CPU情報

AMD Ryzen 7 4700Gの「Renoirデスクトップ」プロセッサとDDR4-5600 RAMの組み合わせのCPU-Z SS

投稿日:

CPU-Zのスクリーンショットが好きだと聞いています。

私たちの友人の何人かは、AMDの次期Renoirデスクトッププロセッサ、すなわちAMD Ryzen 7 4700Gのプレビューを共有してくれました。

これは現在、非常に高速な「DDR4-5600」メモリを搭載してテストされている。

これはAMD B550が5600MHzまでのメモリをサポートしていることを確認したものです。

AMD Ryzen 7 4700G「Renoir」CPU-ZをB550マザーボードに搭載

まずは刺激的な奴から行きましょう。

最初にAIDA64ベンチマークを起動し、DDR4-5600 MHzのメモリを搭載したRenoirのプラットフォームは、メモリからの読み書きで72GB/秒という大規模なスコアを出し、レイテンシはわずか72ミリ秒でした。

L1とL2キャッシュはそれぞれ2.2GB/sと1.1GB/s、レイテンシは0.9と2.7msです。APUは4.4 GHzのクロック速度にまで高めることができ、これはすべてのことを考慮するとかなりまともです。

次は、CPU-Zの生の姿を撮影してみました。

APUは7nmプロセスで構築されており、ベースクロックは3.0GHzであることがわかります。

Vegaグラフィックスを搭載し、1331ピンのAM4ソケットを利用しています。

この特定の製品は第一段階であり、初期のリビジョンです。

AMDのRyzenプロセッサは、常にRAMの速度に大きく影響されているので、B550プラットフォームは、IMCを5600 MHzまでオーバークロックすることができるようになることは素晴らしいことです(これは、常識はずれなクロックです)、あなたはほぼ確実に夏にシステムをオーバーヒートしないようにするために、RAMモジュールに性能の良い冷却システム(または少なくともケース内のアクティブなエアフロー)が必要になります。

独占情報はここまでです。

要約:AMD Ryzen 7 4700G 8コアデスクトップAPUに7nm Zen 2コアとVega iGPUを搭載し、2.1GHzのクロックスピードを実現しました。

最近リリースされたRyzen 4000「Renoir」モバイルCPUラインアップと同じダイを採用したAMD Ryzen 4000「Renoir」AM4ファミリーは、デスクトップ・プラットフォームをターゲットにしていますが、Zen+をベースにした先代の製品よりも大幅にアップグレードされています。

このアップグレードは、7nm Zen 2コアと強化された7nm Vega GPUコアを含む完全な7nmアーキテクチャ設計の形で提供される。

リークされた画像を見ると、フラグシップパーツは確かにAMD Ryzen 7 4700Gと呼ばれることがわかります。

このパーツには「100-000000146」というOPNコードがあり、数日前に報告したフラッグシップSKUのエントリーと一致している。

Igor's LabのOPN表に記載されているスペックから、デスクトップAPUとしては文字通り非常識なこのチップのスペックを結論付けることができます。

 

AMD Ryzen 7 4700G 8 Core Renoir 8 APUのスペック

AMD Ryzen 7 4700Gは、8コアと16スレッドを搭載しています。

これはRyzen 5 3400Gと比較してコア数とスレッド数が2倍に増えていることになる。

クロック速度は、ベースが3.6GHz、ブーストが4.45GHzと報告されている。チップは8MBのL3キャッシュと65WのTDPを備えています。

CPUコアと並んで、チップには8つのVega GPUコアが搭載され、合計512ストリームプロセッサとなる。

 

Ryzen 7 4700Gの印象的な部分は、強化されたVega統合GPUの高速なクロックです。

Ryzen 7 4700Gの場合、最大2100MHzまたは2.1GHzのクロックスピードを見ていますが、これはVega 8グラフィックスチップが1750MHzでクロックされているRyzen 9 4900Hよりも20%高速です。

