ゲームについて その他

噂:ソニー「プレイステーション5」改良版らしきものの写真が公開される

投稿日:

新型「プレイステーション5」の写真が公開

しかし、それほどスリムではないかもしれない。

中国のA9VGフォーラムのメンバーによって投稿された、最近インターネット上に出回った写真。この画像は、ソニーPS5コンソールの最新デザインを紹介するもので、一部の関係者は「SLIM」バージョンと呼んでいる。

この画像は、他の情報源から提供された説明と一致しており、おそらくこの評判の高いゲームコンソールの近日発売予定のバージョンであろう。

デザインは主に現行PS5シリーズのビジュアル・アイデンティティを維持しているが、中央に配置された背面スリットという形で顕著な変更がある。

他の関係者によると、デザインは約5cm短くなるとのことだが、必ずしも薄くなるわけではない。

さらに、このバージョンでは前面にデュアルUSB Type-Cポートが搭載され、ブルーレイドライブの筐体もオリジナルのゲーム機と比べて湾曲が少なくなるとの情報もある。

ソニーはまだ新型ゲーム機を発売する意向を明らかにしていない。

とはいえ、リムーバブル・ディスクドライブを搭載したPS5が発売される可能性など、

噂は絶えることなく流れている。

もしこの噂が本当なら、ゲーマーはより手頃な価格のデジタル専用版を購入し、後からドライブを別途入手するという選択肢を提供することになる。

しかし、これらの噂が言及されたデバイスに関連するものなのか、それともすでに一部の人の手に渡ったとされるテストキットの機能に関連するものなのかは、まだ不明である。

ソース:Videocardz.cm - Alleged picture of upcoming Sony PlayStation 5 console revision surfaces

 

 

 

 

解説:

新型PS5らしきものの写真がリーク

上半分しかありません。

新型のキモはサイズと恐らくは光学ドライブをマウント出来ると思われる下半分なのですが、肝心な部分が隠れたままと言うのはもどかしいですね。

白いカバーの中央辺りにスリットが入っているのがわかりますね。

このカバーの左右いずれかを外して、中の黒い本体部分にスリムBDドライブを取り付ける形になるのかなあと妄想してみたり。

この中央に入ったスリットがデザイン的だけでなく、機能的に生かせるとしたらそれしかないのかなと思います。

後は本体のサイズがどのくらい小さくなっているのかも気になるところです。

ぱっとみ、あまり今のPS5とサイズ的には変わらないように見えますが、これがスリムと言うならば、かなり全長も小さくなっているのでは?と思います。

現在の最新型はSoCの製造にTSMC6nmが使われていると言われていますが、TSMC5nmか4nmになるんですかねえ。

6nmは廉価なだけで基本的にあまり7nmと変わらないので、5nmか4nmになっているとしたらかなりSoCのサイズが小さくなって発熱も抑えられているはずです。

そうだとたらあのバカでかい本体のサイズもかなり縮められるのではないでしょうか。

何れにしても、今PS5を検討されている方は新型を待ってからの方が良いと思います。

私は1年と半年に渡って抽選に落選し続けた後に値上げと言う、フルコンボを食らいましたのでもう購入する気は無いですが、安価にAAAタイトルをプレイする環境としては優れていると思います。

ただし、ゲーミングPC+Xboxゲームパス(PC用)を購入してサブスクでAAAタイトルをプレイするという選択肢もあるわけで、PS3までのプレイステーションでなければプレイできないタイトルと言うのはもはやなくなりつつあります。

このサイトはゲーミングPCのサイトなので、私はゲーミングPCでプレイすることをお勧めしておきます。

 

 

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥70,810 (2024/05/20 11:06:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥49,478 (2024/05/20 02:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

-ゲームについて, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.