その他

中国ネットユーザー、ファーウェイ製チップのブレークスルーを受けて米国制裁を嘲る

投稿日:

ファーウェイの復活に拍車をかけたのは米国の制裁か?

中国のソーシャルメディアユーザーは、米国政府とチップ製造装置に対する技術制裁の(中略)効果をからかって楽しんでいる。

ジーナ・ライモンド米商務長官が特にターゲットにされているのは、彼女の訪中がファーウェイのMate 60 Proの発表と重なったからだ。

ライモンドはファーウェイのブランド・アンバサダーとしてミーム化されていると、Huawei Centralはファーウェイが経験した波乱万丈の数年間を概説したこの記事の中で指摘している。

このミームの面白さは、ファーウェイが制裁をものともしないKirin 9000S SoCの開発に成功したこと、新しいHuawei Mate 60 Proを支えるパワー、そして関連するさまざまな技術的ブレークスルーに由来している。

重要なのは、米国が広範囲に及ぶ制裁を課さなければ、この先進的な新技術の多くが中国で開発・生産されることはなかったかもしれないということだ。

ファーウェイは、数年にわたる米国の制裁による苦痛から見事に立ち直った。

この大手通信・デバイス企業は、2018年に始まった米国の制裁と中国の貿易制限によって商業活動に支障をきたした最初の、そして最も米国技術に依存した企業の1つとして、つらい時期を過ごした。

それまでは、ファーウェイは自信を持って欧米の消費者・商業市場に深く進出していた。

2019年にブラックリストに載った後、同社にとって事態はより難しくなった。

例えばスマートフォン事業では、クアルコムのSoCやモデムのような米国のハードウェアを使うことができず、グーグルのアンドロイドも使えない。

事実上、同社のスマートフォン市場シェアは中国国外で急速に低下した。

しかし、すでにご存知のように、この話にはひねりがある。血なまぐさい戦いの後に畑が肥沃になるように、あるいは不死鳥が灰の中から蘇るように--ファーウェイは数年前には誰も予想しなかったようなカムバックを果たした。

週末に報道されたように、ファーウェイはKirin 9000Sという画期的なSoCを発表した。この3Dスタックド・アドバンスト・パッケージ・チップと称されるチップは、国産のCPUとGPUコアを満載していると主張されている(ただし、CPUはArmv8a ISAを使用していると思われる)。

さらに、米国が認可した中国のチップメーカーSMICは、半導体製造の開発と改良をこれまで以上に迫られている。

SMICの製造ラインは、ツインスキャンNXT:2000i深紫外(DUV)リソグラフィスキャナーという新しい技術にもとづいている。

我々は、Kirin 9000SがSMICの第2世代7nm製造プロセスでこれらのマシンを使用して製造されると聞いている。

しかし、このプロセスは歩留まりが悪く、現時点ではコストが高いと考えられている。

 

中国で、このブロガーがファーウェイの #スマートフォン #Mate 60 Pro を分解したところ、すべての部品が100%中国製だった(#Kirin9000S チップからカメラまで)!これは、ファーウェイに対する米国の技術封鎖が失敗した証拠だ!

要約すると、政府は潜在的な予期せぬ結果についてもっと慎重に考えなければならない。

制裁はライバルに対する優位性を維持するために必要かもしれないが、その適用のニュアンスは、ファーウェイやSMICのようなブラックリストに載った企業の新たな活力から学ばなければならない。

ソース:Tom's Hardware - Chinese Netizens Mock U.S. Sanctions Following Huawei Chip Breakthrough

 

 

 

 

解説:

米中貿易戦争の最終的な勝者は誰か?

ここ最近、SMICがTSMCの7nm/5nm相当のプロセスを開発し、ファーウェイの新しいスマホのSoCの開発に貢献したという話が取り上げていましたが、公式には認めていませんでした。

しかし、中国のユーザーがファーウェイのスマホを分解したところ、どうもこの話は真実のようです。

歩留まりが非常に悪いと言われていますが、中国は歩留まりが悪かろうが採算が取れなかろうが、軍事に必要な分野には惜しみなく補助金を入れて無理にでも製造し、改良を続けて軌道に乗せるという強引なパターンを取ることが可能ですので、多少時間がかかったとしてもそのうち改善されると思います。

中国が経済的に強くなるのは戦争への道をまっしぐらに進んでいるような気がして非常に嫌な気分にさせられます。

曲刀アジアの平穏の為にも非常に鬱な気分になるニュースです。

 

たったこれだけのニュースですから、

  • 歩留まり
  • 採算性
  • 性能

これがどのようになっているのかちょっと気になるところです。

TSMC7nm/5nm相当と書いてありますが、7nmと5nmでは性能がかなり違いますから、どちらに相当するのかでもかなり話は違ってきます。

また、5nm相当のプロセスがすぐに開発可能なのかと言う点についても気になるところです。

さて、SoCの次はOSがどうなるのかが気になるところです。

この話が本当ならば、アメリカ系のメーカーと中国系のメーカーで真っ二つに分かれるということになるかもしれません。

もちろんですが、最近流行のAI/MLのチップも併せてです。

恐らく、nVIDIA相当のAI/MLのチップのメーカーも出てくるでしょう。

nVIDIAのCEOの中国に売りたい発言はこれを見越していたのかもしれませんね。

ただ、日本人的には絶対に中国の味方は出来ないところです。

理由は武力を持って台湾を侵攻する「一つの中国」を掲げているからです。

何れと言うか既にそうなっているのかもしれませんが、軍事用の半導体も生産してくると思います。

恐らく技術自体もどこからか盗んできたものなのでしょうが中国の底力には脅かされるばかりですね。

 

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.