AMD Ryzen 4000シリーズ デスクトップAPU

APUモデル名AMD Ryzen
3 2200G
AMD Ryzen
3 3200G
AMD Ryzen
5 2400G
AMD Ryzen
5 3400G
AMD Ryzen
7 4700G
製造プロセス
アーキテクチャー
14nm Zen12nm Zen+14nm Zen12nm Zen+7nm Zen 2
コア数/
スレッド数
4 / 44 / 44 / 84 / 88月16日
ベースクロック3.5 GHz3.6 GHz3.6 GHz3,7 GHz3.6 GHz
ブーストクロック3.7 GHz4.0 GHz3.9 GHz4.2 GHz4.45 GHz
L3キャッシュ4 MB4 MB4 MB4 MB8 MB
サポートメモリDDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-2933DDR4-3200
GPUVega 8Vega 8Vega 11Vega 117nm Vega 8
SP数512 SPs512 SPs704 SPs704 SPs512 SPs
GPUクロック1100 MHz1250 MHz1250 MHz1400 MHz2100 MHz
TDP65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)65W (cTDP 45W)
ソケットAM4AM4AM4AM4AM4
価格$99 US$99$169 US$149不明

その他のパーツについては、AMDはTDPが35Wや65Wを搭載した様々なSKUを用意する。

Ryzen 7 4700Gのように4コア、6コア、最大8コアのRyzen 4000 APUがある。

すべてのRyzen 4000「ルノアール」APUは、ネイティブでDDR4-3200MHzの速度をサポートするが、強化されたVega iGPUを真に活用するには、より高い周波数のDRAMを使用し、できるだけ多くのバンド幅をGPUに供給しなければならないだろう。

また、コア数やスレッド数の増加に伴う追加価格も考慮しなければならない。

現在、AMDの8コア搭載CPU「Ryzen 3000」は、「Ryzen 7 3700X」で279ドル(US)からとなっている。AMDの第4世代APUは、現在の4コア部分の価格戦略を維持しつつ、8コアのソリューションを搭載したエンスージアストカテゴリのAPUをプッシュする可能性が高い。

これは、通常のデスクトップ製品に比べてクロック速度が低いことの説明にもなるかもしれないが、それでも8コア製品は200~250ドル前後、4コア製品は150~200ドル前後と予想されている。

我々の情報筋によると、Ryzen 4000 APUは今年7月頃に発売されると予想されている。

このプロセッサは、B550やA520などの低価格プラットフォームと完全に互換性があります。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 4700G ‘Renoir Desktop’ Processors CPUZ With DDR4-5600 RAM Smiles For The Camera

 

解説:

B550はRenoirでDDR4-5600OCメモリまで対応する

Renoirでそんな高価なメモリを使う人がいるのかどうか疑問ですが、DDR4-5600メモリとRyzen 7 4700Gと組み合わせたCPU-ZのリークSSが発見されたようです。

過去の例を見ると、APUとメモリの組み合わせにはスイートスポットがあったので、DDR4-5600と組み合わせが常に最高性能になるかはわかりませんが、スペック上の数字を見るとやはりエキサイティングだと思います。

Renoirはデスクトップ向けのRyzenと違ってモノリシックなダイを採用しています。

このダイはGPUも一緒に載っていますが、クロックはついに2.1GHzにも達しています。

Picassoが1.4GHzだったことを考えると1.5倍もの速度に達しており、このため、SP数が704から512迄減らされています。

SP数を減らしても十分な性能が得られると言うことなのでしょう。

IntelのCPUでGPU部分が死んだダイが大量に発生し、F付モデルが出ていることと比較すると対照的な結果と言えます。

残念ながら、iGPUはVegaのままですが、Picassoと比較すると改良されているといわれています。

iGPUに手が入るのはDDR5になってからと言うことなのでしょう。

それでもZen2コアを搭載したAPUの性能は圧倒的になることが予想されます。

APUは今までローエンドモデルしかありませんでしたが、今回はミドルレンジ帯にもかかる8コア16スレッド版も用意されています。

APUはローコスト志向のモデルであり、価格もそれほど高価にならないことが予想されます。

Ryzen7 4700Gは250ドル程度と言う予想が出ていますので、これが本当なら高くても30,000円は超えないと言うことになります。

GPU付きでこの価格は圧倒的に安価であり、Intel CPUへのトドメの一撃と言ってもよいくらいの威力を秘めていると思います。

これでIntelの大半のデスクトップCPUの仕様はAPUのRyzenと同等以下ということになります。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥29,600 (2020/07/10 18:54:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/07/10 18:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥23,480 (2020/07/10 18:54:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,205 (2020/07/10 18:54:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.