CPU情報

最大96個のZen4コアを搭載したAMD Ryzen Threadripper PRO 7000 "Storm Peak "が10月19日に発売へ

投稿日:

AMD Threadripper 7000、5000シリーズから1年半後に発売へ

Wccftechによると、AMDは新Threadripperシリーズの発売日を決定した。

以前リークされたマーケティング資料によると、AMDは今秋に次世代Threadripperシリーズを発表する予定だという。

結局のところ、正式な発売日は10月19日に予定されており、それほど長く待つ必要はないだろう。

この情報は、様々なボード・パートナーとの緊密な関係から発売日の予測に優れた実績を持つWccftechからのものだ。

TRX50チップセットを利用したOEMおよびDIYマザーボード設計に基づくさまざまなシステムを提供するOEMおよびSI(システム・インテグレーター)をターゲットとする予定です。

このチップセットは、ThreadripperのベースとなっているEPYC 9004「Genoa」シリーズに由来するものと予想される。

このチップセットは、最大96個のZen4コア、最大128本のPCIe Gen5レーン、DDR5互換性をサポートします。

リークされたスライドによると、AMDは次期シリーズが20%の性能向上を実現し、実際に96コアを搭載すると主張している。

リーク情報ではすでに96コアのThreadripper 7995WXが紹介されているため、これはまったく驚くべきことではない。

このリリースは、ハイエンド・デスクトップ(HEDT)市場において過去最高のコア数を特徴とするだけでなく、クロック速度5.1GHzという最速のThreadripper CPUを誇ることが期待されている。

これを実現するため、AMDは新しいStorm PeakプラットフォームでTDPを280W(Zen3)から350Wに引き上げる必要があった。

DIY市場への投入はやや限定的なものになると予想されるが、AMDはゲーム・コミュニティよりもハイエンド・ワークステーションに主眼を置いていることを明らかにしている。

ゲーマー向けには、AMDはRaphaelシリーズを提供しており、Ryzen 9 7950X3DとRyzen 7 7800X3Dが最も高性能なゲーミングCPUとしてリードしている。

Threadripper 7000の発売により、AMDはコンシューマー向け、HEDT向け、データセンター向けの製品ライン全体でDDR5とPCIe Gen5標準を採用し、ポートフォリオを合理化することになる。

噂のAMD Ryzen Threadripperシリーズ

コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ターボ
クロック
TDP希望小売価格
AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 “Storm Peak” Zen4 [128 PCIe 5.0 Lanes, 8x DDR5 Memory]
TR PRO
7995WX
 96C/192T不明 5.1 GHz 350W不明
TR PRO
7985WX
 64C/128T不明不明 350W不明
TR PRO
7975WX
 32C/64T 4.0 GHz不明 350W不明
TR PRO
7955WX
 16C/32T 4.5 GHz 5.1 GHz 350W不明
TR PRO
7945WX
 12C/24T不明不明 350W不明
AMD Ryzen Threadripper PRO 5000 “Chagall” Zen3 [128 PCIe 4.0 Lanes, 8x DDR4 Memory]
TR PRO
5995WX
 64C/128T 2.7 GHz 4.5 GHz 280W $6,499
TR PRO
5975WX
 32C/64T 3.6 GHz 4.5 GHz 280W $3,299
TR PRO
5965WX
 24C/48T 3.8 GHz 4.5 GHz 280W $2,399
TR PRO
5955WX
 16C/32T 4.0 GHz 4.5 GHz 280WOEM
TR PRO
5945WX
 12C/24T 4.1 GHz 4.5 GHz 280WOEM

ソース:Videocardz.com - AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 “Storm Peak” with up to 96 Zen4 cores to launch on October 19

 

 

 

解説:

Threadripper7000シリーズが10/19に発売予定

ついにZen4ベースのThreadripper7000シリーズの発売予定日が出ました。

1世代前のモデルThreadripper5000シリーズはコロナ下のロックダウンや半導体不足の影響で自作のリテール版が出ませんでしたが、今世代のThreadripperは発売されるようですね。

ただ、話題に上っているPRO版の価格は非常に高価な印象があります。

Threadripper7000シリーズはフラッグシップが96コア192スレッドに強化されます。

Threadripper3000シリーズから始まった最高64コア128スレッドの壁を破り、久しぶりにコア数とスレッド数が更新されます。

円安の影響もあって、とても一般人には手が届かない価格になると思われます。

恐らく、正式に販売されるとしたら、国内価格は100万円以上、120万円前後になるのではないかと思います。

それでもフラッグシップがあることによるイメージと言うのは変わるところがあると思いますので、発売する意義はあると思います。

演算性能は要らないけど、Threadripperの持つI/O性能は欲しいという方向けには12C/24Tの7945WXや16C32Tの16C32Tも7955WXもラインナップされているのはうれしいところです。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥16,900 (2023/12/11 15:45:31時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥11,980 (2023/12/11 15:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.