GPU情報 その他

JPR:2020年第4四半期にGPU出荷台数が再び急増

投稿日:

PC GPU市場の出荷台数は前四半期比で前四半期比20.5%増、前年比29.1%増となった。

アナリスト会社Jon Peddie Researchの新しい調査レポートによると、全世界のPCベースのグラフィックプロセッサユニット(GPU)出荷台数の伸びは、2020年第4四半期に20.5%、前年比12.4%に達したという。

全体として、GPUのインストールベースは、2020年から2025年の間、年率3.7%の複合成長率で成長し、予測期間終了時には4億1900万台に達すると予測されています。

今後5年間で、PCにおけるディスクリートGPU(dGPU)の普及率は21%の水準に達すると予想されています。

Jon Peddie Research(JPR)は、PCグラフィックス市場に関する継続的な調査の一環として、2020年第4四半期のマーケットウォッチレポートを発表した。

2020年以前、PC市場は改善の兆しを見せ、新たな正常な状態に落ち着いていた。

パンデミックは、Ethereumのゴールドラッシュと同様に、すべてのモデルと予測を歪めてしまった。

JPRのMarket Watchレポートは、2020年の第4四半期に向けてその傾向を確認しているが、来年のガイダンスには慎重な姿勢を示している。

前四半期からのAMDの全体の市場シェア率は-2.2%減、Intelのシェア率は6.6%増、Nvidiaのシェア率は-4.37%減となっており、以下のチャートのようになっています。

四半期毎の出荷台数・シェア率と前年同期比

 

GPU全体の出荷台数は前四半期比20.5%増、AMDの出荷台数は6.4%増、Intelの出荷台数は33.2%増、Nvidiaの出荷台数は7.3%減となっている。

クイックハイライト

  • AMDの全体の出荷台数は前四半期比6.4%増、Intelの全体の出荷台数は前四半期比33.2%増、Nvidiaの出荷台数は同7.3%減となった。
  • 当四半期のPCに対するGPU全体のアタッチ率(統合GPUとディスクリートGPU、デスクトップ、ノートPC、ワークステーションを含む)は
    113%で、前四半期比9.2%減。
  • PC市場全体では、前四半期比30.25%増、前年同期比35.76%増となった。
  • デスクトップグラフィックス・アドインボード(ディスクリートGPUを使用するAIB)は、前四半期比3.90%減となった。
  • 第4'20四半期はタブレットの出荷台数が前四半期から増加した。

第4四半期は通常、前四半期に比べて横ばいから上向きになる。今期は上昇した。

サプライヤーがPCを出荷する前にGPUがすべてのシステムに組み込まれるため、GPUは伝統的に市場をリードする指標となっている。

PC dGPU出荷台数シェア

 

COVID-19パンデミックによる在宅勤務義務化により、ノートPCの出荷台数は初めて2億3,000万台を突破しました。

また、前年比では49%と過去最高の伸びを記録しました。そしてそれは、貿易戦争、パンデミックによるサプライチェーンの混乱、パンデミックのシャットダウン、材料不足によって達成された。2021年の予測では、6%程度と小幅だが、それでも平均よりは高い。

Chromebookは2020年の成長に大きく貢献しましたが、米国のCOVID救済パッケージが成立し、新たな資金が追加されない限り、学校予算の制約により、2021年にはその成長は先細りすると予想しています。

PC市場全体では、前四半期比30.25%増、前年比35.76%増となった。

JPRのJon Peddie社長は、「過去2四半期のAIIBの好調な販売に影響を与えた要因は、明らかにゲーミングの成長率が高まっていることと、COVIDの影響でホームオフィスの装備が必要になっていることだ」と指摘しています。

暗号通貨マイニングによるAIIBの需要が再燃するのではないかとの憶測もある。

何でもありですが、AIIBの消費電力はクリプトマイニングのペイオフを大きく低下させます。

GPUに最適なコインであるEthereumは、まもなくバージョン2.0にフォークされ、GPUが陳腐化します。

今日、暗号マイニングのために、電力を消費するハイエンドのAIIBに投資する人は、非常に愚かなことでしょう。"

ほとんどの半導体ベンダーは、次の四半期に向けて平均1.25%アップのガイダンスを行っている。

そのガイダンスの一部は通常の季節性に基づくものだが、コロナウイルスの影響要因もある。

JPRでは、グラフィックス・アドインボード市場とPCゲーミングハードウェア市場に関する一連のレポートも発行しており、システムやアクセサリを含めた市場全体をカバーし、31カ国を見ている。

ソース:Videocardz.com - JPR: GPU shipments soar once more in Q4 2020

 

 

解説:

JPRのGPUマーケットシェア報告書が出る。

それによると、単体GPUのシェアはAMD18%とついに20%台を割り込みました。

単体GPU史上は年3.97%で成長しているとのことですが、出荷数ベースでの数字が出ていませんので、AMDの出荷数がどうなっているのかは不明です。

GPU全体の数字はIntelが圧倒的ですが、こちらは内蔵GPU込みのシェアになります。

Intel GPUは使われてなくても数には入っていますので、勘違いされないようにお願いします。

IntelのCPUに外付けのGPUを付けると内蔵GPUは使いませんが、それでも1とカウントしているということになります。

全体で見ても、単体GPUで見てもAMDが苦戦しているのが目立ちます。

ただし、2020Q4分はマイニングの異常な需要があり、AMD、nvidiaともに計画通りに生産しても需要を満たすことはできなかったのではないかと思います。

BigNaviは良い製品だと思いますが、TSMCの生産の都合上、市場の要求を満たすほどの(シェアを奪回するほどの)数は出せなかったということなのでしょう。

 

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.