされている。

低TBPのおかげで、このGPUのロープロファイル、ファンレス、その他のコンパクトなモデルが登場するはずだ。

Twitter / XのHarukaze5719によって、もう1つ興味深いことが発見された:RTX 3050 6GBの中国でのリストで、外部電源コネクタが存在しないむき出しのPCBが示されている(上に埋め込まれた画像を参照)。

それでも、RTX 3050 6GBについて本当に知っておく必要があるのは、性能がかなり低い可能性が高いということだ。

2019年にRTX 2060が十分なメモリを搭載していないと揶揄されたことを覚えているだろうか。

あれから5年経った今、RTX 3050 6GBは同じ量のメモリを搭載しているが、96ビットインターフェースのおかげで帯域幅は半分になっており、さらにコア数も少なく、全体的に性能が低下している。

ちなみにRTX 3050 8GBは、GPUベンチマークの階層を見ればわかるように、すでに2060より全体的に遅かったので、これはさらに悪くなるだろう。

もしまだ3050 6GBも悪くないと思っているならば、RTX 2060を探すことをお勧めする。

ソース:Tom's Hardware - Nvidia slashes memory capacity with new entry-level GPU — cut-down RTX 3050 has 6GB of memory, down from 8GB two years ago, but cheaper

 

 

 

解説:

RTX3050 6GBの情報

ついに発表されたようですね。

RTX3050 6GBに関してはかなり批判的な論調が大きいですが、わたくしはこの製品は特に悪くないと思います。

エントリー製品は重要ですから、入門用のGPUとして価格も大いに期待できますし、nVIDIAの最低価格の新品としては十分期待できるものでしょう。

しかし、RTX3050 6GBという実力以上の評価を期待される名前のため、批判を浴びていますね。

RTX3040かRTX3030くらいがちょうどよい型番だったのではないでしょうか。

元のRTX3050 8GBとはあまりに仕様に違いがありすぎて同じ型番を与えるのは詐欺的な感じすらします。

この点さえなければ割高に売られているGeforceの入門機としては申し分ないと思います。

残念ながら、元記事では2世代前のRTX2060を持ち出して、「RTX2060の中古を求めたほうがナンボかマシ」と結論づけています。

気持ちはわからないではないですが、今の絶好調のnVIDIAに価格に釣り合った仕様を要求するのは難しいのではないでしょうか。

ローカルPCで生成AIを使っている人たちには実質nVIDIA製のGPUしか選択肢はなく、どんなに高くても買うしかないのが現実です。

当サイトでもROCmのスクリプトを配布していますが、AI/ML入門機としてRadeonを勧めるのはかなりのハードモードでしょう。

そういう人がいたら「悪意あるな」と感じてしまうのが現実です。

nVIDIAは何とかして自社製品を実力以上に見せたいようですが、性能に釣り合ったネーミングにしないと信用を失いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2024/02/27 07:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.