GPU情報 その他

AMDのGPU IPが盗まれ、RDNA 2 Navi 21、RDNA 1 Navi 10およびXbox Series Xの「Adren」GPUが含まれています–ハッカーはソースコードを無料で誰にでも漏らすと脅迫しています

投稿日:

AMDは昨日、ハッカーによってGithubで盗まれて投稿されたGPU IPの大量の盗難を報告し、TorrentFreak&4Chanを含む他のサイトにも投稿されました。

Palesaの名前で通っているハッカー(本名であるかどうかは不明)はTorrentFreakに、ソースコードには、Navi 21、10、Adren(Xbox Series X)などのAMDの現在および次世代のGPUに関する情報が含まれているため、情報は少なくとも1億ドルの価値があると報告しました。

AMDは、RDNA 2 Navi 21、RDNA 1 Navi 10、Adren Xbox Series X SOCなど、現在および次世代のGPU IPが盗まれたと報告しています

情報はまだ投稿されていませんが、RDNA 1ベースのNavi 10 GPUなどの最新世代のGPUだけでなく、その次世代GPU、RDNA 2ベースのNavi 21、MicrosoftのXboxシリーズX用のAdren SOCなどの情報も含まれているため、AMDにとってソースコードは非常に重要です。

この(守秘義務)違反は、AMDのGPU製品の競争力に悪影響を与えるだけでなく、今後数百万台以上のデバイスに搭載される製品のセキュリティ面にも悪影響を及ぼします。

 

AMDでは、データセキュリティと当社の知的財産の保護が優先事項です。
2019年12月に、現在および将来のグラフィックス製品のサブセットに関連するテストファイルを持っていると主張した人から連絡がありました。その一部は最近オンラインで投稿されましたが、その後削除されました。

加害者が公開されていない追加のファイルを持っていることは承知していますが、盗まれたグラフィックスIPは、当社のグラフィックス製品の競争力やセキュリティの核心ではないと考えています。
私たちは、加害者が他のAMD IPを所有していることを認識していません。

現在行われている犯罪捜査の一環として、法執行当局やその他の専門家と緊密に連携しています。 -AMD

ハッカーは、最初の投稿が削除された後、Githubに2番目の更新を投稿しました。

情報が完全に保護されていないサーバーから取得されたため、彼女が予期せぬ成果と呼んでいるもの。

TorrentFreakは、ハッカーが最初に彼らに連絡したと報告しました

そしてその情報は少なくとも1億ドルの価値があると報告しました、

しかし、最新の情報では、ハッカーは1億ドルを要求していないことを報告しており、AMDがハッカーにお金を払って情報を取り戻したいと思っていれば。メールで連絡することになるでしょう。

「購入者がいない場合、すべてを漏らすだけです」とリーカーは結論付け、ファイルは特定の個人にのみ渡されるパスワードで保護されると付け加えました。

しかし、購入者が誰もいないか、AMDが時間内にハッカー連絡しない場合、ハッカーは情報が無料ですべての人に漏洩すると述べた。

以前、ハッカーは、ファイルはパスワードを使用して保護され、購入者だけが閲覧できるように渡されると述べていましたが、今回は、誰もが情報を入手できると述べています。

「購入者は自由にファイル名をクエリし、ファイルのコピーを送り返し、認証し、ファイルのスナップショットを作成します^^

100百万ドルも要求しません。 AMDまたはお金で解決したい場合は、連絡先:palesaferns@protonmail.com

誰も購入しない場合、誰でも無料で入手できるようにします」-Github経由

漏洩者は、コードの証明をいくつかのファイルに再度投稿しました。

AMDがDCMAリクエストを提出したため、情報が最初に共有された元のGithubリポジトリはオープンソースサイトによって削除されました。

この情報はハッカーによって2019年11月に発見されたとも報告されており、これらがAMDのサーバーからハッキングおよびマイニングされた唯一の3つのGPUソースコードではない可能性があります。

2019年11月、ハッキングされたコンピューターでAMD Navi GPUハードウェアソースコードを見つけました」

「ユーザーはコードの漏洩に対して効果的な措置を講じていませんでした。」 -トレントフリーク

AMDにとってGPU IPが盗まれただけでなく、そのようなことが簡単に起きたこともあり、これは間違いなく悪いニュースです。

この情報は、現在および次世代のGPUを競争力とセキュリティの観点からリスクにさらすことになり、全体の状況から何がもたらされるのかは不明です。

ソース:wccftech - AMD’s GPU IP Stolen, Includes RDNA 2 Navi 21, RDNA 1 Navi 10 & Xbox Series X ‘Adren’ GPU – Hacker Threatens To Leak Out Source Code To Everyone For Free

 

解説:

IPコア(あいぴーコア、英: intellectual property core)とは、LSIを構成するための部分的な回路情報で、特に機能単位でまとめられているものを指す。単にIPと呼ぶ場合もある。

ASIC開発やプログラマブルロジックデバイスを用いた開発の際に利用する。

Wikiより

AMDの脇の甘さが露呈

AMDが長年ナンバー2に甘んじている理由として脇の甘さがあげられると思いますが、またしてもその脇の甘さが露呈しました。

なんと、RDNA1とRDNA2のIP情報がハッカーによって盗まれ、脅迫されているとのこと。

ハッカーは100万ドルを要求し、支払われなかった場合、圧縮ファイルにかけられたパスワードを誰でも見られるように公開するといっているそうです。

IPとは回路情報のことで、半導体メーカーにとっては生命線となる情報になります。

ゲームメーカーでいえば、ゲームのソースコードのようなものです。

Xbox Series XにのGPUの情報も含まれており、これが公開されれば重大な守秘義務違反となるでしょう。

この情報が公開されることによってどのような影響が起きるか、予測不能と元記事は説明しています。

 

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.