GPU情報

NvidiaのRTX 4090Dは、米国輸出規制を遵守するためにGPUの変種を使用し、新しいAD102-250ダイを使用するとリーカーは述べている。

投稿日:

コア数を減らしてクロックを下げる?

昨日お伝えしたように、NvidiaはGeForce RTX 4090製品のバージョン(おそらくGeForce RTX 4090Dと呼ばれる)を製造していると報じられている。

このバージョンは、人工知能に使用される可能性のあるハードウェアに関する最新の米国輸出規則に準拠する。

今日、有名なハードウェアリーカーである@Zed_Wang氏は、このグラフィックスカードがAD102-250グラフィックスプロセッサをベースにしたものであることを明らかにした。

これはリーク情報であるため、このニュースは割り引いて考えてほしい。

GeForce RTX 4090Dは、中国に限定されなければ、理論的にはベストグラフィックスカードのリストに入る可能性がある。

スペックは不明だが、GeForce RTX 4080を上回るだろうが、RTX 4090レベルのパフォーマンスには達しないだろうと推測できる。

RTX 4090はAD102-300/AD102-301 GPUを搭載している。

RTX 4090Dは、大幅に削減されたAD102-250プロセッサーをベースにするようだ。

現時点では、GeForce RTX 4090DがGeForce RTX 4080 TiまたはGeForce RTX 4080 Superの可能性のある製品に対してどのように積み重なるかを言うのは難しいが、GPUベンチマークのヒエラルキーの上位に位置する可能性が高い。

また、4080リフレッシュよりもかなり高価になる可能性が高い。

Nvidiaは、GeForce RTX 4090のAIポテンシャルを下げ、TPPスコアを5,286点から4,800点以下に下げるためには、GeForce RTX 4090のFP8とFP16の性能を少なくとも10%下げる必要がある。

Nvidiaは、TensorコアのFP8とFP16の処理だけを削減することはできない。

Tensorコアの数は、SM(Streaming Multiprocessors)の数に関連しているからだ。

Nvidiaが米国の輸出規則に準拠するためにAD102-250を具体的にどのように構成するかは現在のところ不明だが、複数の可能性が考えられる。

一方では、同社はGeForce RTX 4090DのSM、CUDAコア、Tensorコアの数を減らす可能性があり、これは製品の歩留まりを高め、コストを削減する。

しかし、アクティブ・ユニットの数を減らしたGPUは優れたオーバークロック能力を持つ傾向があるため、「失われた」AI性能はその方法で「回復」させることができる。

Nvidiaは、CUDAコア数を大幅に削減し、工場でオーバークロックされたGeForce RTX 4080 Super/RTX 4080 Tiがこれらの部品と重なるリスクを冒すか、CUDAコア数を適度に削減し、激しいオーバークロックを禁止するかのどちらかをしなければならないだろう。

正確な仕様のほかに、RTX 4090Dがいつ登場するかも正確には分かっていない。もちろん早ければ早いほど良いが、同社は米国政府に安全策を講じるため、出荷前にすべてをテストしなければならないだろう。

Nvidiaは、おそらく2月10日の旧正月よりもかなり前に新しいデバイスをリリースすると思われる。

ソース:Tom's Hardware - Leaker says Nvidia's RTX 4090D to use hamstrung GPU variant to comply with US export regulations, new AD102-250 die

 

 

 

 

解説:

RTX4090D続報

RTX4090DはAD102-250ダイを搭載するようです。

昨日の記事でもお伝えした通り、RTX4090は16,384CUDAですが、RTX4090 Dは12,800CUDA程度を搭載すると見られています。

ダイのカットダウンの他、ダウンクロックされ米国の規制内に収めるつもりのようです。

クロックに関してはOC出来る可能性があるようですが、私はBIOSで上限は設定されていると思います。

中国では規制を突破するカスタムBIOSが出る可能性はあると思いますが、オフィシャルでは規制を突破するようなOCは出来ないのではないかと思います。

中国でも発売時期は不明ですが、元記事中ではある程度時間がかかるとされています。

しかし、2月10日以前に発売されるだろうとしています。

現在RTX4090の規制を受けてRX7900XTX/XTの売れ行きが好調のようですが、短い栄光なのかなと思いました。

別の記事ではRTX4090Dが発売されても売り上げは奮わないのではないかと指摘されていましたが、私はそれなりに売れると持っているのですが、同なのでしょう。

これで世界各国からゲーム用のRTX4090はかき集めてくるのを辞めてくれればよいなと思います。

実際、RTX4090をAIデータセンター向けに改造した現物は限れらたサーバーのスペースに多くのGPUを搭載できるように冷却システムをかなり小ぶりにされており、素の状態のRTX4090の性能が十分に発揮できているとは思えませんので、カットダウンされたRTX4090Dでもあまり変わらないのではないかなと思います。

一般売りされているRTX4090をかき集めてデータセンター用として大量に調達していくのは止めてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,780 (2024/02/27 07:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.